HT-03A(HTC MAGIC)のメモリー増量(成功したけどかなり苦戦)

HT-03A(HTC MAGIC)のメモリー増量に成功しました。98000kbが112700kbになるのですが、苦戦して成功したにもかかわらず、Angry Birdsなどのゲームは相変わらず動作が遅くて遊べたものではありません。

気持ち程度動作が速くなったように思えるというほどで、たいした進化はありませんでしたが、思えばHT-03Aの1.6のファームウェアでは普通に使っていて起動しなくなることもあり、あれでよくアップデートを終了させたな!?と疑いたくなるHTCの対応だったのですが、日本初のAndroid機だっただけに今ではいろんなファームウェアが転がっているという感じで最新機種を買った人でもHT-03Aの改造は面白いと思われている方も多いのかもしれません。

このメモリー増量の作業にはかなり苦戦しました。丸1日携帯電話は使えない状況に陥り、もうヤフオクでジャンク品として出品しようかと思ったぐらいです。そのついでに今HT-03Aはいくらぐらいで取引されているのか見ていたのですが5000円ぐらいのようです。液晶テレビといい家電製品のデフレは激しいですね。

今回この作業に苦戦した要因はandroid SDK(android-sdk-windowsのフォルダ)をうまく設定できていなかったことです。なぜかadb shellは起動するのですが、fastbootを起動させるためのandroid-sdk-windows\tools;のパスが通っておりませんでした。また、android-sdk-windowsのフォルダを一度パソコンをリカバリーしたときに別のハードディスクに移してそれをコピーして使っていたのですが、android-sdk-windowsを起動させるために毎回全部ダウンロードするという珍現象も起こっており、一度全部消してandroid-sdk-windowsをインストールしなおしたら解決しました。それが原因でHT-03Aのドライバーも検出されず、HTC syncなどもインストールし余計な作業をたくさんやってしまいました。

ボリュームダウンを押しながら電源を入れるとFastboot modeで起動するのですが、その状態は

SAPPHIRE EVT1 32B Eng S-OFF H
HBOOT-1.33.0013d(SAPP20000)
CPLD-10
RADIO-2.22.27.08

だったのですが、SAPPHIREの S-OFFが問題だったようで、docomoのロゴが出てきた状態で完全にフリーズしてしまいました。ここからしばらく待つと起動する場合もあるのですが、1時間放置しても変わりませんでした。

これでこの携帯電話は万事休すだと思っていたのですが、Android SDKをインストールしなおし、Windowsのコントロールパネル→システム→詳細設定→環境変数のシステム環境変数のPathのSDKの設定にミスがありました。fastbootはsdktoolのtoolsのフォルダに入っていますのでここを正しく設定しないとコマンドプロンプトでいくらコマンドを打っても反応せず、「’fastboot’ は、内部コマンドまたは外部コマンド、操作可能なプログラムまたはバッチ ファイルとして認識されていません。」と表示されます。pathにC:¥android-sdk\tools;を追加するとfastbootコマンドが使えるようになります。(¥マークは小文字)

また、コマンドの説明をいろんなサイトで見たのですが、”¥”マークが正しく表示されず”\”となっているサイトも多く、それぞれのブログのフォントも問題があることもわかりました。

これを元にメモリー増量させるためのプロセスを説明いたしますと、

1、recovery-RA-sapphire-v1.7.0G.imgが電源が切れた状態でhomeボタンを押しながら電源ボタンを押せば起動する状態にしてください。

2、recovery-RA-sapphire-v1.7.0Gを起動させBackup/RestoreからNand Backupしてください。

3、http://forum.xda-developers.com/showthread.php?t=831139のページよりdream_2708kit.zipをダウンロードして解凍してできた、hboot-.133.0013d.imgとradio-2.22.27.08.imgファイルをPCのCドライブに「img」というフォルダを作ってその中に保存してください。

4、HT-03Aの端末にFR-SpoofSPL_S.zip, ezBiffTestKernel20101106-2708_S.zipのファイルを保存してください。

5、HT-03Aの電源を切り、端末左横にあるボリュームを下げボタンを押しながら電源をいれてください。それからHT-03Aのbackボタン(電源を切るボタンの左上)を押してFastBoot ModeにしてからUSBケーブルでパソコンに接続してください。

6、コマンドプロンプト(スタート→すべてのプログラム→アクセサリー→コマンドプロンプト)を起動させて、最初の画面でまず、「cd c:¥img」と入力(フォントのエラーの問題で¥は大文字になってますが小文字で入力してください。)

7、コマンドを入力
fastboot flash radio radio-2.22.27.08.img
fastboot flash hboot hboot-1.33.0013d.img
fastboot reboot-bootloader
fastboot erase system -w
fastboot erase boot

8、一度電源を切り、今度はリカバリーモード(home+電源)でrecovery-RA-sapphire-v1.7.0Gを起動させ、FR-SpoofSPL_S.zipを書き込み、backup/Restoreを選択してNand restoreを選択してさきほど保存したデータを復元させます。それからezBiffTestKernel20101106-2708_S.zipを「Flash zip from sdcard」で書き込めば終了です。

これで、メモリーが増えたのですが、気持ち程度で、Xperia X10と比べればかなり劣ります。ただし、Xperia X10と比べれば画面が明るくて外でカーナビとして使っているときは画面が見やすかったり、音量もXperiaよりも大きかったり、いいところもありますので、これからも大切に使っていこうと思います。


minaki について

Nice to meet you.
カテゴリー: アンドロイド パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*