ライブドア第11期定時株主総会に出席いたしました。株式総会で私自身質問も^^

 12月22日、午前10時より幕張メッセでライブドアの株主総会が開かれました。10時から行く予定だったのですがちょい寝坊して11時に会場に到着いたしました。会場に向かってみると2006年6月14日と同じく幕張メッセで同じように会場の前に何人かのテレビ局の人たちが待ち構えていました。ところが若いからなのか?テレビ局からはあっさり無視されました^^

 前日に予想していた株主からの質問だったのですが、大幅に外れました。まず、平松社長が退任するものだと勘違いしていたのですがそれは株主の提案でした。本日の株主総会で一番議論されたことが、100株を1株に併合するということだった気がします。会場にいた人たちは併合の内容の第4号議案にはそれほど拍手はしなかったように思え罵声が飛んでいました。

 次に、「株主を軽視している」という声もしばしば聞かれ、なぜ質問者が待機する席がこんな座りにくいんだ!なぜ役員は全員座っているのに、質問者である株主は立って待たなきゃいけないのか?

 経費のかかる六本木ヒルズから早く出ろ!
 

 なぜまた株主総会を東京都内でなくそれも平日に幕張メッセなのか?

 来場者約500人程度だったと思われますが、なぜこんな大きな会場を用意したのか?経費の無駄遣いではないのか?本当に黒字化する気持ちはあるのか?

 そしてついに私も!「株式の相対売買を円滑に行えるようにするため、ライブドアのポータルサイトを活用して専用の掲示板を作ってください!」と言ってしまいました^^しかし、質問が終ると、待っている人から「それは無理!」ってあっさり言われてしまいました^^そして最後に落合取締役の方から、当社ではそのような用意は難しいですがSNSのプレハを使ってくださいという回答をいただきました。

 2007年4月2日より予定されている株式併合により100株未満の株主は議決権を失い、最終的に株主数が6万人程度になると推定されているようです。100株未満の株主に対しては、端株になるため、ライブドアが買い取りをするようです。上場企業の場合でしたら端株は一定期間で取引された金額の平均で売買されるそうなのですが、ライブドアの場合、上場していないのでおそらく、東証で最後に引けたのは94円だったのでその値段が有力だと周りにいた株主の人たちは言っていました。

 今回の株主総会ではあまり私の耳からでは、くだらない質問はなかったように聞こえました。中には何言ってるか分からない人もいましたが、これだけ多くの人たちを前に堂々と質問する若者が多いことに私は驚きました。実際私の質問は1分程度でした。

 また、高校生?大学生?と思われる人が親から聞いて来いと言われて質問を読んでいる人もいたりしました。

 個人的には、何人かの株主と会話することもあり、一人で行ったのですけど孤独ではありませんでした。みなさんありがとうございました。もし僕を知っているという人がいましたらぜひコメントでも残してもらえるとありがたく思います。

 最後に、平松社長および取締役の皆さん社員の方、ライブドアの再建頑張ってください。特に弥生単体では30億円程度の純利益を上げているという話を聞かせていただき、ライブドアに係ってしまったせいで株主から厳しい意見を言われ続けた平松社長は本当にかわいそうだ!と私は思っています。いつかヤフーをweb 3.0で抜かす日を楽しみにしています。

①会場入り口の雰囲気


②取締役の椅子


③会場の雰囲気


④質問のある株主が座る椅子


minaki について

Nice to meet you.
カテゴリー: 経済・株式, 日記 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*