極秘でタイに・・一部に言ってしまいましたが・・

 今、最も行ってはいけない国の一つタイにマレーシアが3連休だったので行って来ました。外務省も警告しているほどで、もし自分の友達がタイに行くなんていったらなに考えているのだ?ときっと思っていたので極秘で行きました。でもこのブログを読んだ人には当然ばれてますが・・・・

 きっかけは韓国の友達がタイに遊びに来るということで誘われたのですが、ちょうどマレーシアも連休だったことで行くことにしました。また、航空券も安くクアラルンプールからバンコクまでRM700(約2万円)で往復の航空券を買いました。

 最初の予定では、木曜日の夜20:50発の飛行機で出発し、日曜日の20:20の便で帰国する予定だったのですが、木曜日の仕事帰りに取引先に寄ってから空港に向かったのですが、道に迷ってしまいしかも18:30ぐらいだったので渋滞がすごく飛行機に乗り遅れました。

 到着したのは出発10分前の20:40でゲートには入れさせてもらえませんでした。結局飛行機のチケットの変更はできず、別に航空券をRM360で購入し8:25発の飛行機でタイに向かうことになりました。空港には飛行機が遅れてるという期待もしながら向かったのですが、飛行機に乗り遅れたとわかった瞬間になんだか心がリラックスできたような気分になり、乗り遅れたときの解決方法がわかってよかったと思ってます。タイ行きに限っては便数も多く出ており運賃も安いので乗り遅れても12時間到着が遅れた程度でたいしたことありません!

 更に、3連休だったにもかかわらず、タイに向かう人はほとんどおらず、飛行機はほぼガラガラでした。

 タイのスワンナプーム国際空港に到着してからは、友達が空港まで来てくれてバス乗り場を案内してもらい、そのままPattaya(パタヤ)まで直行で行きました。

 着いてからは疲れてたのですが、せっかく来たので無理をしていろいろ町を見ました。結局食べたものはここ壱番屋のカレー、8番ラーメン、モスバーガーなどを食べタイの料理を食べることはありませんでした。

 海を一面に見渡せるホテルに泊まり、プールで泳ぎました。ホテルの前にはいかにも男と思われるオカマが多数歩いており、ベランダから見えたのですが、朝から晩までずっと同じところに座っており、オカマビジネスも大変なんだなと思いました。

 バンコクだけに限らずこのパタヤも性産業中心の経済という感じがしました。観光客としてはインド人、中国人、韓国人が目立ちあまり日本人と思われる人がいないような印象がありました。

 ホテルもラスベガスのべラージオのようなところもあり、観光で行くのであれば高級ホテルに泊まるのがお勧めだと思います。

 普段の仕事の疲れがたまってたのかほとんどの時間寝てしまいいつのまにか3日が過ぎましたが、飛行機に乗り遅れるなどいろんな思い出の残る旅行でした。

 結果、タバコぐらいしか買いませんでしたが、週末休みでも十分海外旅行が満喫できるということもわかり、また機会があれば生きたいと思います。


minaki について

Nice to meet you.
カテゴリー: 海外, マレーシア パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*