Audi R10 TDI Race Car ’06 – GT5 – Minaki Super Driving Technique.

2005年12月13日(中央ヨーロッパ時間)に発表され、2006年に初参戦した。

R10プロジェクトはアウディ・レーシングの中でももっとも高額なプロジェクトの1つであり、アウディはこのプロジェクトのために年間1500万ドルを費やした。

R8と同様、開発及びチーム運営にヨースト・レーシングが係わっている。また、車両製作にはダラーラが携わっている。

2006年のル・マン24時間レースにて、ディーゼルエンジン車初の総合優勝を果たした。

2008年のル・マンには燃料にシェルのバイオフューエルを用いた、R10 TDIプロトタイプにて参戦した。こちらは、リアが2段ウィングであることが特徴である。レギュレーションをすり抜けての投入だが、プジョー・908に対抗するにはもはや限界であり、後継モデルであるR15を開発するきっかけとなった。

2009年のル・マンとル・マン・シリーズより、後継のV10ディーゼルエンジンを搭載したアウディ・R15 TDIが投入され、アメリカン・ル・マン・シリーズ (ALMS) 開幕戦であるセブリング12時間レースにてデビューウィンを果たした。

(Wikipediaから引用)


minaki について

Nice to meet you.
カテゴリー: 自動車 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*