マレーシアから日本へ携帯電話を送る方法 Fedex

 なぜ?と思われると思われるかもしれませんが、マレーシアの郵便局POS MALAYSIA、OCSなどで携帯電話を日本に郵送することができません。DHLもおそらく無理だと思われます。

 理由は国際郵便物はどちらの企業も一般旅客機の空きスペースを借りて郵送するそうなのですが、テロ対策により携帯電話を運ぶのは無理のようです。また壊れやすくて高額なものであるのであまり運びたくないのかもしれません。

 Fedexに限っては独自の飛行機で郵送するため、携帯電話の郵送依頼を引き受けてくれました。今回は日本で購入したSO-01B(Xperia X10)の電源が切れる不具合により日本で無償修理を引き受けてもらえる可能性が高いので郵送したわけですが、マレーシアで修理した場合RM750なのですが、Fedexの郵送料はRM78.50でした。日本から親にマレーシアに郵送してもらえば更に2000円程度のお金がかかり郵送費だけで修理代の20%かかる計算になります。

 これで直ればいいのですが、マレーシアのPOSでは保険なしで送料はRM20未満でRM1000の保険を追加すればプラスRM35です。追跡サービスはRM5程度なのですが、何度かそのサービス追加しましたが、インターネット上で荷物がどこにあるのか確認できませんでした。荷物を郵送してから2日後に出てくるらしく、はっきり言って役に立ちません。荷物もなくなる可能性高いと思ったほうがいいと思います。

 その点Fedexでは荷物を発送してからすぐにインターネット上で確認でき、用意した箱に更にFedex専用の箱に入れてもらい、保険は込みで値段は倍程度しますが、安心して荷物の郵送をお願いできるのでFedexを好んで利用される方もマレーシアでは多いかもしれません。

 それにしても500gでRM80ですので、20回で合計10kgのものを送ればRM1600で日本に帰れるぐらいの金額であり相当儲かっているのでは?と思いました。

Federal Express Services (M) Sdn Bhd

17 Jalan TSB 8 Taman Industri Sungai Buloh
47000 Kota Damansara Selangor Darul Ehsan
Tel: 03-6145-1818

追記
日本からも同様にFeDexでのみマレーシアへ郵送できるようです。


大きな地図で見る

IMG_20110513_170715.jpg

Fedex Malaysiaのページから12桁のトラッキング番号を入力すると荷物の場所がわかります。
fedex2.JPG


minaki について

Nice to meet you.
カテゴリー: マレーシア パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*