感じるマンゴー

 コンビニでやばいアイテムを見つけてしまいました。その名も「感じるマンゴー」です!アサヒ飲料のホームページを見てみますと、バヤリースというブランドで「感じるりんご」もあり、下ネタでないことをアピール!しかしもしテレビのコマーシャルがあったとすれば大体どのようなCMになるのか予想が付きます。

 ところで、マン○という言葉、どうしてカタカナなのか調べてみたのですが、実は中国からの外来語で、古代の中国語では、陰門処(ウムンコ)といい、「陰門」は密やかな入り口、「処」は場所という意味で、それが日本に伝わり、「オマン○」に転訛したという説、また、万の子を授かる(万子)、女性は生涯1万回のセックスをして、1万回の幸せを男性に与えることができるという(万幸)などという語源があるという説もあり、実は奥の深い言葉のようです。

 大阪では、男と女が行って子が生まれることより男女子(おめこ)といい、地方によっていろいろな言い方があり、女性器とストレートに言えなかった日本人の過去の人間像が想像できますが実は英語でもたくさんの言い方があるようです。

チョコボーイ山口

Image009.jpg


minaki について

Nice to meet you.
カテゴリー: 日記 タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*