ミサワホーム九州上場廃止か?

 ミサワホーム九州は、過去6年間におよび売上を前倒しして、計上していたようだ。つまり粉飾決算の疑いが強まっているということのようです。また2002年度3月決算から今までが債務超過に陥っており、福岡証券取引所の上場基準に達成できていないのが現状であり、明確になれば上場廃止になるようだ。

 福岡証券取引所は、2年間連続債務超過に陥った場合上場廃止になるようで、粉飾決算をしなければ昨年あたりにすでに上場廃止になっていたはずなのです。無理して株価を維持しようとすることは、投資家に虚偽の報告をしてそれにだまされてミサワホーム九州株を購入した人が一番の被害者なのです。投資はあくまで自己責任という人もたくさんいるのですが、粉飾決算に限っては詐欺行為ではないでしょうか?うそつきにだまされたわけです。

 かつてライブドアも粉飾決算で上場廃止になりましたが、一番被害を受けたのは投資家なのです。筆頭株主であるホリエモンがもちろん一番被害を受けたことになりますが、投資家はあくまで粉飾をしなかった場合の決算、つまり粉飾決算を発表した年度だけを下方修正する程度の株価の値下がりが妥当だと私は思います。それを上場廃止にして、投資家に損を大きくさせる今の日本の証券システムには問題があるのではないでしょうか?

 最近、ホリエモンがテレビで粉飾決算を否定している会見を聞いてなんだか、本当に被害者のような印象を受けました。日本は共産主義で、「政治家を敵に回すと東京地検が敵になる」という発言が印象的でした。村上ファンドの人も、「日本はお金儲けをしてはいけない文化」という発言を残しましたが、私は、彼らに罪はないように感じました。将来の日本の経済に大きな貢献をしてくれそうな期待を持っていただけに、日本のこのような対応を見ていると、将来の日本は暗く思えます。不要だと思われる道路工事が正当化される日本はには、将来はないかもしれませんね?

ミサワホーム関連株価


minaki について

Nice to meet you.
カテゴリー: 経済・株式 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*