マレーシアで株を購入してみました。MAXIS

 前回CIMB SECURITIESで証券口座を開設し、今回は実際にmaxis株を購入してみました。maxisとはマレーシアの携帯電話会社で日本で言えばドコモのような会社です。この株に決めた理由は配当金が7.5%、仮にバブルが崩壊しても影響のなさそうな企業ということでこの株を選びました。

 今回は1株RM5.31で300株購入しました。最低手数料が片道RM12で約定代金に対して0.42%ですので、本当であれば手数料がRM6.69のはずなのですが、最低手数料のRM12を支払いました。最低手数料相当の約定代金はRM2,858という計算になります。

 証券マンの話によるとマレーシアで株を購入しても株主優待券などはないそうなのですが、試しにいろいろな株を売買単位の100株をいろいろ持ってみて試してみたいと思います。AIRASIA辺りを購入して割引券もらえそうなきもするのですが・・・・・

 前回も報告したとおり、マレーシアの株は10年で大きく上昇しており、今がバブルの全盛期という見方もありますのであまり深入りはしないようにしたいと思います。安定した経営の株で配当金目当てということであれば、マレーシアは配当金に対して28%の税金がかかるようで、それに対し、シンガポールでは無税ですので、ある程度お金を持てばまた、シンガポールに投資する方針です。

 マレーシアはまさに日本の20年前のバブル経済に似ており、不動産を買えば損しない、株も基本的には下がらない、自動車購入のローンも7年などと設定している人もおり、家はたくさん建設されているけど、住民が少ないなど、日本のバブル経済に似ているところがあり、CyberCiti総合研究所としては株式投資はNEGATIVEです。その中でも景気が後退した場合は銀行、不動産会社、自動車メーカーなどと比べるとmaxisはダメージが少ないと考えております。

 マレーシアの場合は、原油を生産していることもあり、景気が後退すると原油価格も下がり、シンガポールより経済的ダメージが高いという予想もしております。

参照
Maxis investor Relations

とりあえずRM48儲けてます。しかしRM26は手数料で引かれます。
maxis.JPG
 


minaki について

Nice to meet you.
カテゴリー: マレーシア, マレーシア株 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*