中華系の多くは交渉はヘタクソ、信頼をなくすことをよく言います・・・

 最近、私が愛用していたマレーシアの国産車、プロトンのペルダナ(パダナ)がオーバーヒートし、エンジンを取り替えました。

 その作業に1週間程度費やし、エンジンの調子はよくなったのですが、トランスミッションがおかしくなりました。60kmぐらいで走ると、エンジン回転数が不安定で2000回転だったり、6000回転だったりします。

 それは先週の金曜日からわかっており、月曜日(今日)また修理するという話だったのですが、本日、車を渡して出かけるときに様子を見に行くと、もう直っていると言ってきました。

 トランスミッションも直したのか?と聞くと直してないけどそれでも走るという話になり「直ってないじゃないか!」というと、とりあえず修理したのでサインしてくれという話になりました。普通に考えたら誰がサインする?と思わせる交渉です。

 最終的にエンジン交換で、1週間かけて修理してくれたのに請求額はたったRM2400(約7万円)で、申し訳ないけど一生懸命やった結果トランスミッションがおかしくなってしまったといえば、許したものをトランスミッションがおかしいのに直ったと言ってきて60kmで6000回転でも走ると言ってきた言い訳に信頼を損ないました。その上サインしてくれとはとても信じられません。

 今までの中華系との取引でも謝るべきところを言い訳をしてくる人が数多くいました。謝るべきところで謝れない人は人間として最低だと思い、今度取引をしたくないと思いました。言ってみればただ交渉がヘタクソなだけで、1週間も頑張って直そうとしてくれたのに損する性格で非常にもったいない発言だと思いました。

修理中の車。走行距離30万kmでもマレーシアでは100万円程度で売れるそうです。
Proton_Perdana.jpg


minaki について

Nice to meet you.
カテゴリー: これが経済が発展しない理由, マレーシア パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*