避難所での3000万円配布 「不公平」の声に自治体困惑

提供:J-CASTニュース

宮城県石巻市などの避難所で、西日本出身と称する男性たちが総額で3000万円以上を配って歩き、話題になっている。市は「トラブルの原因になる」と困惑しているが、どうなのか。

「被災者がその場にいたりいなかったりしてトラブルの原因になりますので、『義援金としてお願いします』とお断りしました。しかし、避難所8か所のうち、6か所ではそのまま体育館などに入ってお金を配られたと聞いています」

石巻市には「不公平だ」と苦情

石巻市災害対策本部の連絡室担当者は、取材に対し、困惑した様子で話す。

その説明によると、男性2人ずつが2011年4月20~22日にかけて避難所を回り、市職員らに「早くお金がほしいと困っている人がいると聞いて」とその趣旨を説明した。身なりはきちんとしていたといい、配った避難所内では、1世帯に1つ3万円入り茶封筒を置いていった。中には、1つの避難所で、200万円、500万円に上るところもあった。男性たちは、名乗らなかったものの、身分を「西日本有志の会」「西日本小売業協会」と明かした。

避難所以外では、同市の牡鹿・河南総合支所にも2人ずつ現れた。そして、牡鹿では、世帯数分の約170通、計約500万円を「配って下さい」と言って窓口に置いていった。河南でも、数百万円分あったという。避難所も含め、総額で3000万円ほどにも上る計算になる。

一方、現金配布を聞いた市民からは、市に苦情が5、6件寄せられた。「なぜ避難所の人だけなのか。親戚などに身を寄せている人もいるのに、不公平だ」といった内容だったという。市の連絡室担当者も、「義援金なら、被害の程度によって公平に配れます。トラブルが起きないか対応に苦慮しているんですよ」と明かす。

これに対し、ネット上では、現金配布が「不公平」という考えに疑問を呈する向きも多い。
市が預かった現金は専門家と協議して対処決める

2 ちゃんねるの書き込みをみると、「混乱を招くだけ」「他の避難所にいたから貰えなかったでは気の毒だよ」と否定的な見方もある。しかし、現金配布は不公平との考えについて、「自分たちの所に来なかった有名人ボランティアに対しても不公平だとか思ってるのかな」「ただ運が無かっただけだろ?」と異論が相次いでいる。

また、現金配布についても、「義援金が迅速に配られないからこんなのも出てくるんじゃないか」「現地に届けるならこれが一番確実だな」と共感する声も多いようだ。

石巻市災害対策本部の連絡室では、現金配布について、別の不安も指摘する。

「ほかの自治体では、支援センターにリンゴがいっぱい届いて、ボランティアだと思ったところ、500万円の請求が来たという話も聞いています。今回の現金配布も、本当に篤志の心からなら、ありがたいことです。しかし、後から、『一時貸しただけだから、利子を付けて返せ』というようなことにならなければいいのですが…」

男性たちの人物像やどんなお金かが分からないところが怖いという。市が預かった現金は、義援金として処理するか、そのまま保留にするかなどを法律の専門家と協議して対処を決めたいとしている。

なお、一部報道によると、同じ宮城県では、南三陸町に2011年4月22日、男性5~6人が現れ、町の災害対策本部に約1000万円分を置いていったという。女川町でも23日に男性たちが現れたという情報もある。

ここまで・・・

ceo-minakiからのコメント
 日本にこういう人がたくさんいるということはとてもすばらしいことだと思います。もともと不景気だった日本でこのようにお金を配れるゆとりがある心を持っている人がいることに感動しました。また役所の人間は不平等などと言いますが、この団体は避難所で待機しかできない行き場のない人限定で現金を渡したいということであればそれでいいのではないでしょうか?もともと被災者も平等に災害を受けたわけではなく、家が一部破損、半壊、全壊など、家族の一人や自分を除いて犠牲になったという人までさまざまでしょう。そこで平等を求めるのであれば個人レベルで支援が何もできなくなります。

 このような支援をしたいひとを例え避難所全員に平等に行き渡らなくても受け入れるべきで物資を受け取った人から順番に元の生活に近づいていけばいいことだと思います。また、リンゴの後から500万円の請求など払わなければいいだけです。この活動も、とても後から利息がついて返ってくると考えているとは思えず、素直に受け取って被災者は一日でも復興して納税者として恩返しをしてほしいと思います。

 それよりも東京電力の役員報酬を全額義援金にするべきですね。電力会社を倒産させるわけには行かないと思いますが、相当な公的資金を吸い上げる見込みなのは事実ですので、まずは、公的資金を完済するまでは、日本国民の平均年収以下で生活するのが妥当だと思います。 


minaki について

Nice to meet you.
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

避難所での3000万円配布 「不公平」の声に自治体困惑 への2件のフィードバック

  1. 7代目 のコメント:

    まぁ、義援金詐欺もあるしね。
    赤十字に送っても、被災者の手元に届くのは1ヵ月後になるし、金なら貰って困らないしいいんじゃないの。
    それにしても、J-CASTとは・・・。

  2. CEO-MINAKI のコメント:

    まあ、被災者以下の生活しているホームレスとかも残念ながら日本にはたくさんいるからね。もともと金がない人からすれば被災者をうらやましく思だろうし、これを機会に金儲けと考える人がいて当然かもしれない。被災者以上に自殺者が多い日本の現状なのかもね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*