イギリス人と夜のシンガポールをブラブラ・・・

 今日は電話での面接が一件入っていただけで特に忙しくはありませんでした。そんな中、ドミトリーの部屋のイギリス人がどっか一緒に遊びに行こうぜって誘ってくれ、女の子がいるようなバーに行きたいという話になり、シンガポールでも有名なオーチャードタワーに行ってきました。

 ところが、その人はあまりそういったところに興味がないらしく、売春のようなバーではなく普通に落ち着けるようなバーに行きたいということになり、アイリッシュバーに行ってきました。

 ところが、そのバーはヨーロッパ人の男性ばかりで、しかもコーラとビールを注文して20ドルとられました。とりあえず、オーチャード駅付近から離れてドビゴット駅周辺のバーに行き、一件は普通のバーでビールも安かったのですが、お客さんは中華系の男性ばかりで面白くないというはなしになり、その隣の仙子というキャバクラのようなところに行きました。ところが、女性と一緒にお酒を飲むためには30ドル払わないといけないらしく、店員のウエイトレスと話が盛り上がって40分程度すごしました。かわいい女性もたくさんいたのですが、30ドル払うのはもったいないという話になり、また、キャバ嬢と思われる方も一切目線を合わせようとしない状態でした。

 それから、現在宿泊しているホテルの近くのフードコートでご飯を食べ、帰宅しました。最後にそのイギリス人とチベット問題について話をしたのですが、彼の意見では、チベット問題よりもイラク戦争の方が問題だという話になり、中国の巨大な経済力を懸念するために突き落とそうとしているメディアの姿勢が間違えているという話になりました。

 また、ベジタリアンは健康に悪い、ニュージーランドで3ヶ月ワイナリーで働いていてその期間車で生活していた話など、興味深い内容の話をたくさん聞くことができ、改めて旅行者の会話は面白いという認識を持ちました。


minaki について

Nice to meet you.
カテゴリー: 海外, 日記, シンガポール パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*