第19年度敬愛大学卒業式 – 無事に卒業できました。

 2008年3月23日(日)、千葉市稲毛区の経済学部のキャンパスにて、敬愛大学の卒業式が行われました。大学では単位が十分足りてあまり出席していなかった人たちも、さすがにこの日はほとんど出席され、久しぶりに会えた人たちもたくさんいました。

 これを最後にもう一生会わない人もおそらくたくさんいたのかと思います。特に大学では留学生が多く、母国に帰る人も多くいると思われるからです。高校の卒業式では泣いている人もたくさんいたような感じもしましたが、そのような人はそれほど目立たず、卒業式の間に外に出てみると実は、卒業生が何人かいたり、昨年度の卒業生や3年生の方々も数多くご来場されておりにぎやかな卒業式になりました。しかしながら、入学当初220名程度いたはずの学生が終わってみれば150名程度になっており、振り返ればやめていった人もたくさんいたな?今日あのひといなかったけど卒業できてるのかな?など考えさせられる部分もありました。あと、卒業式はあまりにも「起立!、礼」が多すぎたような印象があります。

 その後、ゼミごとにわかれ卒業証書を受け取り、最後に記念写真を撮って解散し、卒業記念パーティがあったのですが、私のゼミからは先生をはじめ、ほとんどが帰宅したのですが、私は卒業記念パーティにも出席しました。

 会場は幕張のホテルニューオータニでおこなわれたのですが、留学生組はほとんど帰ってしまい、ほぼ日本人のみでのパーティになり少し残念でした。ほかの大学の話も聞いてもそうなのですが、日本はやはり外国人と共存できない社会なんだな・・・と改めて感じました。

 卒業パーティも終わり今度こそ本当に大学として集まることがなくなり、社会に出たんだなと実感しました。人によっていろいろな感想があったかと思うのですが、私の場合は現在内定を保留している状態で、今後就職活動をしないといけないなど、決して明るい未来が手元にあるわけでもないので、就職活動を真剣にもっとやらなければということが頭いっぱいになり、またわからないことを身近に聞くことができた先生たちとも気軽に会えなくなってしまったことが、事実上、大きな人脈を損失したような気分にもなりました。

 社会でると、楽しいことよりも辛いことのほうが多いという卒業式での挨拶をしている先生もおられました。まさにその通りかもしれません。その辛いことになるべくあたらないように今後大きく努力をしていこうと思います。4年間は終わってみれば短いものだったのですが、振り返ればいろんなことをしました。やり残したこともたくさんありました。大学入学当初の計画通り、今後大学卒業の学位を最大限に生かして、社会で生きていけたらと思っています。

卒業式の雰囲気
DSC00215.JPG

卒業証書をもらった場所
DSC00228.JPG


minaki について

Nice to meet you.
カテゴリー: 大学生活, 日記 パーマリンク

第19年度敬愛大学卒業式 – 無事に卒業できました。 への2件のフィードバック

  1. eric のコメント:

    貴様の分際で卒業か
    0.13世紀はえんだよ

  2. CEO-MINAKI のコメント:

    130年早い?意味わからん・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*