Android TV – MINIX NEO X7の使い方。期待以上に便利です!

 現状、私はマレーシアに住んでいるということもあり、ここでは無料でテレビはほとんど見れず、ASTROという有料の通信機を使っていろんなプログラムを見ることができるのですが、すでに持っているアンドロイド端末のSO-03D, SO-01D, Xperia C 2305などアンドロイド慣れしており案外無料でテレビが見れたりします。ただ画面が小さい。HDMI端子などある端末もありますが、仮に電話かかってきたらテレビを消さないといけない。ということで据え置き型のアンドロイドテレビを買うというアイデアが出てきました。

 マレーシアのASTROという通信機でテレビを見るのは主に彼女が韓国のKBSを見る程度、それで月に1300円ほど払ってます。でAndroid TVは安くて5000円ぐらいから。私が、購入したのは据え置き型のMINIX NEO X7という端末で主な魅力は、Quad-Core Coretex A9 Processor 1.8Ghz, メモリーが2GB ROM、16GB内臓メモリー、で特にCPUもメモリーが魅力でした。

 結果、立ち上がりが早いというわけではないのですが、特にエミュレータを立ち上げたときは最近購入した、Xperia Cよりも安定して動作する感じがし、SHARPの液晶テレビのUSBに挿しても高画質の動画はスムーズに動作しなかったものがかなり綺麗に動作します。

 また、一番想像できなかったことですが、自宅のテレビはタッチパネルに対応していないのにどうやって操作するのかということだったのですが、別売のリモコンF10-PROというのを購入したのですが、それであればポインターがリモコンの向きに合わせて動きリモコンの裏にキーボードになっていて文字も簡単に入力でき、また、マイクとスピーカーまで内臓されており、SKYPEなどで電話ができます。また、そこまでの機能はないですが、パソコン用のマウスでもそこそこの操作ができます。付属のリモコンが一番使えない気がします。

 さらに購入するときには考えてもいなかったのですが、USB端子が3つあり、外付けのハードディスクを挿すとそれが認識し、USBペンドライブももちろん認識し中の動画やファイルなどを再生できました。動作を確認したのは、128GBのSSDが通常に認識されました。

 Google Mapsもなんだかこの大画面で見ると別の使い方もできそうで、テレビアプリとしては、NHK WORLD(英語)、KBS World(韓国語)、Cloud TV(Bloomberg, Discovery, CNN, BBC World,)など世界のいろいろな番組を見れるアプリなどをインストールでき、我が家ではかなり見れるテレビの枠が広がりました。

 また、Google Playもはじめからインストールされており、自由にアプリケーションをインストールすることができ、株価、為替レートなども確認でき、ルート化もでき(次回のブログで方法公開します。)、Playstation3のDual Shockコントローラも使えるようにしてエミュレータを入れてゲーム機にもなります。ファミコン、スーパーファミコン、PS1、PSPなどもコントローラで遊べます。

 とりあえずはApple TVと比較にならないほど利用価値ありで、毎年、今年購入してよかったものを公開しているのですが、今年は始まったばかりですが、これが候補に挙がりそうです。


minaki について

Nice to meet you.
カテゴリー: 携帯端末, アンドロイド タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*