Taman DesaのSanuki Udon屋に行ってきました。

 マレーシアでは讃岐うどん屋が激戦区になりつつあり、5社ほどが競合しております。讃岐釜揚げうどん丸亀製麺まんまるうどんArata UdonSanuki Udon(この名前で登録されているみたいです。)、また、これからオープンする予定のYoshinoya Hanamaru Malaysia Sdn Bhdというのが登場するようで、かなりの激戦区になるかもしれないという状況です。

 日本では、はなまるうどんは、かけのダブルなどを頼んでも230円でおなか一杯に食べることもできてお金のないときの強い味方でした。

 マレーシアでは、オープン前のはなまるを除けば先ほど書いたうどん屋にはすべて行ったのですが、現状では圧倒的な集客力なのは、Taman DesaのSamuki Udonで本日も行ってきました。

 このうどん屋の短所と言えばいつも満席ですぐには入れない。閉店間際に行くか開店と同時に行くしかないと思うほどで入れずに諦めて帰ることも珍しくないです。味はわさびなども入って和風でうどんの味はまさに讃岐です。

 味はどのうどん屋もおいしいのですが、このお店の最大の武器は安さです。場所は住宅街にあるような決してお客がたくさん集まる場所ではないのですが、このうどん屋のためにたくさんの人が足を運んでいるような現象で、日系のお店でそれを実現しているのは他には100円ショップのダイソー程度です。

 日本の麺類の店はたくさん出店してきておりますが、マレーシアにはPan Meeという日本人でもおいしいと絶賛するほどの強敵がおり、それと値段で勝負するのは難しいところですが、このSanuki Udon屋はPan Meeよりも安いぐらいの値段を実現しております。今後とも頑張ってもらいたいです。

それぞれRM5(約165円 2015年1月18日の為替相場で)
2015-01-17 21.40.57

場所
Sanuki Udon
9, Jalan Bukit Desa 3 Taman Bukit Desa
58100 Kuala Lumpur, Wilayah Persekutuan Kuala Lumpur



minaki について

Nice to meet you.
カテゴリー: レストラン・グルメ パーマリンク

Taman DesaのSanuki Udon屋に行ってきました。 への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 吉野家 x はなまるうどんがマレーシアにオープン | CyberCiti社長日記

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*