マレーシアで車レッカーされてしまいました。DBKL

 マレーシアでは外国人が不動産を購入できる制限が現行はRM500,000以上なのですが、来年からRM1,000,000以上の物件しか購入できなくなり不動産購入に関することで多忙です。物件を決め、弁護士と相談しに行ったのですが、路上駐車マレーシアではどこもやっていおり、まあ大丈夫と思って路上に車を止め弁護士事務所に行ったのですが、戻ってみたら車がなくなっておりました。

 最初は盗まれたかと一瞬思ったのですが、この昼間で人通りの多いところでまさか・・・と思い近くのガードマンに聞いてみたらやはり車はレッカーされてしまったようです。昼間でも路上駐車している車はいくらでもいるのですが、その分取り締まるのも早いと言う感じです。空港に取引先を送って時刻表を確認しただけなのにものの2分ぐらいのすきにすぐに罰金取られたなんてこともありました。

 日本では今は知りませんが、10年前ですらレッカー費15000円、罰金15000円+駐車料金3000円ぐらい取られた覚えがあり、マレーシアではそこまで悪質ではなく、罰金RM50, レッカー費RM100取られました。今の為替相場であれば4500円程度です。

 セキュリティの人もレッカーされたDBKLに電話しても英語が通じず、困ってたところだったのですが、運よく不動産会社の人が助けてくれてかなり助かりました。もし、一人だったら確実にその日のうちに解決しなかったところでした。心の中でその不動産にまだ迷いがあったのですが、この件でぜひこの取引が成立するようにと思えるようになりました。

 実際車を取りに行ってみると、レッカーされた車の持ち主がたくさん並んでおり、一人10分程度かかりかなりの時間並びました。そこも分かりにくくてほぼ3時間のロスでした。

 今回運がよかったと思うことは不動産屋が助けてくれたことと、車を取り返すときに車検証が必要だったのですが、そのデータがDropboxに保存されてたことです。写真屋に行ってDropboxにアクセスしてデータを取り出して印刷でき、それで無事に車を取り返すことができました。しかし、半日休暇を取っていたのですが会社には遅刻しました。

 その日はいろんなことろでストレスになったのですが、ある意味いい経験だったかもしれません。こういう人生の失敗の裏にはマレーシア人と触れ合う機会ができ、レッカーされたのは自分がいけないわけですし、マレーシアを好きになれたかもしれません。

罰金の領収書
DBKL


minaki について

Nice to meet you.
カテゴリー: マレーシア パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*