日本の免許からマレーシアの免許に書き換え -これから行く人は読んだほうがいいです。

 日本で実は無免許運転として処理されそうで、8月に日本に帰って裁判をする状況なのですが、その際に無駄かもしれませんが、国際免許証を発行するの忘れたということをアピールするために国際免許の取得を試みました。

 しかし、マレーシアではこれまで英語の免許証のオーストラリアの免許を持っていたためそのまま運転できマレーシアの免許証は必要ではなかったのですが、国際免許証を発行するとなればオーストラリアの免許証で発酵できるわけがなく、マレーシアの免許証を取得する必要が出てきたというわけです。

マレーシアの免許証に必要なのは、
1、パスポートとパスポートコピー(旅券番号の書かれたページと、ビザのページ)
2、写真(25 mm x 32 mm)
3、日本の免許証とそのコピー
4、日本大使館からの免許証の翻訳書(免許証とパスポートを持っていけば3営業日後程度で発行してもらえます。(費用:RM80)
5、免許の発行手数料:1年辺りRM30

 とこんな感じです。最初はマレーシアでも使えるオーストラリアの免許証でマレーシアの免許を取得しようとしたのですが、その場合は、それがオーストラリアの本物の免許証であるという証明書が必要で、私の場合はビクトリア州で取得した免許証なので、Vicroadsに書類を申請してそれから、マレーシアのAustralia high Commission(大使館みたいなもの)に行って書類を作成すればいいのですが、前回オーストラリアの免許更新のときに写真が本人であるという書類を作成してもらうのにRM150の費用がかかったので、日本大使館の翻訳書の方が安いと判断し、それで日本大使館に行きました。

 それでなにより想定外だったのが書類の作成に3日もかかることでした。韓国大使館ではその書類は数分で作成してくれたそうで、数日かかることは予想しておらずそれを知ったことによって有給の計画は半日でつぶれました。それで本日日を改めて日本大使館に行き、JPJ Petaling Jayaに行って平日でも相変わらず混んでおり番号を取ったときには120人待ちで1時間30分ぐらい待ってようやくカウンターへ。

 フォームを記載しないといけなかったのですが、マレー語なので意味がわからずカウンターで翻訳してもらい免許証を取得できたのですが、落とし穴がありました・・・・なんと日本の免許証の更新日は約2ヶ月前の5月で、日本大使館が用意した書類も免許発行日が2013年の5月と書いていたので、Probationary driving License(初心者マークつけないと運転してはいけない免許)しか発行できないという話になってしまいました。

 日本大使館は当然免許証もコピーを取ったはずなのでその免許は有効なものかぐらいは確認しているはずですし、いつから免許を取得したのかという情報が重要なことぐらいは把握して欲しかったと思います。

 事前にこの結果がわかっていれば免許センターでは確か古い免許証も希望者にはもらえるのでそれを持って日本大使館で発行してもらえば一番手堅かったのかもしれません。実際私は昔から免許持っているのに納得ができない結果となりました。ここまで文句がいいたくなるのもProbationary driving Licenseでは国際免許証が取れないからです。

 そんな免許証をマレーシアの警察に見せてもPのプレートを貼っていないと言われてお金をむしりとられるだけなので、捕まってもオーストラリアの免許証を見せると思いますし、唯一マレーシア国内でIDとして使えるメリットがある程度でしょうか・・・

 できれば8月までに国際免許証が欲しかったのですが、その免許でも2年後には国際免許証を発行できる権利ができますし、それ以降の活躍になりそうです。

マレーシアで取得した免許
malaylicence.jpg


minaki について

Nice to meet you.
カテゴリー: 海外, マレーシア パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*