Redmi Note 3を購入しました。 レビュー

 マレーシアではまだ発売されていないRedmi Note 3 RAM 3GB, 32GB Strageを購入しました。これまで持っていたXperia M4 Awua Dualは最短で放置状態となりました。

 購入はLelongというサイトから売っている店を見つけ直接行けば買えました。Lazada,Value Basketでも売られております。住んでいるところがDamansara Perdanaなのですが売っていた場所はUptownでしたので車で10分の距離でした。値段もオンラインの価格通りで偽物などではなさそうです。

主なスペックはこんな感じです。

Network 2G Band : GSM 900 / 1800 / 1900 – SIM 1 & SIM 2
3G Band : HSDPA 850 / 900 / 1900 / 2100

4G Band : LTE band 1(2100), 3(1800), 7(2600), 38(2600), 39(1900), 40(2300), 41(2500)

Released Date November 2015
Colour Silver, Gray, Gold
Body Dimentions : 150 x 76 x 8.7 mm (5.91 x 2.99 x 0.34 in)
weight : 164 g (5.78 oz)
Display Type : IPS LCD capacitive touchscreen, 16M colors
Size : 5.5 inches (~72.4% screen-to-body ratio)

Resolution : 1080 x 1920 pixels (~403 ppi pixel density)
Platform OS : Android OS, v5.0.2 (Lollipop)
Chipset : Mediatek MT6795 Helio X10

CPU : Octa-core 2.0 GHz Cortex-A53
GPU : PowerVR G6200
Memory SD card slot : No
RAM : 2GB / 3GB
Internal Storage : 16GB / 32GB
Primary
Camera
13 MP, f/2.2, phase detection autofocus, dual-LED (dual tone) flash,
Geo-tagging, touch focus, face/smile detection, HDR, panorama
Video 1080p@30fps,
Secondary
Camera
5 MP, f/2.0, 1080p
Sound Vibration; MP3, WAV ringtones
WLAN Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac, dual-band, WiFi Direct, hotspot
Bluetooth v4.1, A2DP, LE
GPS Yes, with A-GPS, GLONASS, BDS
Infrared port Yea
Radio Stereo FM radio; recording
USB microUSB v2.0, USB On-The-Go
Sensor Fingerprint, accelerometer, gyro, proximity, compass
Messaging SMS(threaded view), MMS, Email, Push Mail, IM
Java No
Features – Fast battery charging
– Active noise cancellation with dedicated mic
– XviD/MP4/H.265 player
– MP3/WAV/eAAC+/Flac player
– Photo/video editor
– Document viewer
Battery Non-removable Li-Po 4000 mAh battery
Stanby : Up to 264 hours (3G connection)
Talk time :
Music Play : Up to 60 hours
Languages English, Afrikaans, Bahasa Indonesia, Bahasa Melayu, Bosanski, Catala, Cestina, Dansk, Deutsch, Eesti, Espanol, Filipino, French, Hrvatski, Isizulu, Kiswahili, Italiano, Latviesu, Lietuviu, Magyar, Nederlands, Norsk, Polish, Portuguese, Romana, Rumantsch, Slovencina, Slovenscina, Suomi, Svenska, Vietnamese, Turkish, Greek, Bulgarian, Russian, Serbian, Ukrainian, Urdu, Hebrew, Arabic, Persian, Thai, Khmer, Hindi, Bengali, Japanese, Korean, Simplified/Traditional Chinese

 この端末を購入してしまった失敗点は、あるサイトで128GBのMicroSD対応という情報があったのでそれを信じてしまったのですが、実はMicroSDスロットすらありません。世界の地図や写真、動画を保存するには端末内の32GBだけでは足りません。

Xiaomi Redmi Note 3 Storage
Xiaomi Redmi Note 3 comes with internal storage of 16GB(2GB RAM) and 32GB(3GB RAM) with a microSD expansion slot which supports upto 128GB

 また、動画を撮影していると8分ほどで高熱を持ち自動停止してしまいました。マレーシアで昼間、太陽が直接当たる車の中だったからいけなかったのかもしれませんが、同じ条件でXperia M4 Aqua Dualであれば30分ほどの動画撮影もできてました。

Redmi Note 3とXperia M4 Aqua Dualの長所、短所を比較してみたいと思います。

長所
1、処理速度が向上してカメラを起動させるにも2秒ほど
2、RAMが3GBなのでこれまで以上にアプリをインストールできるようになった。(ただし2GBでも不満はなかった。)
3、価格が安い。(中国からの輸入なのでRM899でしたがマレーシアで売られればRM700ぐらいのはず。)
4、Wifi,LTEなどの電波が入らなかったところでも接続するようになった。
5、指紋認証が便利。セキュリティ強化されました。
6、ユーザーが多いと思われネットでの情報が豊富

短所
1、MicroSDカードスロットがない。
2、カメラを長時間使っていると熱で停止する。
3、充電プラグが左下にあり、車に設定しにくくなった。
4、言語に日本語があるのですが設定画面まで日本語にならない。
(韓国語であれば設定画面も韓国語になります。)
5、iPhoneのようにピンを使わないとSIMカードを取り出せない。
6、初期設定がいまいち。
7、画面の明るさが不安定
8、防水ではない。

必修
1、LTE対応
2、Dual SIM対応

共通でダメなところ
バッテリーを取り外せない。

不明な部分
バッテリーの容量が本当に4000mAhあるのか疑わしいです。Xperia M4の場合2400mAhなのですがバッテリーの持ちはあまり変わらない気がします。また充電測定器を使たところ充電の電流は変わらず充電速度は速いです。もしかして2000mAh以下なのかな・・・

XiaomiといえばAppleのパクリで有名ですが、ピンを使わないとSIMカードを取り出せなくしたのは改悪です。SIMカードを入れ替えるときは海外に行ったときなどで、その時にわざわざピンを持っていかなければいけません。また、MicroSDを挿せなくなったのは致命的な失敗です。これこそアンドロイドの特権だったと思いますし、32GBまでのモデルしか用意しておらず、ライトユーザーにはあまり関係ないかもしれませんがヘビーユーザー向けではなくなったと思います。また防水でもないのに電池の取り外しができないって意味が分かりません。(指紋センサーが理由かな?)

 大きくXperia M4と比べて改善したところは処理速度、電波でどちらも重要なところでそれは評価したいと思いますが考えてみれば、Xperia Cから大きくは変わっておらずスマホに投資はなんだかお金の無駄使いに思えます。

xiaomi-redmi-note3-banner


minaki について

Nice to meet you.
カテゴリー: 携帯端末, ショッピング, 未分類, アンドロイド パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*