携帯電話を日本からマレーシアに郵送するのはかなり困難・・・

 先日FeDexで故障した携帯電話をマレーシアから日本に送ったのですが、送料は約RM100。また携帯電話の金額を3万円と申告したのですが、その金額の保険に入れたわけなのですが、自宅に税金1700円が請求されたようです。

 また、日本からマレーシアに郵送する場合は日本のFeDexの送料はほぼ1万円で、しかも近所であれば東京にあるKinko`s行かないと手に入らない伝票をもらってからFedexのHPからコマーシャルインボイスを記入してから印刷して郵送できるようで、かなり面倒な手続きが必要になります。コマーシャルインボイス記入するページ

 郵便局のサービスのEMSでは、携帯電話のバッテリーをはずして海外に郵送はできますが、マレーシアへは家電製品を郵送できないそうです。マレーシア政府の取り決めにより規制されているようです。そんな感じで物を簡単に郵送できない時代になってしまったのですが、最後の手段として、シンガポールの友達の家にEMSで郵送するという方法で今回のところは勘弁しといたりました。

 マレーシア国産ブランドではPensonicぐらいしかないのですが、自国で生産した家電製品の税金の減額により国内生産を保護する動きもあり輸入品の家電製品はマレーシアでは高く、iphoneなどはシンガポールで買ったほうが安かったりします。

 そんな感じでシンガポールに行かないといけない状況になりつつあります。携帯電話を郵送するだけなのにこれほど苦戦するとは思いもせず、アメリカのテロ防止法がいけないのかマレーシアの通関がいけないのか・・・というところでしょうか?

 このようにかなり高額の関税をかけているにもかかわらず、マレーシアでは日本からの輸入車などは珍しくもなく、不自然に大きな車のディラーもあり、正規の関税を払わずに大きくなったようなディラーもあったりします。ネパール人留学生の友達がいるのですが、ネパールでは官僚とのコネクションが重要らしく通常300%ぐらいの関税がかかる車を無税で輸入して暴利を得ている車屋があるとか?なんだかマレーシアでもありえそうな気がします。

 ほかにもOCSにも相談しましたが、日本では法人のみしかやっておらず、話を聞く限りではまた手続きが面倒くさそうでした。そもそも不具合のある携帯電話を売ったSonyEricssonに責任を取ってもらいたいところですが現実的には難しいと思われ、海外で保証の効かない商品こそはブランド力のある企業の商品を買うべきだと思いました。そもそもドコモやソフトバンクが携帯電話端末の販売を独占して修理の受付から何から何まで独占しているのが悪いようにも思えます。

 ノートパソコンですら海外でも保証が効くわけですし(ソニーや東芝)、海外でも使える携帯電話でしかも落としたり壊す可能性の高いものですので海外での保証も対応してもらいたいものです。落としたり水没させた携帯電話は保証の対象外だと思われますが、ノートパソコンの場合オプションでそういう場合でも保証の対象にできます。

 最後に余談ですが、マレーシアのpensonicについてなのですが、マレーシア人の話によるとPanasonicよりも先にPensonicのブランドを立ち上げたと聞いておりましたが、Wikipediaで見る限りではPanasonicから何度か訴訟されたみたいです。

 PanasonicとはPan(あらゆる)+ Sonic(音)が由来のようですが、PensonicはSonic of Penang(ペナンの音)という由来のようです。ペナン発の企業のようですが、あらゆる音ならまだしも「ペナンの音」ってなんじゃそりゃ?とほとんどの人が思うと思われます。それを考えるとPanasonicの子会社とか関連会社と思わせて売り上げを伸ばそうという思惑が強くマレーシア人が言っていたPanasonicよりも先にPensonicブランドを立ち上げたという意見は疑い深いです。

 Pensonicはもはや、高速道路のビルボードにもあるほどで多様の商品を生産しております。Panasonicのコピーブランドと認識する人も多くいると思われ、個人的には社名変更したほうがよくなるのでは?なんて思っております。

追記
Panasonicブランドは1965年からで、Pensonicブランドは1982年からのようです。(Wikipediaでの調べ)パナソニック・マレーシアのエアコン工場(PHAAM)は1972年に設立されており、マレーシア国内ですらPensonicの方が先にブランドを立ち上げたとは考えにくいです。

PHAAMの設立年月日が記載されているページ
http://phaam.panasonic.com.my/phaam/group.html


minaki について

Nice to meet you.
カテゴリー: 携帯端末 パーマリンク

携帯電話を日本からマレーシアに郵送するのはかなり困難・・・ への2件のフィードバック

  1. shimiy のコメント:

    こんにちは。
    検索ページから、やってきました。
    日本からマレーシアにiPhone3台を送る予定なのですが、文書を拝見すると関税がけっこうかかりそうですね。
    おいくらくらいになると思いますか?
    ちなみに1台定価、81,410円です。

  2. minaki のコメント:

    下記の2つのリンク参考にお願いします。

    ExpansysでXperia M4(携帯電話)買ったら税関に止められました。 – SIRIM編
    http://ceo-minaki.akihabarahills.com/2015/07/expansys%E3%81%A7xperia-m4%E6%90%BA%E5%B8%AF%E9%9B%BB%E8%A9%B1%E8%B2%B7%E3%81%A3%E3%81%9F%E3%82%89%E7%A8%8E%E9%96%A2%E3%81%AB%E6%AD%A2%E3%82%81%E3%82%89%E3%82%8C%E3%81%BE%E3%81%97%E3%81%9F%E3%80%82.html

    想定外の高い買い物になってしまったXperia M4 Dual..
    http://ceo-minaki.akihabarahills.com/2015/07/%E6%83%B3%E5%AE%9A%E5%A4%96%E3%81%AE%E9%AB%98%E3%81%84%E8%B2%B7%E3%81%84%E7%89%A9%E3%81%AB%E3%81%AA%E3%81%A3%E3%81%A6%E3%81%97%E3%81%BE%E3%81%A3%E3%81%9Fxperia-m4-dual.html

    まとめますと、最悪マレーシアの規格に対応したものなのか検査されその費用がRM106 + 消費税6%(4884円をリンギットに計算)x3台の税金が発生する可能性あります。そもそも受け取るまでが面倒でしたSIRIMは平日しか開いてないので有給取ってシャーラムまで行きました。

     ただし、それだけでは商品を受け取れず、そのSIRIMの書類をFEDEXに送信してやっと会社まで届けてくれたのですがそこで消費税6%請求された記憶あります。特にスマホはよほどの理由でもない限り郵送はお勧めできません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*