ホイアンに来ました。一日で十分!

 ダナンから30kmほど南の町のホイアンに来てみました。今回はダナンに1泊、ホイアンに4泊ホテルを予約してしまったのですが、ダナンに4泊するべきでした。

 ホイアンと言えば、日本で例えると京都、マレーシアで例えるとマラッカというところなので、ユネスコに登録されている世界文化遺産などがあり、にぎやかだけど古い町並みというエリアがあります。特に日本人に注目は1593年に建設されたという来遠橋(日本橋)があり、VND20,000のお札にも印刷されているほどの橋があります。

 1593年と言えば、豊臣秀頼が生まれる、1590年は豊臣秀吉が小田原城を落とすなどそのような時代で朝鮮出兵もしていた時代にベトナムで日本人が橋を建設していたとなんだかあまり想像できないのですが、歴史ではそのようになっております。

 そのエリアに入るためにはUS$6を払う必要があり、まるでマラッカのように古い歴史のありそうな建物がそれぞれお店になっており、ショッピングを楽しめる場所になっておりました。そこではおばさんがいろんな物を持ってきて買ってくれという話ばかりで歩く場所をブロックするほどでかなり迷惑でした。また、全体的にコンビニなどは存在せず、なんでもコンビニの倍ほどの価格で販売されております。

 マレーシア、シンガポールではもはやコンビニの方が高いのは常識になってきているのですが、ホイアンではその逆で、まさにダナンのLotte Martが一番手ごろに買い物ができる場所でした。

 ホイアンにはHighlandコーヒーなどもなく、これまであまりおいしいと思うものを口にすることはありませんでした。

 ホイアンの良いところを言えば、マレーシアは今HAZEが深刻な問題ですが、ここでは空がいつも青く、車もそれほど走っておらず、歩行しやすいです。また、ゴミがひとんど落ちておらず、親切な人が多くお金を騙されたりなどはしませんでした。蚊に刺されることもなかったです。

 ただ、ここはマレーシア以上に気温も高く昼間は誰も歩いていないほどです。夜しか行動できない感じなのですが、その日本橋のあるエリアだけは歩く場所もないほど人が集まって夜景がきれいだったりします。

 歴史のある建物がいくつかあるけど、それを見るだけでショッピングや食事などがそれほど楽しめない場所なのかもしれません。

 唯一、レストランとして気に入ったのはホイアンの侍(Samurai)というレストランがあり、エアコンなくてお店の中は暑いのですが日本人オーナーのようで味はとてもおいしかったです。また、Royal Hoian Hotelの中に入っている日本食レストランにも行ってきたのですが、金額がめちゃめちゃ高く味もまあまあというところでした。あえて言うならこれが騙されたお店だったかもしれません。最後に領収書も渡しませんし、VND1,400,000請求されて5割ぐらいお腹いっぱいになったというところです。

 また、前回にクラビに旅行した時に風邪を引いたのですが、今回も風邪を引きました。帰りの飛行機でまた耳が聞こえなくなり現在回復してきました。マレーシアには16:45分ぐらいに到着し、やや乱気流に巻き込まれて怖い思いをし、さらにはヘイズで地上がほとんど見えませんでした。飛行機の中もヘイズの臭いがした気がしました。

 マレーシアに戻るとマレーシアはやっぱり住みやすいとは思いました。まずは自分の車があり好きなところに行けるのはもちろん、ホイアンに3件ぐらいあげてもいいと思うほどのららぽーとクラスのショッピングモールがあり、どこに何があるのか知っている町で、携帯電話がLTEにもつながります。それにしてもここ最近の旅行は旅先の思い出よりもマレーシアに戻ってきた安心感の方が強く、もう歳なのかもしれません。

日本橋
2015-09-20 17.54.53

ホイアンの侍で注文した料理。全部おいしかったです。
2015-09-22 21.31.41

ホイアンから空港に向かう道で牛の大群に遭遇
2015-09-23 10.29.40

Putrajaya & Cyberjaya駅に隣接した駐車場の料金。
(空港だとこの値段で1日も停めることはできません。)
2015-09-23 19.01.22


minaki について

Nice to meet you.
カテゴリー: 海外, ベトナム パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*