海外在住者、日本短期旅行者がお得に携帯電話を使う方法

 毎回、日本に帰るときに問題になるのが、日本で携帯電話どうしようかです。今回の場合は、仕事の関係で日本で電話の着信、発信をしないといけない状況で、現在マレーシアで契約しているUmobileでは、電話をマレーシアから受信すると1分辺りRM5(RM1=27.5円ぐらい(2018年10月現在))、日本へ電話すると同じくRM5、また1日辺りのインターネット使用料はRM36で今回ほぼ2週間日本に帰る計画があり、インターネット使用料だけで、RM504とRM600ぐらいの請求が見込まれる状況です。

 日本で売られている短期旅行者向けのSIMカードもあまりお勧めのものがなくあえていうなら0SIMなんですが、普段は日本の両親のiPadに挿して帰国したときだけ使い、500MB以下の場合は無料なのですが前回使ったときは「接続しませんでした」というエラーが出るほど遅く、無いに等しい状況で他にはソフトバンクプリペイドSIMJapan Welcome SIMUmobile SIM辺りでしょうか?それでも1日200MBまでとか通話料30秒20円とかセコイプランばっかりだったりします。

いろいろ調べた結果今回はこうします。

音声通話
Smartalk (IP-Phone SMART)
050の番号を持つことができアプリを設定するとスマホの画面がオフでも着信します。着信は無料、発信は固定、携帯電話共に30秒8円です。音質もそんなに悪くはなく相手に電話番号表示されるところも今回これに決めた理由です。

データ通信
これは日本で契約するより海外のSIMカードをローミングして使ったほうが得という結論になりました。

マレーシア Digi Roaming Pass(プリペイドも可能)
1回で72時間までしか使えないのですがRM25で2GBの通信+30分の音声通話ができます。日本のプリペイドSIMなら通話料30秒20円が相場みたいなので30分の通話=1200円なのでRM25は700円程度なので間違いなくローミングの方が得

シンガポール Starhub Happy Roam (プリペイドも可能)
無料通話はないものの、30日で2.4GBでS$15, 3.6GBでS$20と期間が長いのが特徴です。S$20でも1700円程度なので日本で契約するものより得だと思われます。

タイ AIS SIM2FLY (プリペイドも可能)
8日間4GBで299Bahtまたは、15日間4GBで899Bahtで15日間のプランでは72ヶ国で使えるのが特徴です。899Bahtでおよそ3000円ぐらいですが、マレーシアのDigiはたった3日なので検討する価値ありです。

実際日本でどれぐらいのスピードが出るか分かりませんが、もし早ければクレジットカードで料金払えるようですし日本で使い続けたほうが得なのもあるかもしれません。Japan Welcome SIMの頻繁にデータ通信を利用するヘビーユーザー向けプランのLプランがたった1GBで2376円なのですが、それよりも各国のローミングの方が明らかに良いです。

もしかしてこのDigiのプランが一番いいかもね。
3日のプランを3回使ったとすればRM75(約2100円)で
6GB + 90分の通話が可能です。今回パソコンにデザリングもするので容量重要です。


minaki について

Nice to meet you.
カテゴリー: 携帯端末 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*