0.4%の手数料+ヤフー為替レート(中間相場)で海外送金成功!- InstaReM

 実はこれはInstaReMというシンガポールの会社のサイト経由でマレーシアから自分のシンガポールの口座に送金できたという話になります。(おそらくInstaReMに触れる日本語ブログはこの時点で私だけ^^)

 これまでは、シンガポールにお金を送金する方法としては、マレーシアの銀行から送金できますが、為替レートが悪くさらにS$20の手数料など取られ非常に換金率が悪く、両替所に行ってシンガポールドルの現金を手に直接シンガポールまで行って入金したり、Paypalで送金する方法もあるのですが、試したことはありませんでした。

InstaReMでの送金の流れとしては、

1、口座をオンラインで申し込み、パスポートとビザのコピーのスキャンデータもアップロードする。
2、InstaReMの人が自宅に来てパスポートの確認、簡単なフォームの記入をする。
3、営業時間で24時間以内でアカウント作成

という流れになります。アカウント作成した後に送金する流れですが、

1、送金する、したい通貨、金額を入力する。
2、送金したいシンガポールの銀行口座番号を入力する。
3、送金作業を実行後、InstaReMのマレーシアの銀行口座にトラック番号も入力しお金を振り込む
4、数日後シンガポールの口座にお金が届く

という流れになります。ただ、このInstaReMという会社にお金を振り込んで安全なのかについては、Wikipediaにも情報があり、Google Playにもたくさんのレビューがあるので、それを参考に信用できるかできないのか判断すればいいと思います。また、マレーシアからの場合は、RM200以上RM50,000までの金額から送金でき、最低手数料がないので、まずは仮になくなっても構わない程度のお金を送金してテストしてみるのもいいと思います。

 多くの方は複数の国に銀行口座を持っているかと思うのですが、InstaReMの場合、送金元をマレーシアにしてアカウントを作成すると、そのアカウントからはマレーシアからしか送金できない仕様になってしまいます。電話で相談したところ、別の国から送金したい場合は、別のメールアドレスも用意してその国でアカウントを作る必要があるようです。更に、InstaReMは現状日本へ、または日本から送金はできません。現状確認できているサイトでは、Transferwise, Docomo Money Transferなどがあるのですが、Transferwiseは手数料0.8%程度、Docomoはかなり悪い為替レートに1000円の手数料も取ります。東京三菱銀行だと更に悪い条件のレート+手数料になりいろんな面で日本は遅れていると実感いたします。

 最後に現状マレーシアからシンガポールにお金を送金する方法で有利な順番はといいますと、Mid ValleyのMoney Masterは2018年10月16日現在では休業中ですが、MaxMoneyのレートを見ると売りが、3.01, 買いが3.005なので、中間相場は3.0075となり片道の手数料はRM0.0025ということになります。これを率に表すと

1、MaxMoney 0.08305%
2、InstaReM 0.40000%

になり、圧倒的にMid ValleyのMaxMoneyで両替した方が得になります。ただし、RM100,000両替したとしてもRM316.95ぐらいの差しか出ず、クアラルンプールもしくは、それより北に住んでいる方であればガソリン代、高速道路代、日帰りも可能だとは思いますが、宿泊した場合ホテル代などを考えるとInstaReMを使ったほうが得だと考えられます。ジョホールに住んでいたとしても大金を持ち歩くのは危ない気もいたします。ちなみにこれまで何度かシンガポールドルを両替所で両替しましたが、偽札を掴んだことはありません。そもそもRM100,000は270万円程度で車も買えるほどのお金ですので、そんな頻繁に両替することもないですし、50万円ぐらいの株を買いたいとかそういう時にInstaReMを使いたいと思っております。

現在シンガポールの預金残高の都合できりのいい数字にするために中途半端な金額を送金
RM203.05の送金で手数料はRM0.81

本当にヤフーの中間レートを基準にしています。

しっかり送金した金額が振り込まれておりました。
ただし計算間違いで残高が中途半端になってしまいました。


minaki について

Nice to meet you.
カテゴリー: 海外, 経済・株式, シンガポール, 口座開設・定期預金 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*