シンガポールに到着しました。(来星)

 昨年の11月以来再びシンガポールに到着しました。大学に進学したのもまさにシンガポールで就職をするためで、海外に渡航するにあたって、今までの中で一番、憂鬱な気分で日本を出国しました。それは、日本での企業の内定を断念してまで、シンガポール、マレーシアで仕事を探しにきたので、見つけなければならないという大きなプレッシャーが頭から消えなかったことが考えられ、自分自身は、決してどこの企業も欲しがるような優秀な人材でないことも把握しているため一層、東南アジアでやっていけるのかという大きな不安があったからだと思われます。

 タイトルの来星とはシンガポールに渡航するという意味だそうです。シンガポールを漢字で新嘉坡と書き、星嘉坡でも中国語では発音が同じようで、おそらく星みたいに小さな国だから星なのかもしれませんね?

 シンガポールは相変わらず、夜中でも日本の日中よりも暑いぐらいで、どこでもエアコンが効いているような状態です。夜中だったために友達も迎えに来てくれず、一人でタクシーに乗ってBUGISにある7th storey Hotelにチェックインしました。

 部屋はドミトリーですでに寝ている人がおり、今日の面談も夕方からなので朝までおきてしまいました。これからpowerpointも作成しなければならず、今回はもはや、観光気分ではありません。

 ところで、前回の904SHのSIMLOCK解除の件も実際成功し、現在ではStarHUBというシンガポールのキャリアーを日本のソフトバンクの904SHで使っています。また、日本で使っていた携帯電話のSIMカードも812SHに刺し、電話はとりあえず、つながるのですが、私が高額な通話料を負担しなければならなく、電話していただいた人には電話は取れないですけど、後でかけ直すという対応をいたします。

 また、812SHである機能なのですが、パケット通信料定額の動きが日本で進んでいるため、ライブモニター機能という最初の携帯電話の画面にニュースが定期的に出てくる機能なのですが、それをオンにして海外で放置しておくと、自動的に更新して新しいニュースを表示するため、1回の接続が100円ですので巨額な請求がきますので、海外に携帯電話を持っていかれる方はくれぐれもオフにすることを忘れないでください。私の場合は、オフにするやり方がわからなかったので、携帯電話を初期化しました。もちろん電話帳も消えますのでmicroSDカードにデータを保存することも忘れないでください。

 最後に連絡先も報告しておきます。

+65 81340175 です。
最初の65はシンガポールの国番号になります。

また、携帯電話の電話帳のメールアドレスに『+6581340175』  ←『』は入力しなくていいです。
と入力してそれを送信すると私の携帯電話に届きますが、
ソフトバンクの場合、1通100円かかるようです。

DSC00282.JPG


minaki について

Nice to meet you.
カテゴリー: 海外, 日記, シンガポール パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*