社長が見た創価学会とは?強引な勧誘に注意!

 2007年1月8日、大学の友人の強烈な勧誘により、東京情報大学付近にある創価学会の会館に足を運んでみました。会場には500名程度と思われる人々が集まり、50歳以上の人、子供が目立っていました。また、一人で会場に足を運んでテレビ放映を視聴していた人もおり、信仰の熱心さを感じる人もいました。会場ではテレビスクリーンが用意されており、創価学会の活動について、池田大作のスピーチなどが放映されていました。池田大作がスクリーンに映されると、会場からは多くの人々が拍手をし、尊敬されている人物であることが伺えました。

 創価学会とは、公明党を支持する宗教団体であり日本全国での信者は推定400万人とされ公明党の全国投票数が熱心な信者の数と判断してもよいでしょう。しかし、創価学会員は積極的に公明党に投票してくれと周りの人に勧誘してくるのでそれよりかは少ないと考えられます。その反面、創価学会でありながら全く活動しないひとも多く存在しているようです。また、日本の大手企業、布教を円滑にするためなのか、芸能人の多くは創価学会の信者であるのも現実で、久本雅美、スマップ(1人を除く)、浜崎あゆみ、矢口真里、ドリフターズなど「芸能人の名前+創価学会」で検索するとある程度の情報を得ることが出来ます。

 で?社長は創価学会をどのように考えているのかなのですが、信仰する予定は全くありません。元はといえば大学の親友が創価学会であったのでそれをきっかけに創価学会というのはどういう宗教なのかいろいろ調べていたのですが、一番注意すべきことが「強引な勧誘」でしょう。私は総合的に10時間程度創価学会についてインターネットで検索して調べてみたのですが、創価学会を批判するサイトには共通して「強引な勧誘」を指摘していました。信者は入会させることを「救ってあげた」「正しい道に導いた」などと思い込み、キリスト教などの他宗教を邪教という認識を持っているようです。また、僕がどんな宗教を持とうが持たないかは自由のはずであるのに、言っても分かってくれない創価学会員の対応に残念に思えます。

 また、gooleYahooなどで「創価学会」と検索しただけでも「創価学会による被害者の会」などが上位に上がってきます。創価学会の会館でもその話をしたのですが、「中傷」と口をそろえて言っていましたが中傷であればサーバーから消される、刑事事件になりますのでこれは中傷ではなく「真実」なのだと私は判断しています。またフランスでは邪教に指定され創価学会による活動を禁止されている。

 また、創価学会出身者による凶悪犯罪が後を絶えないようで、YahooBBの約470万人の個人情報を握って財務(オウム真理教でいうお布施)目的なのか30億円を脅し取ろうとした事件、埼玉県保険金殺人事件の八木容疑者、奈良県平群町の騒音おばさんも熱心な創価学会信者で犯罪の10%が創価学会信者によるものだといわれています。創価学会の人口が推定で3..3%なので創価学会員は通常より3倍犯罪をする可能性が高くなるという統計を出せます。池田大作先生は立派なお方という認識を信者は持っていますが、立派な人を尊敬しているにもかかわらず、犯罪が多いということはどういうことなのか?信者でない私から見れば悪影響を与えている人物に見えます。

 かつてオウム真理教が事件を起こしたことをきっかけに「日本は宗教を信仰してはいけない国!」であると私は判断しています。私自身、宗教を信仰している人は何を考えているかわからない、気持ち悪いという認識を持っており世界最大の宗教イスラム教ですら悪いイメージを持つ人が日本では多いのではないでしょうか?

 創価学会の勧誘が熱心な理由についても調べてみたのですが、入会(折伏:しゃくぶく)させることにより創価学会内での地位が上がるようです。会館で放映されていた内容でも10人折伏したなどど拍手されていました。地位が高くなると大作先生の演説を直接聴くことが出来るようになるそうです。

 また、創価学会の主な資金源として、財務というものがあります。年に1回銀行振り込みにより信者の自由な金額をお布施することが出来るようで、多く出資すると極楽浄土、次生まれ変わったときにいい環境で人生をやり直すことができるような内容です。

 かつて私はシンガポールに1年程度滞在してたことがあり、彼女は福建省出身の中華系シンガポール人で、キリスト教でした。シンガポールは他民族国家であることは知られており複数の宗教が存在しています。中華系=(一部)キリスト教、インド系=ヒンズー教、マレー系=イスラム教という組織で構成され、一つの国家で他民族が共存する国家でありながら宗教別、人種別に別れて行動をとっているような印象がありました。創価学会では座談会といって創価学会の人が集まる集会で交流を深めていくようなものがありますが、キリスト教も同様、バイブルの勉強会みたいなものがあり、そこで交流を深めていくようなことをやっており、宗教が人間を差別していく風潮があるように私は思え、創価学会の勧誘の内容でも学校を卒業しても宗教でつながりを作っていこうというと言われたときには残念に思えました。

 宗教に共通して言えることなのですが、科学的に証明できないことを言っています。たとえばあなたの昔からの親友が今10年落ちのカローラに乗ってたとしましょう。その人がいきなり実は俺自己資産10億円持っていると言った場合信用できますか?私なら信用できません。しかし、その人が日本経済新聞の納税者ランキングの10位に入っていると掲載されていたとしましょう。そしたら誰もが信じると思います。このように親友よりも経済新聞の方が信頼性があり、その経済新聞、またはそれ以上に位置づけているのが信者なのです。それは池田大作だったり、イエス・キリスト、アラーだったりするわけです。それらを信用することにより、科学的に証明できないことを信じることが出来るようになり、それらの人物が特別な存在に見えてくるのだと思われます。

創価学会 – Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%89%B5%E4%BE%A1%E5%AD%A6%E4%BC%9A

創価学会による被害者の会
http://www.toride.org/

創価学会脱会体験記
http://www2.spline.tv/bbs/dakkai/

鳥肌実の演説
http://www.youtube.com/watch?v=q7BeqU1sjtw

お笑い創価学会 信じる者は救われない―池田大作って、そんなにエライ?
http://www.amazon.co.jp/dp/4334781357?tag=minaki-22&camp=243&creative=1615&linkCode=as1&creativeASIN=4334781357&adid=1T0CGYE15HZE7H9RZGFX&

創価学会
http://www.sokanet.jp/sg/sn/index.html

創価大学
http://www.soka.ac.jp/

公明党
http://www.komei.or.jp/


minaki について

Nice to meet you.

カテゴリー: 日記 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*