マレーシアでAndroid携帯にナビゲーションソフトをインストールしました。

 前回、取引先のところに行った後に空港に向かおうとして道に迷いタイ行きの飛行機に乗り遅れたのを教訓に携帯電話にナビゲーションソフトをインストールしました。

 携帯電話はGoogleのandroid OS ver.1.6搭載のDOCOMOの携帯電話のUNLOCK化したht-03aでマレーシアのナビのインストールに成功したのは、

Ndrive 9.2.15RC3 (無料でインストールする方法あります。)
PaPaGO! X5.1
Ndrive 10.1.15 (お試し期間後有料です。)

でした。

 Ndrive 9.2.15RC3は登録されている場所も少なく、なかなかGPSに反応しないという現象があり何回かソフトを最初から起動するとGPSが反応するという現象が起こります。

 PaPaGO! X5.1は起動時に毎回trialをクリックすれば起動しますがいつ無料期間が終わるのかは不明です。また、お金を払おうとしても中国語のサイトが出てきてどうやって払えばいいのか不明です。今のところはこのソフトをメインに使っています。

 どちらのナビにも共通しておりますが、現在の車の走行速度がでてきたり、目的地までの距離などどこで曲がればいいのかわかりやすく表示しているのですが、昼間にはマレーシアの空気が悪いのか?GSPのユーザーが多すぎるのかは不明ですがよくフリーズします。また、橋の下などを通った場合もGPSがどこを走っているのか認識しません。

 初期にインストールするのに時間はかかりますが、インターネットに接続しなくても使えシンガポールに行ったときなどには電話回線を毎回契約しなくてもナビは使えます。

 ちなみにDocomoのht-03aと同じ機種のhtc magicがRM1000(現在のebayでの価格を確認する。)程度でebayで取引されており、それを手に入れれば日本語もダウンロードできますしナビゲーションも使えますしお得だと思います。

カーナビ画面(Ndrive 9.2.15RC3です。)
Image117a.jpg
 


minaki について

Nice to meet you.

カテゴリー: コンピュータ, アンドロイド, マレーシア パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*