PSP-2000 FW6.20からFW5.03へ。これで動作安定しました。

 もともと、FW5.51のファームウェアでなにもできず2年ほど塩漬けになっていたPSP-2000の対策基盤のものだったのですが、先日、FW-5-51からFW-6.20にしたという記事を書いたのですが、実は今現在でFW6.20向けのパッチはかなり動作が不安定で、FW.5.03だと多くのプラグインなど公開されているので、FW5.03にしていろいろやってみた結果動作が安定したのでこれで終わりにしようと思っております。

 動作が確認できたのはPSP向けのソフトをisoファイルで動作、または、SNES(スーパーファミコン)のゲームをやや安定してできるようになりました。ただしマリオカートなどのソフトについては動作が遅くなりSuper Formation Succerなども微妙に遅くて完全ではありませんが、問題なく起動するゲームもたくさんあるという状況です。

用意するもの
newpsardump-630.zip
PSP_500_FW_UPDATE.RAR
PSP_503_FW_UPDATE.RAR

1、でまずは、newpsardump-630.zipを解凍してできた「new_psardumper」フォルダをPSP/GAME/のフォルダに置く。

2、FW5.00のアップデートファイルをルート(どのフォルダにも入れないでそのままコピー)に置く。

3、PSPを操作してゲーム→メモリーステックからnew_psardumperを起動。

4、FOというフォルダーができ、その中の、F0/vsh/etc/ にある version.txt をルートのseplugins/ に配置する。なければ「seplugins」というフォルダを作ってください。(この作業の際にFW5.00をルートディレクトリーに置いていないとできません。重要です。)

5、FW5.03のアップデートファイル(EBOOT.PBP)をPSP/GAME/UPDATEに保存。(フォルダにはいれないでください。)

6、ゲーム→メモリーステックから5.03を起動(インストール完了)

とりあえずはFW5.03への書き換えはここまでです。

それから肝心のISOファイルを起動させるツールなのですが、
503kxploit_V7.rar
が一番安定して動くことが確認できました。

1、503kxploit_V7.rarをダウンロード後解凍して、EBOOT.PBPというファイルがでてくるので503kxploit_V7という名前のフォルダを作り(名前はなんでもいい)EBOOT.PBPをそのフォルダに入れる。

2、今作成した503kxploit_V7というフォルダをPSP/GAMEのフォルダに保存する。

3、ゲーム→メモリーステックから503 kxploitを起動。その後システムソフトウェアが 5.03 GEN-A(Full)となっていたら成功。他の説明ではGEN-Cとなるはずなのですが・・・

4、これから苦戦したことなのですが、このままではISOファイルは立ち上がりませんでした。起動するためにはselectボタンを押して、UMD ISO MODEを「sony NP9660」に設定してください。「M33 driver」でも動作は確認できております。これでisoフォルダをルートディレクトリに置いて起動したいisoファイルをisoフォルダに保存すればゲーム→メモリーステックを選んで上下にカーソルを動かせばゲームが出てきます。

尚、前回ギレンの野望でデザートザクが出てくると画面がフリーズするバグがあったのですが、megauploadからダウンロードしたものは起動しませんでしたが他のサイトからのROMであればフリーズはなくなりました。

またスーパーファミコン(SNES)のエミュレータでいまのところ安定しているものは
s9xTYLslimmecm_test.zip

で、解凍したフォルダ「s9xTYLslimmecm_test」をPSP/GAME/のフォルダに入れて同じくPSP/GAME/フォルダにSNESというフォルダを作成し、その中に拡張子smcのゲームファイル保存すればゲームを選択できるようになります。

これでしばらくは、改造するものなくなったかな・・・


minaki について

Nice to meet you.
カテゴリー: Play Station Portable パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*