マレーシアで免許更新。意外と早くできました。

 2013年5月に、日本で無免許運転で捕まりそれを機会にマレーシアで簡単に国際免許証を発行するために免許を取得し、それから2年が過ぎ仮免許の有効期限が切れたので本日免許を更新してきました。

 無免許運転と言っても、マレーシアの免許でシンガポール、タイなどでそのまま国際免許証など発行する必要もなく運転でき、更にはそれまでマレーシアの免許すら持っていなかったのですが、オーストラリアの免許を持っているので取得する必要がありませんでした。もちろんこれは直接免許センターに行って確認しました。シンガポールでも同様の意見が返ってきました。

 なので免許を外国で持っているので無免許運転ではない、ただ国際免許書を発行し忘れただけなのに日本では無免許運転と処理され2013年8月の暑い中、裁判所に行かないといけない結果となってしまいました。

 マレーシアの免許の想定外なところは、日本の免許証に発行年月日が書いていないため日本大使館はそれを把握できず日本の免許を翻訳し、それを免許センターに持って行くと初心者マーク(Pマーク)をつけてないといけない免許証が発行されてしまい、それでは国際免許は発行できないところだったのですが、今日の免許の更新で国際免許証も発行できる免許に更新されました。

 JPJ(Petaling Jaya)という免許センターで更新したのですが、マレーシア人であれば郵便局でも更新可能で、郵便局2か所ぐらいに相談しても外国人は郵便局では更新できないと言われました。

 前回マレーシアの免許証を取得するときは100人以上が待っていた状態で相当待たされたのですが、今日は雨が降っていたからか、KL市内で大規模なデモをやっていたからなのかかなりすいており、20人待ち程度で15分ぐらい待っていたら呼ばれました。

 窓口ではお金を払うだけで5年間の免許でRM177.50を払い、そのレシートと写真(サイズはなんでもいい)を持って免許証を発行してくれる窓口に行ってそれも5分ほど並んだだけでできて順番が回ってきて写真はなんとその窓口でスキャンしただけで返してもらい3分ほどで免許証が完成しました。

 オーストラリアの免許証も実はマレーシアで更新しオーストラリア大使館から本人の写真だと証明する書類を書いてもらいそれを郵送して手数料はクレジットカードで払えシンプルなものでした。

 日本の場合は面倒で、講習を受ける必要があり免許センターに行かなければ更新できずしかも違反履歴があった場合は3年しか有効期限がなかったりします。日本帰った時はなんだか交通違反でよく捕まり1年で10日運転するかどうかというところなのですがなかなかゴールド免許は実現せず、人生で一回も手にしたことはありません。

 考えてみれば、2016年の8月に日本の免許証の有効期限が切れるため来年にもこのマレーシアの免許証が国際免許証を発行するために活躍するかもしれませんが、たかが数日のための運転のためにマレーシアの免許取得、更新、今度は国際免許証の発行のためにJPJにいかなければならず、そこまでするのはとても馬鹿らしいと思うのが本音ではあります。日本の免許証更新するのやめようかな・・・・どうせ海外の免許証でいつでも発行できるわけですからね・・

最後にマレーシアで免許更新に必要なものをまとめておきますと、
1、古い免許証(6ヶ月以上過ぎた場合は無効)
2、写真(どんなサイズでもいい)
3、お金
4、パスポート

だけです。ちなみにMYEGでも免許の更新できるのですが、料金が倍程度します。


minaki について

Nice to meet you.
カテゴリー: 海外, 自動車, マレーシア パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*