マレーシアはダブルパーキングの嵐・・・

 日本にお住まいの方はダブルパーキングと言われても何のことだか分からないと思いますが、ダブルパーキングとは、指定の駐車エリアの外に車を停め、指定の駐車エリアに停めた車がブロックされる行為のことを言います。

 マレーシアには十分駐車場はあるのですが、それを上回るぐらい車の数が多く、事実上、車を停めるところが不足しております。有料駐車場であれば比較的日本よりも空いておりますが、場所や時間帯によっては有料駐車場ですら停めることが困難で30分探しても見つからず買い物を諦めたこともあります。

 そこで発生するのがダブルパーキングという技です。最低車が通れるスペースを残し、駐車場に停めている車にベタ付けして停めて、車に電話番号などを残して電話がかかってきたら車をどかしてそのスペースに停める技です。マレーシアのラジオでも散々ダブルパーキングは止めましょうという放送をしておりますが、収まる気配はありません。

 マレーシアではおそらく国民一人当たりの車の所有率が日本よりも高いぐらいで20歳以上で車を保有している比率は50%を超えてると思われます。車以外であれば、バイクや誰かにお願いして送り迎いしてもらうなどで、電車、バスはかなり不便のようです。

 お金がなくてもリーマンショックの時ですら、RM1500(約5万円)以上の所得があれば頭金ゼロでダイハツのミラ程度の車を買うことができます。おそらく今では銀行の審査も甘くなっているので、RM1000程度の所得があればフルローンで車を買うことができると思われます。

 マレーシアは所得が低い国なのですが、なぜか私にも手が出ないような車が沢山走っております。日本よりもBMW,ベンツなどはよく見かけるほどで、どこからそんなお金が・・・と思います。おそらく日系企業で働くローカル社員の給料が安いだけなのか?と考えさせられます。

 きっと私なんかよりもよほど金持ちのマレーシア人は星の数ほどいると思われますが、多くはただ金持ちになっただけでマナーや教育には欠けた人が多い印象を受けます。そのひとつがダブルパーキングで、他にも車を汚したくない理由でタバコやゴミを外に捨てる人などめずらしくなく、むしろなぜ灰皿を使ってるの?と質問されたほどです。ゴミをすてるのは高級車も同様で、フェラーリからお菓子の袋が・・・なんてこともあり、車が散乱している道路を見ると高級車もガラクタに見えます。

 日本であれば、電車でヘッドフォンから音が漏れるほどで喧嘩になるなんていうこともあるらしく、悪く言えば短気で、細かすぎることをマナー違反と指摘するのもどうかと思いますが、マレーシアでは、よく言えば全体的に心が寛大で細かいことでは怒らず、ダブルパーキングで喧嘩になっているところを今まで見たことがありません。日本以上におそらく喧嘩するにはリスクがあり、例えば中華系、マレー系が喧嘩した場合もブミプトラ政策からマレー系に軍配があがるようで、勝ち目はなく、さらには拳銃など凶器を持っている比率が高いのも理由なのかもしれません。

 下記の写真はDamansara Perdanaなのですが、ダブルパーキングによってブロックされた人が、フォンを鳴らすなんてこともしばしば。うるさいとは思いますが、全員事情は知っているので誰もうるさいと文句言うこともなく、フォンを鳴らしている人よりもダブルパーキングしている人に怒りを覚えるのは私だけなのでしょうか・・・

これ道路の真ん中です。かなり迷惑です。
2011-04-16 22.44.06.jpg

手前のシルバーの車が出ないと奥の車が出れません。
隣の黒の車のように奥まで詰めて停めないのが正解だと思います。
2011-04-16 22.44.34.jpg

こんな光景はどこでもです。
2011-04-16 22.44.55.jpg
前回もDouble Parkingについて書いたブログが他のサイトにも転載。
写真盗用されてますが許します!!
http://schroddycat.blogspot.com/2011/02/dp-double-parking-this-is-fucking.html

上記の写真を使った過去のブログ
http://ceo-minaki.akihabarahills.com/2009/04/post-217.html

英語でも書いています。
http://jalan-minaki.cyberciti.us/?p=18


minaki について

Nice to meet you.
カテゴリー: これが経済が発展しない理由, 自動車, マレーシア パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*