航空券買ってから20日後に30%ほど値下がりました。- マレーシア航空

  航空券は、先に買う方が安いのが常識だと思われている方多いと思われますが、そうではないこともあり今回は特にひどかったのでブログに書かせてもらいます。

 11月2日に12月7日出発、12月17日に戻るマレーシア航空のクアラルンプールからソウル行きの航空券を2枚RM1880.38で購入したのですが、20日後の11月22日に値段を再確認してみるとRM1290.38に値下がっておりました。その差額はRM590, 二人だとRM1180になります。率にすれば31.37%で今年の一番の大きな買い物が大きく価値が下がってしまいました。RM1が(2017年11月24日現在)27円程度ですので31,860円の損失となります。

 正確には、購入した航空券の帰りの日程が、日付の変わった17日日曜日の0:10で安い方は14:55発で夜の22時にマレーシアに到着するというものですが、当然11月2日にその航空券があれば後者を選んでおりましたという状況です。

 ひとつ名案が出てきたのですが、購入したチケットをキャンセルして航空券を買いなおそうと思ったのですが、オペレータとの交渉は不成立でフィニッシュいたしました。11月2日に航空券を購入するときも値段が下がらないかと数日粘っていたのですが、残り1ヶ月切るともっと高くなると判断して購入してしまったのですが、その判断が間違え立ったようです。

クリックしたら拡大します。

 


minaki について

Nice to meet you.

カテゴリー: ショッピング パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*