インドのお祭りタイプーサムをBatu Cavesで見に行きました。

 2月8日の昼ごろ、マレーシアのBatu Cavesでインドのお祭りのタイプーサムに同じコンドミニアムに住んでいる日本人とその彼氏と3人で行ってきました。

 会社の同僚からは混んでるので行かないほうがいいというアドバイスをいただきましたが、実際行ってみるとDamansara Perdanaから向かって行ったのですが渋滞に20分ぐらいはまった程度で高速道路にもみんな路駐しており、私もまぎれて高速道路に路駐し奇跡的にBatu Cavesまで徒歩1分というところに停める事ができました。

 周りの人を見るとほとんどがインド系で日本人らしいひと、ヨーロッパの人などは全体の3%程度だったように見えました。

 中に入ってみるとたくさんの人がおり、露店がたくさん並んでいました。路駐も気になりとりあえず100段ぐらいありそうな階段を登るときに男性が一人ケイレンしながら倒れていました。原因は後からわかったのですが、体中刺して重たいみこしのような物と一緒に階段を登ろうとして倒れたものだと考えられます。

 タイプーサムはヒンズー教のお祭りなのですが、その本場インドではタイプーサムを禁止しており、マレーシアのみでやっているそうです。とりあえず見に行った私の感想は、あんな危険なことをするのであればやめればいいのに・・・と思いました。体中に刺した釘のようなもので固定して重たいものを運ぶわけですから相当危ないお祭りです。また、人がケイレンしているのを見たときはやばいお祭り・・・ホラー映画が好きな人なら見に行く価値はあるかも・・・と思うお祭りでした。

 結局階段を上まで登り体力が尽きてしばらく休んでそれから降りて車に戻りました。階段を下りるときに変な想像をしたのですが、もし誰か一人倒れて将棋倒しになったら死ぬと考えさせられるほど人が同時に階段を下りていました。また日本人と違って前の人と距離を開けないで歩く人が目立ちました。

 とりあえず一度行ったのでもう行かなくてもいいや!と私は思っています。やっぱり人が多すぎるところは私は苦手ですね・・・

Batu Cavesに入ったらこんな感じ
DSC02012.JPG

痛そう・・・もっと体大事にしたほうが・・・
DSC02101.JPG

体中針で刺しています。
DSC02043.JPG


minaki について

Nice to meet you.
カテゴリー: 海外, 日記, マレーシア パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*