シガライターからコンセント付モバイルバッテリー Suaoki D100を20V/1.5Aで充電成功

 そろそろ急速充電投資も終わりに近づいてきたと思うぐらい大きな進展です。前回購入したSuaoki D100はQuick Charge 3.0ではなくPower Deliveryという技術で20V/1.45Aで電力を入力できるのですが、今回シガライターの充電器で、20V/2.25Aで充電できる充電器を購入し、使ってみたところ、19.9V/1.5Aで充電しました。おそらくテスターが20Vと表示できないと思われるので20Vとさせていただきます。

 ちなみに普通のパソコンのUSBからの充電であれば、5V/1Aで5Wの充電に対し、20V/1.5Aは、30Wとなり、充電速度は6倍になりました。しかも今使っている携帯電話も同時に9V/1.6Aぐらいで充電でき、一日会社と自宅の往復で30分ぐらいの運転なのですが、それで一日の携帯電話の電力を十分まかなえるほどの急速充電を実現しております。

 このシガライターの充電器は特にブランド名などは書かれていないのに最新の技術に対応しているのはいいのですが、Suaoki D100と携帯電話を同時に充電するとプラスチックが溶けるのではないかと思うほど熱くなり、それほど寿命は長くはないかもしれません。この急速充電に対して熱を持ってしまった段階でそろそろこれ以上は期待できないと思ってしまいます。

 また、Power Deliveryの端子からもQuick Charge 3.0で充電することも可能です。一時期は携帯電話の将来は充電時間不要の燃料電池になるかと思っておりましたが、短時間で充電できるならこのままリチウムイオン電池というのもありなきがします。

Suaoki D100を20V/1.5Aで充電した証拠YouTube動画

Power Deliveryの実力!


minaki について

Nice to meet you.
カテゴリー: 携帯端末, ショッピング, AliExpress パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*