長時間高速運転していると車のエアコンが効かなくなる問題解決

 相変わらずPeroduaのVIVAに乗っているのですが、最近難しい現象に悩まされており、120km/ph以上のスピードで長時間走行すると、エアコンが効かなくなり暖房になってしまいます。ただし、時速100kmに落とすと冷房復活し特に昼間の運転では120km/ph以上のスピードで運転できなくなっておりました。

 この現象を先にKlangのAutobacsに相談しても解決せず。PERODUAサービスセンターでも、低速で走っているうちはその現象が起こらず不具合を見せることもできないので修理するのは難しいと思っていたのですが、なんと解決いたしました。

 PERODUA VIVAはこれまで日本で乗っていたトヨタ車ではありえなかった場所ばかり壊れるのですが、結論はラジエターだったようです。

エンジンルームの前方についているこのパーツがラジエター
2016-08-01 17.22.55

 車の修理でよくありがちなことだとは思うのですが、巨額の修理代を払っても直らないこともよくあり、AutobacsでもRM1,000 + 会社の早退というダメージを受けたところだったのですが、このPERODUA Workshop Petaling Jayaではこれまでも難問修理をやってくれ、このラジエター問題も具体的に5個のホースのうち2つが破損していると言ってきたこともあり、直るかどうか分からない話に修理代RM650を払う決断ができました。

 また、これも修理でよくある話なのですが、別の小さな問題も作ってくれました。エアコンは効いているけど、エアコンランプが付かなくなった、フード(ボンネット)を開けたままでも鍵が掛かってしまう問題が新たに発生し、これをすぐ直せといっても今回の修理で発生した問題なのかどうか不明など言い逃れされてしまいました。

 後でよく見ると、ほとんどのヒューズが欠品しており部分的に不具合が出ているのだと考えられます。このPerodua Workshopの最大の短所は部品は事前に払って取り寄せてからの作業になり、平日でないと修理をしてくれません。土曜日はオイル交換のみです。

半分ほど欠品のヒューズボックス(ヒューズぐらい在庫持てよ!)
2016-08-01 17.57.30

 オートバックスは土曜日でも修理してくれて部品も取り寄せてはくれるのですが純正部品ではないので変なベルトの音がするようになったり、交換したばかりの部品が破損してもまた買わされたり、なによりPerodua Workshopほど的確にトラブルシューティングができていないという短所があります。

 最近は月曜日休めるようになったので、Perodua Workshopに行けるようにはなりましたが、この問題で先週は検査だけで4時間待ち、今日は6時間待ちとかなりまたされますが、Peroduaの車専用に修理している整備士が情報を共有できているPerodua Workshopの方がどちらかというとお勧めです。

 最後に、本当に修理して直ったのか確認するためにKLIAの近くの三井アウトレットパーク セパンまで音速の貴公子モードで行ってきましたがエアコンは全く問題なく直ったと判断して良いと思われます。

 三井アウトレットってやっぱりですが、飛行機のトランジットの待機時間に行く人ってまずいないですね。コンセプト間違えた気もするんですがいつの間にかテナントは全部埋まっております。今後のご活躍に期待。
2016-08-01 21.41.41
 


minaki について

Nice to meet you.
カテゴリー: 海外, 自動車, マレーシア パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*