失敗だらけの一日・・・めずらしい失敗も・・・

 今日は踏んだりけったりでした。失敗だらけの一日でかつてオーストラリアで留学していたときに書いたFIASOよりもひどい一日でした。FIASOとは英語で大失敗という意味です。

 まず、シンガポールで一件面接に行ったのですが、今までにありえないぐらい難しい質問の連発・・・企業向けのソフトを開発している会社から5年後はどうしたい?と聞かれても業務がわからないので答えようがない・・・という感じでした。また、日本人も面接に出てきて、TOEICのスコアが低かったので学校に行きなおしたほうがいいのでは・・など日本語が話せない外国人の英語で面接を受けたときは多くは「よく英語が話せますね?」といっていただけることが多く、どうやら私には外国人面接官の方が向いているようです。

 すでにマレーシアの複数の企業からいい回答が期待でき、すべて好条件ですので、最後給料の話になったときは、高額な給料を設定して終わりました。おそらく不採用・・・

 あとからホテルに戻って五年後はどうしたいのか?という話をしたのですが、レセプションの人がかつて受けた面接でも同じことを聞かれたらしく、その質問をした面接官が10日後には辞めていたそうです。

 また、本日マレーシア企業に決断をすると約束した日だったのですが、実は面接後に企業と連絡することを人材会社から禁止されており、それを知らずに連絡し、本命企業に悪い印象を与えてしまったようです。

 次に、人生でもこんな失敗初めてだったのですが、部屋に戻ると欧米系の男性がいたので声をかけると、相手が話す前に口が震えてたので思わす笑ってしまったのですが、実は言語障害と思われる人で、「なぜ笑ってるんだ!」と怒られてしまいました。まじ怖かったですね・・・これぞまさに人生初の失敗でした。

 最後に、「秋葉原ヒルズ」という商標を最近取得した方がおり、このドメインと「秋葉原ヒルズ」という文章を一切使うなというメールをいただきました。私からすれば、お金を払って取得したドメインで商標を取った方が事前に「秋葉原ヒルズ」というサイトが存在していることぐらいは確認している可能性が高いと考えられ、正直、ドメインの乗っ取りのようにしか思えません。また、秋葉原ヒルズドットコムとした場合も相手の方は納得してもらえず、その方向について勉強していかなければいけない手間ができました。

 相手側の主張が認められた場合、日本企業すべてが商標登録しているわけでもなく、登録してない会社の商標を取得して売るビジネスが成り立つというような印象をもち、現段階ではどこが私が悪いのか理解に苦しみます。


minaki について

Nice to meet you.
カテゴリー: 海外, 日記, シンガポール パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*