マレーシアで福島米が売られておりました。2kg でRM41.50

 マレーシアでは通常日本直輸入のコシヒカリは2kgでRM80程度で売られているのですが、福島米でRM41.50でColdStrageで販売されておりました。収穫されたのは2014年のようで仮に1月だとすれば原発事故から2年9ヵ月後です。福島と言っても広く最大原発から120kmほど離れている可能性はあるけど、原発からどれぐらい離れた場所なのかは記載されておりませんでした。値段も高くとてもRM40の価値はないです。

 言ってみればチェルノブイリ原発から120km離れた場所で原発事故の3年後に生産されたお米が売られているのです。おそらく日本で全く売れなかったので安く買い叩いてこちらで売られていると思われます。よく見ればアルファベットでFukushima Koshihikariとは書いていますが、重要なことは日本語で書かれておりこのお米をよく理解しないで購入される方もいるかと思います。

 日本のブランドを守るためにはこのお米を海外に出すべきではなかったのではないかと思われます。「100%日本米を使用しています。」という宣伝価値はなくなったわけです。

 まさに、ただちに身体に影響のでるお米ではないのですが、せっかく農作するのであればあまり放射能が検出されなかった場所で同じ努力をするべきだったと思います。NHKで福島の漁業を復活させるとか、Made in FukushimaをPRする動きがありますが、福島の汚染を正直に認めて直ちに市場に流すのをやめてほしいと思います。

2016-05-29 18.16.08

スクリーンショット 2016-05-30 23.35.48


minaki について

Nice to meet you.
カテゴリー: ショッピング パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*