マレーシアで日本の浄水器を使用。かなり水の質改善したかも?

 お米が悪いのか水が悪いのか、なぜかマレーシアではおいしいお米を炊くことができません。しかし、なぜ日本食レストランのご飯はおいしいのか?いろいろ探っていくうちに水に原因がある可能性が強まり、水の質を改善に最近は投資しました。

 今回、日本に帰って持ってきたのがNational(パナソニック)のPJ-A36というモデルの浄水器です。マレーシアでも同じモデルの浄水器が売っていたので240V対応していると思ったのですが、残念ながら100Vしか対応しておらず、変圧器も買ってマレーシアで使ってみました。

 昨日はマレーシアにエセ日本米のSUMOというブランドのお米を食べてみましたがややまずく、浄水器効果なかったかと思われましたが、今日は世界でも流通してる錦というお米を炊いてみたらまずまずの味に仕上がり、変な匂いがついてませんでした。

 他にも麦茶を作ってもおいしく感じられ、韓国の辛ラーメンなどよく食べますがそれも味の向上に期待しております。

 マレーシアの水は沸騰させるだけでは十分ではないようで、なんだか金属のようなものが微妙に残っているのか長い間水につけておくとやや黄色くなります。

 私個人の感想としては、マレーシアで売られているミネラルウォーターよりも日本の水道水の方がおいしいという印象があり、健康を考慮するには難しい環境の中でこの浄水器は値段からすれば価値のある買い物だったと思います。

 気になるお値段のほうなのですが、ヤフオクで金利、送料込みでなんと4000円!

最近購入した浄水器 PJ-A36
DSC08804.JPG

従来の浄水器 (フィルター換えたらよくなりましたが・・・)
DSC08805.JPG


minaki について

Nice to meet you.
カテゴリー: 便利, 健康・ダイエット, マレーシア タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*