いにしえのKancilのどこがいにしえなのか?

 マレーシアではダイハツのミラがPeroduaというメーカーでKancilという名前で市場に出回っております。個人的にも自分のマイカーとして価格も一番安いのですが、性能も人生の中で最悪の車であると思っております。

では、どこが最悪なのか・・

※水が入っているのにウォッシャー液がでない。
※バッテリーの接触が悪くバッテリーを動かさないとエンジンがかからない場合がある。
※リモコンでドアを開けても開かない。助手席から回り込んで乗ることも・・
※ヘッドライトつけたままでサイレンが鳴らない。これで何度かバッテリーあげました。
※サイドミラーの調節が手動であわすのに苦労する。
※バックミラーが車の振動で位置が頻繁に変わる。
※カーオーディオがボタン操作が不安定。早送りなど不可。
※エンジンが坂道で不安定に。点火プラグが数本消えたような感じに。
※シガライターで携帯の充電、ワイパー、ヘッドライドをつけた状態で渋滞にはまるとバッテリーがなくなる。
※重ステなので地下5Fの駐車場に車を駐車するのにハンドル操作が大変。
※長時間走行していると車内が暑くなる。
※ドアを閉めるとガラスが割れた。
※熱を持つのでボンネット(フード)を半開きで走行していると風で開いた。

 とこんな感じです。もちろんこの中に修理をすれば解決するものもありますが、いくら中古車とはいえ問題が多すぎます。熱を持つからボンネットを半開き、ヘッドライトのアラームがならないからバッテリーがあがったなど自分の不注意のレベルですが、今まで乗っていた車でそのようなことはなかったので、車のせいにもしたくなります。

 日本では初期のプリウスを50万円で買いましたが、これらの問題は一切なく、消耗品の交換ぐらいで済みました。早くお金を稼いで、とりあえずはこれらの問題が発生しない車に乗り換えたいと思います。 

いにしえのKancil
DSC_0348.jpg

いにしえのCDプレーヤーです。
DSC_0350.jpg


minaki について

Nice to meet you.
カテゴリー: 自動車 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*