解決 – Xperia Playがソニーの公式アップデート(4.0.1.C.1.31)で電源が入らなくなりました。

マレーシアで購入したR800iというモデルなのですが、ドコモのSO-01D_4.0.1.C.1.21_DocomoというバージョンをFlashtool 0.2.9.1で正常に焼く事はできたのですが、4.0.1.C.1.31にXperia Playから公式アップデートしようとして、途中でフリーズしてそれから一切電源入らなくなってしまいました。

 その後に、更にFlashtoolでftfファイルでいろいろインストールしようとしても同じで、電源を長押ししても2秒おきぐらいにバイブレーションが一瞬動くだけになってしまいました。

 関係ないかもしれませんがファームウェアを入れ替えた理由はタイで使っていたときに変なものをインストールしてしまい、アプリケーションにないアイコンが自動的に出てくる現象がありました。またSIMロックは元からありません。

 個人的にはiPhone 4S 64GBは即売りましたが、ゲームキーが付いている携帯はあまりないので、今のところXperia Playが一番と絶賛していただけにショックです。どなたか救いの手をお願いします・・・・・

電源が入らなくなりました。
2013-10-13 15.15.11 

解決しました。——————————————————————–

 今までスマホとしては、一番お気に入りだった端末がもう元には戻らないと諦めかけていたのですが、2日かけて解決いたしました。日本語ではXperia Play 文鎮などで検索してもあまり有力な情報はなかったのですが、英語でxperia play not bootで検索するとそれらしい情報がいくつか見つかり解決につながりました。

方法は、
1、Flashtoolでxperia_relock_bootloader.ftfをR800iにインストール(最初にファイル名は同じだけどXperia S用のをインストールしてしまい、それだと動作しませんでした。ここのリンクはR800i用。SO-01Dの場合はやってみないとわからないです。)

2、Flashtool 0.2.9.1でftfファイルでファームウェアを焼く。

 以上です。1のプロセスで電源を押しっぱなしにすると、2秒おきぐらいにバイブレーションが動く状態だったのが、1回だけになり、電源は入ったけど、携帯のマークに三角マークが付いたようなロゴが出てくるまでに改善しました。それまでは、スクリーンに光さえ付かない状態でした。

 2のファームウェアを焼いてからは、SonyEricssonというテキストが何度か付いたり消えたり、しかし、待てば最終的に動作するようになりました。他の書き込みをいろいろ確認してみると、電波を受信しなくなるという現象もあるみたいですが、私の端末は元からSIMロック解除されている端末なのでこの方法で影響なかったのかもしれません。

 こちらは、ちょうどXperia CかXperia M Dual辺り欲しいと思っていたので、複数の店に行って見ましたが、マレーシアではまだ発売しておらず、明日から電池が激しくなくなるXperia Acro HDだけってところだったのですが、3600nAhのバッテリー搭載のXperia Playが復活して何よりです。会社でデザリングの電波を飛ばす端末としても使っておりました。



minaki について

Nice to meet you.
カテゴリー: 携帯端末, アンドロイド パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*