HUAWEI E5372(LTE Modem)の設定方法及び、使用感

 マレーシアにもぼちぼちLTEが普及しだし、何気にLTE対応の端末をいまだに持ってないこともあり、WIFIの電波を飛ばすことのできるHUAWEI E5372を購入してみました。

端末の写真
175149-1

スペック
Frequency (4G): LTE FDD 2100/1800/2600/900/800 MHz
Frequency (3G): UMTS 850/900/1900/2100 MHz
Frequency (2G): GSM 850/900/1800/1900 MHz
Speed (4G): LTE Cat4 150 Mbps download; 50 Mbps upload
Speed (3G): DC-HSPA+ 42.2 Mbps download; 5.76 Mbps upload
Battery capacity: 1780mAh (Removable). Maximum 6 hours working
Wi-Fi: Wi-Fi 2×2 802.11b/g/n; Encryption WEP/WPA/WPA2
No. of Wi-Fi devices: Support 11 devices simultaneously
Micro SD card slot: Yes, up to 32GB
Auto APN: Yes
Antenna port: 2 TS-9 connector
Dimensions: 99 x 62 x 14 mm
Weight: 96g (Including battery)
Web management page: http://192.168.8.1 or http://huaweimobilewifi.com interface in 11 languages, including English, French, Deutsch, Espanol, Italiano, Portuguese, Russian and Arabic.

 購入場所は、Sunway PyramidのUmobileのお店で(リンク以外の店では買わないでください。悪徳ショップが多く存在します。)、この端末単体をebayで購入した場合はRM500ぐらいするのですが、Umobileで購入すると、契約期限なし、

契約費用(Activation fee) = RM100
E5372端末費 = RM149
月額利用料 = RM68
預け金(Deposit) = RM100

合計 RM417(円に換算するとこちら)
契約したプラン MB68

で購入することができます。マレーシア人であれば、預け金が必要なくRM317で購入することができます。月額利用料RM68で、
8:00 – 2:00 = 5GB
2:00 – 8:00 = 5GB

の合計10GB利用することができますが、深夜2時から朝8時の間に使うことはほぼないと思いますので事実上5GBの通信が可能です。

このSIMカードでは、通信のみで電話は不可能ですが、今使っているXperia C(C2305)はDual SIM対応でUmobileのSIMはデータ通信専用、MaxisのSIMはデータ通信解約して電話のみという使い方をすることにいたしました。

それではLTEについて説明していきたいと思います。まず下記が対応エリアになります。(2014年4月28日現在)
umobile

使えるところはSubang JayaとPuchongのみです。で!本日Subang Jayaまで行って来ました。途中、Kelana Jayaぐらいで電波が1本ほどたって近づくにつれて電波が良くなってきてコンビニに止まってテストしてみました。

とりあえず、この端末初の4G表示
2014-04-27 22.22.15

テストの結果

3Gの場合、2,000kbps程度だったのに対して、10,000kbps程度になりました。日本では150,000kbpsなのでその15分の1程度のスピードですが、マレーシアではこれで十分ですし日常生活でこれ以上のスピードは別にいらなく、料金も2,000円程度ですので満足です!

最後になってしまいましたが、このE5372についてです。

この端末には言ってみれば、選択ボタン、決定ボタンのみなのです。これでどうやってWEP Keyなどの設定をするのかという疑問だったのですが、実は簡単で、この端末にWIFIでつなげて

http://192.168.8.1/

にアクセスしたら、いろいろ設定ができるようになっております。
初期のIDとパスワードはどちらも
admin
と設定されております。

また、SIMロックもかかっておらず、受信するシグナルを指定できたりSDカードも入れることができ、SDカードのデータを共有できたりもします。バッテリーも入れ替え可能です。

もしもLTE対応の携帯端末を持っているのであればそれほど利用価値はないかもしれませんが、携帯端末のバッテリーを維持したいのであればE5372を使うのも一つの手かもしれません。


minaki について

Nice to meet you.
カテゴリー: 携帯端末 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*