Macbook Proのトラックパッド(タッチパッド)が壊れる原因が2種類あります。

 MacBook Pro (A1278)を2013年3月に購入してあと3か月で3年が過ぎようというところなのですが、トラックパッドを強く押さないと反応しなくなりました。これにより特にファイルをドラックする難易度がかなり上がりました。

 このMacbookは以前にもハードディスクの交換もしたことがあり、裏のネジを取ると簡単に中身をいじれたりします。いつものようにGoogleで検索すると修理方法がYouTubeで公開されておりその通りにやってみました。ここで問題なのが特殊なドライバーが必要でそれを電気屋で買って作業できたのですが、直りませんでした。

修理方法

 原因不明でマレーシアの特権なのですが修理代が安いので思い切って修理屋に行ってきました。ところが信用している修理屋は実は携帯専用、その隣の店はパソコン専用なので見てもらったのですが、その人はもともとの状態を知らず通常にトラックパッドは動くと言い張り話になりませんでした。

 最後に、Apple専門店があるのでそこに行ってみるとやはり展示されているMacbookのトラックパッドとは明らかにクリックの反応が違いました。そこで担当者に相談したところ、中を開けて確認したところバッテリーが膨れ上がってトラックパッドがバッテリーに押されてクリックするときに強く押さないといけなくなってしまった原因だったことが発覚しました。

 Macbookの蓋を閉じてネジを閉める時も蓋を抑えてネジを閉める必要があるほどでした。問題はそのバッテリーはRM500程度するようで、バッテリーはまだ使えて2時間は駆動する状態ですので今回は見送りました。トラックパッドが使えなくてもBluetoothマウスがあるのでそれでMacbookは使えます。

 ついでにiPad Proを見てきたのですがめちゃめちゃ大きくてびっくりでした。Apple Storeのホームページを見るだけでは案外気づかないこともあるのですが、サイズは今使っているMacbook Proとほぼ同じサイズの12.9インチのようでまさにキーボードのないパソコンのような感じでした。買うとすれば128GBのWi-Fi + Cellularモデルなのですが、価格は128,800円(税別)で消費税を計算すると10,304円でほぼ14万円でした。

 ネット情報ではネジの調整という情報しかありませんでしたが、バッテリーが膨らむことでトラックパッドが調子悪くなることもわかり大きな収穫でした。


minaki について

Nice to meet you.
カテゴリー: コンピュータ, ITソリューション, Mac OS パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*