東電社員の父持つ小6の手紙 毎日.jp

 東京電力社員の父親を持つ、東京都内の小学6年生の男子児童から毎日小学生新聞編集部に届いた手紙に対し、全国から反響が寄せられている。福島第1原発事故を受けて「世界中の人が無駄に電気を使ったことが原発を造るきっかけになった」などとする手紙に、各地の小学生が子供なりに考えて賛否の意見をつづっている。

 ◆ぼくは、東電がまちがっていると思います。人々が大量に電気を消費するから原発をつくるしかなかったというのは、いいわけにしか聞こえないと思います。

 安全だといい、人々をだまし、古くなった原子炉をうごかしつづけてきたことにより、事故が起こってしまったことも問題です。(男子児童の)手紙には、原子力にみんながたよっていたから事故が起こってしまったという感じで書いてあったけれど、それは東電の人たちが、福島の人たちに、道路をよくしたり、補助金を出したりして、たよらせるようにしむけたのだと、ぼくは思います。(京都府・小6)

 ◆私は、原発事故にかんして国民全体に責任があるという考え方には反対です。電気の無駄使いについては責任があるかもしれません。でも、私たちは(原発の)危険性についてどれだけ知らされていたでしょうか? 学校で習ってきたでしょうか?

 むしろ、学校の掲示板に、原発はクリーンなエネルギーで、安全で不可欠なものだというポスターがはってありました。そうしたポスターや作文の募集もありました。それをしたのは、東京電力と国です。そんな教育をうけた私たちが、原発はあぶない! つくらないほうがいい! という意見をもつことができたでしょうか。これからみんなで話し合って、大人が何を間違えたのか、を考えていく必要があると思います。(神奈川県鎌倉市・小5)

 ◆私の友達に、お父さんが東電で働いている子がいます。

 前は、明るくて文武両道で、みんなから好かれるすっごく良い子だったのに、今は不登校ぎみで、私を含む数人としか話しません。どうして、何も悪くない彼女がいじめられるのでしょう。

 原発は、人の役に立ちますが、今回のように人を傷つけることもある「もろはのつるぎ」です。今回の地震は1000年に1度の大地震。せめて新しい発電方法が見つかるまで、原発を批判しないでください。(M)

 ◆僕は(男子児童の)意見に一番共感を覚えた。なぜなら、僕の母は経済産業省に勤めているからだ。原発事故の問題では東京電力だけでなく経産省も批判されている。母も加害者という意識が強く、とても申し訳ないと思っているようだ。

 確かに、国や東電の責任も大きいが、電気を日々の生活で大量に使っている国民全員、いや世界全体の責任でもあると主張したい。

(東京学芸大付属小金井小・6年)

 ◆僕のお父さんも東電の社員です。お父さんが原発に行くときは、とても心配です。たしかに東電にも責任はあるけど、全面的に東電に責任をおしつけているのはすごくいやな感じです。

 責任をとらないといけないのは、国だと思います。国と日本人が便利を求めているから、原発が必要とされたのです。(横浜市立汲沢小・6年)

 ◇男子児童からの手紙の要旨

 突然ですが、僕のお父さんは東電の社員です。(原発事故や計画停電についての東電の責任を指摘した毎小の記事を読んで)無責任だと思いました。原子力発電を造ったのは東京電力ですが、つくるきっかけをつくったのは、日本人、いや世界中の人々です。発電所を増やさなければならなかったのは、日本人が夜遅くまでスーパーを開けたり、ゲームをしたり、無駄に電気を使ったからです。中でも原発を造らなければならなかったのは、地球温暖化を防ぐためです。温暖化を進めたのは世界中の人々です。そう考えると原発を造ったのは、東電も含み、みんなであり、みんなも無責任であるといえます。

ceo-minakiのコメント
 これを読んだ限りでは、とても小6年が書いた文書とは思えず、中には親が協力しているものもあると思われます。ですので小6というのは無視してこれらの意見を考えたいと思います。

 国の責任という意見もよく出ておりますが、福島原発の所有者は東京電力ですので責任があるとすれば東京電力だと思います。東京電力の所有する土地である限り国が勝手に新しい設備を増築できなかったことでしょう。

 ただし、過去の歴史の中でも大きな津波が押し寄せたため原発が浸水するのは想定外だったことには違いはありません。終わったことなのでもう元には戻せず、これからどうするのかを考えるべきだと思います。

 まず、ただでさえ円高で国際競争が激しくなってきている製造業が節電を促され、計画通りの生産ができない状況になっている現状から解決させるべきだと思います。この震災で亡くなられた方は約3万人に対し、年間の日本の自殺者も3万人程度であり、自殺者を減らすためにも景気対策は無視できず、なるべく海外に工場を移す企業を減らすべきだと思います。

 また、この大津波を想定すれば現状で停止すべき原発は他にもあると思われますが、次に建設するのであればこれを教訓に大津波も含めあらゆることを想定して原発を建設するべきだと思います。原発が火力発電と比較してどれほど安く電力を生産できるのかは不明ですが、安く生産できるのであればこれからも稼動させるしかないと思われます。特に近年では資源が高騰しておりこれから資源が暴落するとは考えにくく、当然資源の輸入を増やせば貿易赤字が膨らみ続け1億3000万人の福祉などに税金を投入するのは困難な時代に直面し、それこそ3万人以上の国民がこれからの原発政策の影響により自ら命を落とす結果になるでしょう。

 原発のリスクだけを見れば当然すべての原発を停止するべきですが、資源の輸入でどれほど日本の財政が圧迫されるのかを冷静に判断するべきではないでしょうか?

 また、福島原発が停止したことにより日本中が節電をする空気になっている現実が理解できません。火力発電は震災前からフル稼働だったのか?今どこの発電所が停止しているのかなど、東京電力のHPをみても分からず、第二次世界大戦同様に情報操作されているように思えます。

 また、私が将来心配していることは、軒並み電力株が安くなりましたが、東京電力の株価293円を想定すれば2350億円あれば50%の株式を買い占めることができ、外資に乗っ取られるのではないかという懸念もあります。関西電力であれば1456円を想定すれば7000億円程度で買収できます。また、ライブドア同様に外資に金儲けされるかな・・・


minaki について

Nice to meet you.
カテゴリー: 経済・株式, 日記 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*