FOMAカードを持ってない状態で新品のXperia X10(SO-01B)を操作する方法

タイトルが長すぎてしまいましたが、私のように海外に在住していてヤフーオークションなどで新品の携帯電話を買ってFOMAカードがないので操作ができないという人向けにこのブログを掲載します。

通常Xperia X10(SO-01B)はFOMAカードがないと緊急電話以外の機能は使えないのですが、FOMAカードがなくても携帯電話を操作できる状態にできます。携帯電話本体とUSBケーブルのみでできます。

これをすることにより、携帯電話はSIMカードは認識しませんが、Wifiでインターネットに接続してGmailなどを確認できたり、BluetoothやGPSなどの機能は使えるのでSIMロックは解除できなくてもカーナビソフト、Ndrive, Papago X5などの動作を確認できました。Xperiaが戻ってくる前まではHT-03Aを使っていたのですが、かなりGPSの感度が悪く、シンガポールではほとんど使えませんでした。ただし、マレーシアではDIGIのつなぎ放題プランのSIMカードを持っていますので、カーナビソフトでは感度はいまいちですが、Google Maps Navigationがそこそこ動いてくれておりました。

そのXperiaの状態では、設定もできるので、提供元不明アプリのインストール、USBデバックにもチェックできるようになりroot化もFlashtoolを使ってできました。なんとかadb shellなどのコマンドでSIMロックを解除できないのかいろいろとネットで調べてみたのですが、見つかりませんでした。Samsungの携帯電話であればSIMロック解除ツールが出回っており、SamsungはおそらくSIMロック対策を強化すれば端末が売れなくなるので解除できるように設計されているような気がしてなりません。

HT-03Aをしばらく使ってからXperiaを使ってみると、画面が大きくて動作が速く、久しぶりにAngry Birdsができた事に感動しました。また、画質もいいので気軽に写真を撮ってブログにアップロードする気にもなります。

現在は、Xperiaのアンロックコードをunlocking.comに申請中で届き次第HT-03AからSIMをはずすことになるのですが、今ではいろんなAndroid端末が日本に出回っており、今後発売されるAQUOS PHONE f SH-13Cというワイヤレス充電、防水対応のシャープの携帯電話を前向きに購入を検討しており、今年の夢はその携帯電話をプールに投げることです。この携帯の不満をひとつ言えばAQUOS携帯なのになんでワンセグに対応していないんだ!

余計な話が長々と先行してしまいましたが、USBケーブルと携帯端末だけで緊急連絡先意外の機能を使う方法なのですが、

1、FlashToolを使って、ドコモのファームウェア「2.1-update1」に更新するだけです。

バージョンの詳細は

モデル番号: SO-01B
ファームウェア: 2.1-update1
ベースバンドバージョン: 2.0.52
カーネルバージョン: 2.6.29 SEMCUser@SEMCHost #1
ビルド番号: 2.0.1.B.0.19

になり、ftfファイルは下記のリンクから2つのファイルをダウンロードして

SonyEricsson X10i_2.1.A.435_GLOBAL-GGL GENERIC 1232-9987.ZIP

X10_1.0_Bin4ry_Dualtouch.ftf

それぞれのftfファイルをFlashtoolのfirmwareというフォルダに保存して指示通りにアップロードしてください。仮に
X10_1.0_Bin4ry_Dualtouch.ftfをインストールしなくても動作はしますが、マルチタッチ非対応になり、Google Earthなどのソフトの操作が難しくなります。

ちなみに日本語以外のバージョンのファームウェアをXperiaにインストールした場合は「SIM network unlock PIN」という画面が最初に出てきて「Dismiss」を選択して緊急電話のみができるようになります。Unlock Codeが届いたときは一度海外のファームウェアに書き換えてからのアンロック作業となります。

また、この方法は日本で購入したSO-01Bの端末で確認した方法ですので、海外で購入されたXperia X10で日本のファームウェアをインストールした場合はこの操作ができるかどうかは不明です。


minaki について

Nice to meet you.
カテゴリー: アンドロイド パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*