日本で日本語よりも英語を話す時間が多かった日

 中身の濃い一日でした。まずは、10時から千葉県でバイオ関連の会社で面接、15時から新宿でIT関連会社の面接、それから、蒲田に住む友達の家に遊びに行こうと思ったのですが、偶然電話がつながらず、IT関連会社の場所からマレーシア人が住んでいる場所まで近かったので先に遊びに行きました。その後蒲田の友達と連絡取れて一緒に遊ぼうと思ったのですが、蒲田の人は英語を話す気分になれない・・・といっており、結局一緒に遊ぶのを拒否されました。英語がそれほどできなくてもせめて遊んでほしかったな・・・とおもいました。

 とりあえず、すき屋でご飯を食べ、六本木の美術館に行く予定だったのですが、間に合わず、適当に走行しているうちに靖国神社があったので寄ってみました。

 私にとっては何回か来たことあるので特別なことはなく歩いているうちに休憩所があったので休んでるときに、欧米の人がいて、マレーシア人が英語の教師になりたいようなことを言っており、日本に長期滞在する欧米人のほとんどが英語の教師という資格をもっていることから資格を取るためにはどうするのかきいてみたところ実は、京都産業大学への交換留学生でイギリス人の女の子1人、ドイツ人の女の子2人、アイスランドの男、日本人の男という組み合わせで、イギリス人の女の子から、その人は資格を持っているようで、インターネットでも資格が取れるというアドバイスをもらったのですが、20万円ほど必要という話を聞くことができ、少し有力なアドバイスをいただきました。ちなみに日本人の男の人はただ英語を勉強したいという人で外国人を捕まえて英会話をしているようだったのですが、なんだか外国人にはそれほど好まれておらず、会話がへたくそなタイプでした。

 それから1時間程度会話をした後、六本木に行ってテレビ朝日の前にあるスターバックスに行って、中国人の友達が六本木まで電車でくるということでしたので、 最寄駅がわからず、隣に座っていた日本人に聞いてみたのがきっかけで英語の出来る日本人男女2人、アメリカ人の男性と会話が始まりました。

 実は日本人女性は今日始めて知り合ったらしく、アメリカ人、日本人男性が同じ職場のようでした。全員それなりに英語ができ、適当な話でまた1時間ほど盛り上がりました。

 それから中国人の女の子が六本木に到着、お台場のバーミヤンでご飯を食べ、その子は明日早いようなので錦糸町まで送り、マレーシア人を宿まで送り、宿で英語がそれほどできない日本人が仕事を紹介してくれるような話を聞いていたので通訳をすることになりました。

 その人はつぶれたと思われたNOVAに通っているそうなのですが、そのバックパッカーはNOVA以上に勉強になるということでよく泊まりに来ているそうです。確かにそれほど話せはしませんが勉強する努力が非常に強く感じられました。たまに大学の講師、元社長という経歴のある人で考え方に柔軟性があり面白く、私に対しても仕事を紹介してくれるような話をしていただき、大変すごい人脈ができました。

 そこでもまた、いろんな話が始まり3時間程度いることになり結果3時に帰宅しました。靖国神社、六本木、バックパッカー共に、初めて知り合った人と長時間話すことができ、また面接もそれなりにいい手ごたえで、今年の中で一番内容の濃い一日になりました。

 日本人は英語を勉強したいけど話す機会がないことから英語しか話せない人に対してはとてもやさしいような印象があり、まさにマレーシア人によってその恩恵を間接的に受けた結果の一日だったと思いました。 

Ace Inn Shinjyuku Hostel
東京都新宿区片町5-2
03-3350-6655


minaki について

Nice to meet you.
カテゴリー: 世界のホテル・バックパッカー, 大学生活, 日記 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*