意外と高い海外でデビットカードで現金引き出し。

 とうとうマレーシアで住宅購入の最大の山であった、State Consentが承認されStamp Duty, 不動産価格の20%を現金払いしないといけない日がやってきてしまいました。

 すでにお金を用意していたつもりだったのですが、Stamp Duty(RM9,300)のことをすっかり忘れてしまい、まさにその金額が足りない状態になってしまいました。今週中に払わないといけない状態で一旦彼女から借りることで解決はしたのですがそのようなくせはあまりつけたくないので借りる額をせめて減らす方向で努力してみた結果、日本の預金をマレーシアで引き出してみました。

 海外でお金を引き出したお金がいくら日本円が引き出されるのかとても分かりにくいのですが、まず、基礎となる情報はヤフーなどのインターネットの相場でその相場から差額があれば手数料と考えるべきなのです。

 今回マレーシアでテストでRM1,000引き落としてみましたが、

ヤフーの相場 RM1 = 31.49
RM1000をマレーシアで引き出して楽天銀行から引き出された日本円 = 32,732円
(RM1 = 32.73円)

となりました。ヤフーの価格が中心レートだとすれば手数料率は
3.93776%となります。
仮に100万円分両替すると39,376円が手数料ということになります。
これから家を買うほどのお金を動かすこと考えればこれは大きな無駄遣いなのです。

では実際マレーシアに日本円の現金を持ってきて両替した場合

下記のサイトでは1000円をRM31.70で買ってくれるということですので、

1000円÷RM31.70 = 31.5457円
で楽天銀行の32,732円よりもRM1,000辺り1,187円安い計算になります。

100万円辺りにすると37,617円の節約になります。

RM1,000をマレーシアで引き出して日本の口座から引き落とされた額
withdrowRM1000

その日の為替レート
JPYMYRrate20140406

マレーシアの両替所のレート
JPYMYRrateMoneyMate20140406


minaki について

Nice to meet you.
カテゴリー: 経済・株式, 節約術 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*