iPhone 4Sをマレーシアで購入(64GB White)

 これまで、HT-03A(HTC Magic), SO-01B(Xperia X10), SH-13Cとアンドロイドの携帯電話を使ってきたのですが、SH-13Cが画面がちらつく不具合がでて、SO-01Bは彼女に貸したので今さら返せといいづらく、HT-03Aを使っていたのですが、起動のおそさや、頻繁にフリーズするのに耐えられず、iPhone 4Sを購入しようと考えるようになり、なんとか手に入れることができました。

 先週は、シンガポールに行って4Sを買おうとしたのですが、オンラインで売られている値段よりもはるかに高く、オンラインストアでは64GBでS$1238(73,647円)なのですが、Appleの正規販売店でS$1688+消費税7%(S$118.16)(107,436円)、でSIM LIM SQUAREでは交渉した後に追加料金を請求してきたり、香港バージョン、ニュージーバージョンでアップデートするとSIMロックがかかるなどと後で言い出してきたり交渉にあたりとても気分が悪かったのですが、今回はDiGiというDocomoのようなキャリア会社の本店に行って買ってきました。

 その本店ではたくさん在庫を並べている転売屋のSIM LIMとは違い整理券を配るほどで20人弱だったと思われるのですが、朝から行っても人がお店でiPhoneを買っていく人が目立ちました。すぐに売り切れるかと心配していたのですが、60個在庫があるようでもしかしたら一日過ぎても在庫が残っているレベルかもしれません。値段は、RM2690(65,802円)でシンガポールのApple正規販売店よりも41,634円安く購入することができました。

 しかし、これにはDiGiと2年契約する必要があり、通常であればRM88のプランで3GBまで1mbpsぐらいのスピードで使うことができ、それ以降は128kbpsで使い放題になるのですが、RM55で1mbpsのスピードで1GBまで使うことができ、それ以降は128kbpsで使い放題で200分の無料通話が含まれるプランに入ることができ、月にRM40程度通信料が安くなる見込みなのですが、仮にiPhone5などが2年以内に発売されて購入したい場合は一度キャンセルする必要があり、RM400の罰金を払わないといけないようです。仮に購入価格のRM2690にRM400を追加したとしてもシンガポールよりかは安く、この選択は間違いではなかったとは思っております。

 ちなみにマレーシアのApple Storeでも予約はしていたのですが、もちろん通信の2年契約などはする必要なくRM2799で買うことができるのですが、発送予定日が2012年1月2日から1月9日と出てきてしまいどっちみにDiGiのプランに入っていたわけですし、待つ必要はないと判断しました。ちなみにキャンセルには費用はかかりません。

Apple Storeでの販売価格。(画像をクリックすると拡大します。)
iphone4s64gb.JPG

Digiでオンラインで購入した場合(店頭で購入しても同じ条件で買えます。)
iphone4s64gbdigi.JPG

 日本でしたら、ヤマダ電機で買おうが小さなお店で買おうがリスクはあまりないのですが、東南アジアではそれらのお店が転売屋に化けると考えていいと思います。値段の交渉も適当ないいがかりをつけて値上げてきてシンガポールでそうでしたのでマレーシアのブキビンタンにあるようなLOW YATやDIGITAL MALLなどではほぼ同じだと思います。買うのであればDIGI, MAXIS, CELCOMなどのお店または、Apple Storeでオンラインで買うのをお勧めします。DIGIでは先ほどの説明の通りRM400払えばキャンセルできるのでRM3090で短期旅行者でも買えます。交渉するに当たり、買う前にキャンセルする話はしないほうがいいと思います。


minaki について

Nice to meet you.
カテゴリー: iPhone/iPad パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*