Galaxy C9 Proの使用感。なかなかいいね!

 これまで、Xperia M4 Dual Aquaを使っていたのですが、Xperia M4 Aqua Dualの使用感 – いまいち・・・という記事の通り買った当初から満足しておらず、買ってから5ヶ月でRedmi Note 3を購入しました。ところが、それもポケットぐらいの位置から落としてしまいガラスが割れ終了しました。それから仕方なく1年ぐらい使い続けてやっとGalaxy C9 Proに買い替えました。

 最近のスマホの多くはSIMカードのスロット2がハイブリッドスロットになっており、SIMカードかMicroSDしか入らない仕様になっており、SIMカードをうまく加工してMicroSDにくっつければSIMスロット2にSIMとMICROSD同時に使えるらしいですが、そんなことをすればSIMカードを壊す恐れがある、MicroSDを取り出してパソコンに接続できないなどの事が予想され不便と判断しました。Xperia M4 Dual AquaはMincroSDとSIMカードが2枚同時に入るモデルだったので、それと比較して大きく便利になるようなスマホはここ最近出てなく、毎回、新しいスマホを買ったら昔のスマホはこの機能があったのにないなどと感じる方も多いのではないでしょうか?なのでスマホを買うというのはそろそろお金の無駄遣いと思うことが多い気がいたします。

 Galaxy C9 Proは実は、中国で昨年の10月に発売して、マレーシアの前にインドでも発売しており、GSM Arenaなどで英語のプレビューが沢山出始め見ているとそこそこ良かったので購入を決断いたしました。

 気になる書き込みとしては、カメラの品質が悪い件については、確かによくピンボケしている。充電中熱を持つについてはそこまで熱くはなりません。まあ、そんなもんじゃないかな。バッテリーは確かに期待はずれ。

ここで、Xperia M4 Dual Aquaと比較してみたいと思います。

Xperia M4 Dual Aquaと比較した長所
・バッテリーの持ちが良くなったけど、操作していないときに減るのも早い。4000mAhもあるのかと思うほど。
・充電速度はQuick Charge対応の充電器だと早い9V 1.6Aぐらいで充電します。ただし、Quick Charge 2なのか3なのか不明です。説明書にも情報がないです。
・Dual SIMでLTE + 3Gで同時待ちうけできます。日本でもDual SIM対応すると思います。
・RAMが6GBで内臓メモリーが64GBで256GBまでのMicroSDに対応しているそうです。
・指紋認証対応
・画面が大きい
・スマホゲームもほとんどのアプリに動作に問題なく遊べる。
・スピーカーの音が大きい。
・ゲームで遊んでいても電話取れる。
・ブルーライトフィルター(目に良いはず。)

Xperia M4 Dual Aquaと比較した短所
・横のフレームが小さいのでいつの間にか画面をクリックしていることがある。
・日本語を元から設定できない。ただしこのリンクの作業をすればかなり忠実に日本語になる。
・天気予報アプリは更新ボタンを押さないと更新しない。
・Braviaでミラーリングできなくなった。
・値段がXperia M4 Dualより高い。
・MicroSDに移せないアプリが多い。操作が複雑
・防水非対応

Xperia M4 Dualと比較できない短所
・指紋認証が認識しにくいし間違えると1分待たないといけない。
・技適マークはない。
・針がないとSIMカード、MicroSDは取り出せない。

と、長所、短所半々ぐらいになっておりますが、バッテリーの持ちは長くなっていることと、充電する速度が速くなっているところがかなり気に入っており、速度も速くなったのも大きく買い替えて良かったと評価してもいいと思っております。

Galaxy特有の操作

スクリーンショット ・・・右横の電源ボタンとホームボタンを同時に押す
急速充電・・・・対応の充電器であればスクリーンをオフにするかバッテリー残量90%以下で9.00V 1.60Aぐらいの速度で充電します。開発者向けオプションにして充電中は画面を常にオンを選ぶと急速充電は実現しません。

アプリをMicroSDに移す方法
設定→アプリケーション→MicroSDに移したいアプリを選択→ストレージ→(右上の)変更→外部SDカード
を選択すれば移動します。ここでの注意点は、移動できないアプリは(右上の)変更が出てきません。しかも移動できないアプリが多いためこの移動方法に気づくにも時間かかるという点です。移動できるアプリとしてはAmazonショッピング、Clash of Clans、SimCity, パズドラ、ファイアエンブレムヒーローズなどはSDカードに移動することができるようです。

スペックは下記になります。
Network Technology
GSM / HSPA / LTE
2G bands GSM 850 / 900 / 1800 / 1900 – SIM 1 & SIM 2
3G bands HSDPA 850 / 900 / 1900 / 2100
4G bands LTE band 1(2100), 3(1800), 5(850), 40(2300), 41(2500) – India
Speed HSPA 42.2/5.76 Mbps, LTE-A (2CA) Cat6 300/50 Mbps
GPRS Yes
EDGE Yes
Launch Announced 2016, October
Status Available. Released 2016, November
Body Dimensions 162.9 x 80.7 x 6.9 mm (6.41 x 3.18 x 0.27 in)
Weight 189 g (6.67 oz)
SIM Dual SIM (Nano-SIM, dual stand-by)
Display Type Super AMOLED capacitive touchscreen, 16M colors
Size 6.0 inches (~75.5% screen-to-body ratio)
Resolution 1080 x 1920 pixels (~367 ppi pixel density)
Multitouch Yes
Protection Corning Gorilla Glass (unspecified version)
Platform OS Android OS, v6.0.1 (Marshmallow)
Chipset Qualcomm MSM8976 Snapdragon 653
CPU Octa-core (4×1.95 GHz Cortex-A72 & 4×1.4 GHz Cortex-A53)
GPU Adreno 510
Memory Card slot microSD, up to 256 GB (dedicated slot)
Internal 64 GB, 6 GB RAM
Camera Primary 16 MP, f/1.9, phase detection autofocus, dual-LED (dual tone) flash
Features Geo-tagging, touch focus, face detection, panorama, HDR
Video 1080p@30fps
Secondary 16 MP, f/1.9, 1080p
Sound Alert types Vibration; MP3, WAV ringtones
Loudspeaker Yes, with stereo speakers
3.5mm jack Yes
– Active noise cancellation with dedicated mic
Comms WLAN Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac, dual-band, WiFi Direct, hotspot
Bluetooth v4.2, A2DP, LE
GPS Yes, with A-GPS, GLONASS/ BDS (region dependent)
NFC Yes
Radio Stereo FM radio with RDS
USB Type-C 1.0 reversible connector
Features Sensors Fingerprint (front-mounted), accelerometer, proximity, compass
Messaging SMS(threaded view), MMS, Email, Push Mail, IM
Browser HTML5
Java No
– Fast battery charging
– ANT+ support
– MP4/WMV/H.264 player
– MP3/WAV/WMA/eAAC+/FLAC player
– Photo/video editor
– Document viewer
Battery Non-removable 4000 mAh battery
Misc Colors Gold, Pink Gold, Black
SAR EU 0.79 W/kg (head) 1.62 W/kg (body)

Morelocale2で日本語化すると電話帳まで日本語になります。

ちょっとこの減り方速いよな。省電力モードを標準にしてこれです。

ストレージは凄い!内臓メモリーだけで64GBで
MicroSDとりあえず128GBのを入れて使っています。

LTE + 3Gの同時待ち受けできた証拠


カテゴリー: 携帯端末, アンドロイド | コメントする

Galaxy C9 Pro(SM-900F/DS)を日本語化 – おそらく他のGalaxyのモデルでも可能。

 今後、Galaxy S8, Xperia XZ Premium, iPhone 8などが出揃うタイミングなのですが、すでに発表された情報ではSIMカードが2枚入ってMicroSDも入るモデルは期待できず、少し注目していたGalaxy C9 Proを購入しました。

 中国では2016年10月21日に発売していたのですが、マレーシアでは2017年3月10日と半年遅れなのに高く迷っていたのですが、RM2299をRM1999に値引き交渉に成功して購入しました。

 さてこの日本語化の手順を簡単に説明しますと、

1、Android Studio(SDK TOOL)をパソコンにインストール
2、パソコンのCドライブ直下にSDKというフォルダーを作成して、SDK Toolからデータをダウンロード
3、作成したフォルダに対してパスを通す。
4、コマンドプロンプトでコマンドが動作するか確認する。
5、スマホ側のUSBデバックをオンにする。
6、klesをインストールしてスマホ用のドライバーをインストールする。
7、スマホにMorelocale2をインストールする。
8、スマホをパソコンに接続してコマンドを入力する。
9、Morelocale2をスマホで立ち上げ、日本語を選択。

以上なのですが、実際はそこそこハードルの高い作業かもしれません。あきらめずに質問がありましたら、この掲示板に書き込みよろしくお願いします。

日本語化できた証拠画像

1、Android Studio(SDK TOOL)をパソコンにインストールAndroid Studioをダウンロードしてパソコンにインストールしてください。1.8GBありました。

2、パソコンのCドライブ直下にSDKというフォルダーを作成して、SDK Toolからデータをダウンロード
パソコンのCドライブ直下にSDKというフォルダを作成してください。それから、再度Android Studoを立ち上げAndroid SDK Locationという枠に C:\SDK というテキストが入ればいいのですが、フォルダを選択すればそのテキストが入ります。

後は、わけわからないけどこの辺りをインストールしておく!

3、作成したフォルダに対してパスを通す。
これも理解しにくい作業のひとつ。先ほど作成したSDKというフォルダにplatform-toolsというのができていることを確認し、下記のパスをコピーします。
C:\SDK\platform-tools

それから、コントロールパネル→システム→システムの詳細設定→環境変数
にシステム環境変数の項目の下の枠にpathというのがあるのでそれをダブルクリックし、変数値にC:\SDK\platform-toolsを追加するのですが、最初に「;」もつけて入力してください。私のパソコンには最終的に変数値の枠には

C:\ProgramData\Oracle\Java\javapath;%SystemRoot%\system32;%SystemRoot%;%SystemRoot%\System32\Wbem;%SYSTEMROOT%\System32\WindowsPowerShell\v1.0\;C:\Program Files (x86)\Intel\OpenCL SDK\2.0\bin\x86;C:\Program Files (x86)\Intel\OpenCL SDK\2.0\bin\x64;C:\SDK\platform-tools

これが入力されております。

4、コマンドプロンプトでコマンドが動作するか確認する。
これは、3の作業があまりにも複雑なのでその作業が正常にできているかの確認です。

コマンドプロンプトを起動したい場合は、一番わかりやすくは、左下のWINDOWSのアイコン、または、XPの時代であればスタートを押して、すべてのプログラムを選んで、アクセサリーの中にコマンドプロンプトというのがあるのでそれを開きます。

開くと最初に、
C:\Users\ユーザー名> と出てくるはずですが、SDKのフォルダを作成したのはCドライブ直下なのでこれではまず正常に動きません。そこで cd \SDK\platform-tools と入力しenterを押すと C:\SDK\platform-tools> と表示されえるようになるので、adbと入力してみてください。

そこでたくさんのテキストが出てきたらとりあえず、3の設定は成功と考えていいです。

5、スマホ側のUSBデバックをオンにする。
これは、Galaxy C9 ProのAndroid version 6.01の場合ですが、まずは、
settings → About Device → Software Info
を開いてBuild numberと書かれたテキストを5回連続クリックします。
それからホームに戻ってまたSettingsへ行き、一番下に、Developer optionsというのがあるのでそれを選択し、USB debuggingをオンにします。

6、klesをインストールしてスマホ用のドライバーをインストールする。
これをインストールしなくてもGalaxy C9 ProをUSBでパソコンに接続するとデータ転送などはできるようですが、不十分のようで、SamsungのアプリKLESをインストールしてそこからドライバーをインストールする必要があります。このアプリのインストール後、立ち上げ、ドライバーを始めてインストールするのですが、「デバイスドライバーを再インストール」を選んだら、ドライバーが認識され3つほどの緑のチェックマークが画面右下に出てきます。(新しいUSBドライバーなどを挿したときに出てくるおなじみのやつです。)

7、スマホにMorelocale2をインストールする。
これは、普通にGoogle PlayからMorelocale2で検索したら出てきます。

8、スマホをパソコンに接続してコマンドを入力する。
これは正常にドライバーがインストールされているかの確認事項です。
4でやったコマンドプロンプトを立ち上げ、C:\SDK\platform-tools>になっているのを確認してから、USBでGalaxy C9 Proを接続した状態
adb device
と入力してください。それで、デバイスの枠に何か出てきたら準備完了です。正しく設定できていなかったら何も表示されませんでした。私の場合、1c2fbe05となんだか意味不明のデバイス名が表示されました。

最後に
adb shell
と入力後Enterを押すとshell@c9lte:/ $と出てきますが続けて

pm grant jp.co.c_lis.ccl.morelocale android.permission.CHANGE_CONFIGURATION
と入力してEnterを押せばadbの作業は終わりです。この長いテキストはコピーして、コマンドプロンプト上で右クリックして貼り付けでコピーできます。
Control+Vは無効のようです。

9、Morelocale2をスマホで立ち上げ、日本語を選択。
最後の最後は簡単Galaxy C9 ProにインストールしたMorelocale2を立ち上げてJapaneseを選択すれば日本語になります。過去にXiaomiでMorelocale2をインストールして同じ作業をしたことありますが、アイコンのみが日本語になり設定は英語のままでした。Galaxy C9 Proについては、まるで日本で買ったスマホぐらいの品質で綺麗に日本語になっており、直訳で変な日本語、または中華フォントなどにはなっておりませんでした。

Galaxyの輸入版には日本語は元から選択できなくなっている端末ばかりですが、この作業ができれば全く問題ありません。ちなみにXperiaの場合だったら、世界の言語ほとんど選択できるのですが、何でSamsungってこんなことするんだろ・・・


カテゴリー: 携帯端末, 未分類, アンドロイド | コメントする

ほぼ2年ぶりに日本に2週間帰国。やっぱり日本はいいね。

 2015年の5月以来2年ぶりに日本に2月8日から、20日まで帰国いたしました。ここまで毎日昼間ぐらいまで寝ることはないぐらい充実した日々を過ごしております。ここ最近は2年に1回ぐらい1週間帰国する程度でしたが今回は2週間の休みをいただき、クライアントに顔を出すこともなく本当に自分の時間を過ごしております。

ここまでで思い出に残ったことは、
1、マレーシアに2008年以降住みだしてから初めて雪を見た。
2.忘れていたことだけど、寒いと息が白くなる。
3、空気が綺麗なので太陽もまぶしい。
4、風が強い。
5.トイレが綺麗
6、食料品が全体的に高級
7、Wifiが結構な観光名所で繋がるようになっている。
8、免許更新には住民票が必要
9、戸籍謄本は本籍のある市町村でしか発行できない。
10、スピード違反で捕まったけど国際免許証で罰金逃れた。
11、ラストオーダーぎりぎりに飲食店に入って最後の客になり店舗全員が店を出るときにあいさつしてきた。
12、コンビ二では130円ぐらいのものが主流になっている。
13、ティッシュでサービスを宣伝するの違法。
14、まだCDのCMをテレビでやっている。

こんな感じで、ここ数年日本についてニュースでしか情報の入ってこない状態だったのですが、ニュースは基本的に悪い話ばかりで日本の印象悪くなっていたところですが、これまでのところかなり印象は改善されました。

 小さなことですが、Apple StoreでMacbookを見てもらっていたところ大きな傷がついていたのですが、店員がそれを見てこの傷はこのパソコンを使ってきた思い出なんですと言ってきた気の配り方、餃子の王将でラストオーダー間際に注文して最後の客になってしまい、おそらく急いで食べた事のお詫びだと思うのですが、すべてのスタッフがそろってありがとうございましたと言ってきたのも大きな感動でした。

 今回もドンキホーテで買い物することが多く松屋、ココ壱番屋、吉野家、スシロー、王将などに行きましたが日本人にとっては特別な料理ではないのかもしれませんがマレーシアに長期間住んでいるととてもおいしく感じることができました。また糖尿病なのですが日本では糖分を抑えて食事するのは難しいとも思いました。

 また、マレーシアと比べて日本が劣っているところもいくつか気づき、
1、街の発展からみても人通りが少ない
2、路上駐車違反を強化しすぎて誰も外にでなくなった。駐車場は高すぎる。
3、公共交通機関も高すぎる。
4、建設中の建物がほとんどない。
5、行政の書類は面倒なだけ。

 など、特に千葉のIKEAに行ったときに人がほとんどいなくてびっくりいたしました。逆にマレーシアではレジにたくさんの人が並んでおり、なんでこんな多くの人が毎日家具を買うのだろうと思ったほどです。商品は日本とマレーシアで同じものも多く価格もほぼ同じです。

 行政の書類では、韓国の場合は海外の韓国大使館でなんでも揃うのに日本だけ住民票、戸籍謄本それぞれ登録している市町村でしか申請できず、郵送で申請する場合は郵便局に行って小為替を発行してお金を払わないといけない日本の伝統のような方法でしか申請できなかったりします。

 免許も住民票がないと申請できず、オーストラリアの免許の場合オーストラリア大使館に申請すれば発行できたりします。いまだに印鑑も必要だったり、間違いなく日本の行政は海外の手本にはならないと思います。

 そんなわけで、今日のところはこの辺で勘弁しといたろ。

ANA B787で日本に帰国

ロールスロイスエンジン搭載

まだ、MiniDiscもカセットテープも健在。

まだまだデフレ!

Apple Store銀座

Chromecastゲット!

海老名パーキングエリアのトイレ!すげー!

箱根に宿泊した民宿からの写真

民宿のごはん。

大涌谷の山登れませんでした。ついでに富士山も雲に隠れておりました。

道路にはまだ雪が残ってました。

芦ノ湖 結構綺麗なカフェがありました。

何の目的のティッシュだろ?
実はYモバイルなんです。

餃子の王将でたくさん餃子食べてきました。

いつも凄いと思うのですが、家の前の道路ごみ1つ落ちてません。
タバコの吸殻すら落ちてないです。明らかにシンガポールよりも綺麗。


カテゴリー: 未分類 | コメントする

Company dinnerという名ばかりの抽選大会で650万円!

 12月9日だったのですが、会社でCompany Dinnerがありました。Company Dinnerとは名ばかりで実際は抽選会でIphone,iPadがそれぞれ5台ぐらい、Galaxy 7 edge, Huawei P9, 旅行金券RM5000, Macbook 3台ぐらいなど100点以上の商品を会場に足を運んだ社員に抽選番号を入場前にもらえその番号が呼ばれたら当たる方式です。

 おそらく1点辺りの価格の平均はRM1000(約26,000)ぐらいで100点と計算すれば総額260万円を会場の600人ほどに抽選していたので、抽選券の価値は4300円程度だったのではないかと推測されます。結果論私は何も当たらなかったので紙くずになってしまいました。

 マレーシアの大手企業で業績がよかった場合は結構こういうCompany Dinnerをやっていると思われ、日本とは違い優秀な社員ほど働きながら勉強して転職しないと損という考え方を持つ人が多いだけに会社は社員に日本企業よりも社員の満足度を気にするような傾向があり、こういうイベントを大切にするのだと思います。

 日本で社員旅行とか飲み会などはいやいや参加という方が多いと思われますが、マレーシアではたとえこの抽選会ではなくても社員旅行、本当にディナーを食べるだけでも参加率は高いです。

 抽選会で合計数百万円のものが当たっていくのを見て凄いと思っていたのですが、なんと日本にも就航しているエアアジア航空のCompany Dinnerでは、RM250,000(約650万円)が抽選会で用意して社員にあげたようです。マレーシアでは安い家を買えるレベルですが、トヨタのVellfireを買うにはあと250万円ぐらい必要というお金です。ちなみに日本では320万円なんですね。安!

 最後の私の会社のディナーの雰囲気ですが、今回は思ったよりも料理がいまいちでRM20もだせば同じもの食べれるというレベルで量も少なく味もいまいちでした。当選した人はそのまま会場から帰る感じで本当に抽選会でした。今回のドレスコードはハワイだったのですが、案外難しいテーマで以前のロックと比べても衣装をしてくる人は少ない印象でした。頭に花を添える、ハワイアンのTシャツを着てくる程度だったと思われます。

 来年こそは高くて買う気にもなれないiPhone 8が当ててみたいと思います。

カンパニーディナーで650万円当選!

会社のカンパニーディナーの雰囲気。
600人もいなかったかも?

抽選以外にもところどころでパフォーマンスも
していました。


カテゴリー: マレーシア | コメントする

ハローウィンに続き社内の豪華クリスマスデコレーション 2016

 マレーシアはイスラム教の国なのですが、他民族国家でもありイギリスの植民地でもあることから25日は祝日になっており街ではどこも盛大なクリスマスデコレーションになっております。凄いのは街だけではなく会社内も凄い事になっており特に今働いている会社はフィリピン人が多くいるので盛大にデコレーションされます。

かなりがんばったと思う。
 この前のハローウィンのデコレーションよりも少しは落ち着いたデコレーションなのですが、それでも凄いです。今度は中国旧正月の獅子舞踊りがあり、また公開したいと思います。

一番いい写真になった気がする。

オフィスの天井が高いので難しいところ何とかデコレーション

レセプション。

机の囲いにまでクリスマスツリー

ガラスにまでデコレーション

暖炉に火がついています。(実際は電気です。)

VIPご愛用の部屋がプレゼントBOXみたいに。


カテゴリー: マレーシア | コメントする

One Utamaの前の長期間工事していた電車が開通しました。 Sungai Bulohライン

 これまで長期間工事していたSungai BulohからKajangまでの51kmの鉄道(MRT)が12月16日に開通し、本日TTDIからBandar Utamaの一駅なのですが、乗ってきました。

 まだ出来上がったばかりなのであまり利用客はおりませんでしたが、電車は10分おきぐらいに来て、道路は渋滞しているのに電車だと早く目的地に到着できることは特に通勤時間帯ぐらいでは実現すると実感できました。

 TTDIのホームは偶然にも今日行った歯医者の近くだったのでついでに電車に乗ってきたのですが、Bandar UtamaからOne Utamaのショッピングモールに入るまでに大苦戦しました。ホームはOne Utamaの逆方向から降りて信号のない道路を渡る必要がありました。ホームの構造からもOne Utama側に通路を作る見込みは今後なさそうです。

 2016年12月16日から2017年01月16日までは乗車無料でカウンターでトークンをもらうかTouch And Goをかざしてゲートは開きますがお金は取られませんでした。東京と比べればマレーシアの鉄道はまだまだですが、渋滞を回避できる、駐車場にお金を払う必要がなくなるし、駐車場を見つけるのが難しいという問題がマレーシアにはあるのですが、これで少しは緩和するかもしれないと期待できます。

電車(シーメンス製です。)

電車は10分おきぐらいに来るみたいです。

まもなく~♪ Bandar Utamaでーす~♪

KajangからSungai Bulohまで開通しております。

おそらく全駅で転落防止のドアついています。
むしろ日本の鉄道のホームに少ない方がおかしい?

電車のチケット(トークン)
Touch and Goカードあればそれでも改札は開きます。


カテゴリー: 海外, マレーシア | コメントする

マレーシアでファミリーマートオープン!

 マレーシアでは、老後の年金生活に適した国のひとつとして日本でも注目されているだけに日本企業が多く進出してきているのですが、同時に撤退する企業も多く3年以内で撤退していく会社が7割程度と言われております。

 最近衝撃的だったのはお客さんもそこそこ入っていたと思われる麺屋武蔵や、マレーシアで営業を始めたうどん屋などが撤退し、牛丼のすき屋(マレーシアにはしゃぶしゃぶのすき屋もある。)が気づいただけで2店舗閉鎖しており、サークルKも立地場所が悪いところばかりでセブンイレブンとあまり変わらない感じになってしまいココ壱番屋は場所を見つけるのに難易度高すぎたりあまり拡大はしておりません。

 まず、日系企業の進出で大きく失敗していると思うところはFacebook以外の情報がなくどこにお店があるのかよく分からないのが特徴です。進出するコストを考えれば独自の.com.myのホームページぐらい作ってもらいたいところです。familymart.com.myはありましたが、どこにお店があるのか検索して調べないと分からない状態です。

 今回進出したファミリーマートなのですが、場所はブキビンタンの近くでHoliday Innの隣にありました。お店の品揃えはベトナムのファミリーマートほど日本の商品ばかり置いているというわけではなく、7割はセブンイレブンと同じで3割がファミリーマートオリジナル、日本からの直輸入商品という感じです。

 マレーシアではセブンイレブンが圧倒的なコンビ二のシェアを握っているのですが、個人的には買うものは水だけで、飲み物は糖分の高そうな飲み物ばかりで、長期間保存できるような物ばかりがベースになってお弁当などはあまり置いてませんが、ファミリーマートでは多少のお弁当が置いてあったりおむすび、サンドイッチなどがありました。

 また、マレーシア発上陸かもですが、日本で大ヒットのコンビ二コーヒーがありました。ただしこれはセルフサービスではなく店員がコーヒーを入れてくれます。なんか日本と微妙に味が違ったような気がしましたが現在は25%オフ対象の商品でRM6.90の25%引きでした。また、店内で飲食できる場所もありました。

 マレーシアでは隣接国と比べても異常なほどに大型ショッピングモールができておりどこも集客力が悪い状態でビジネスはそれほど簡単ではなく10年後も営業するには高いハードルがたくさんあると思われますが、そのハードルを越える条件としては日本人のためのコンビ二ではなくマレーシア人のためのコンビ二を展開することだと思われます。その為には、おむすびではなくマレーシアの人気レストランとのコラボ弁当、KFCが集客率高いようにどの宗教でも飲食できる鶏肉を使った商品、MaybankのATMなどとにかく集客力の高いものを置くことが重要なのではないかと思われます。ちなみにマレーシアで一番効果的な広告はマンチェスターユナイテッドのユニフォームにロゴを貼ってもらうことです。

日本にお住まいの方はご存知だと思いますが、氷の容器にコーヒーなどをレジで注げます。
RM6.90  25%引き
2016-11-23-01-50-07

2016-11-23-02-06-21

味は期待通りでした。 RM4.50
2016-11-23-01-50-24

お米は現地米かな。AEONと変わらない品質。
2016-11-23-01-50-31

これだけ賞味期限がすぐ切れる商品を置いているコンビ二は他ではないです。
2016-11-23-01-51-56

ファミリーマートオリジナル
2016-11-23-01-53-27

2016-11-23-01-53-31

2016-11-23-01-53-36

マレーシアの消費動向を勉強した商品
2016-11-23-01-54-05

こういうの他のコンビ二にないんですよね。
2016-11-23-01-54-09

2016-11-23-01-54-15

2016-11-23-01-54-18

海外のカップヌードルって明らかに日本のものより品質落としているんだけど、
これは九州のとんこつ味のスープがおいしかったです。
2016-11-23-01-51-29

外から見たお店
2016-11-23-02-13-31

場所
86, Jalan Raja Chulan Kuala Lumpur 50450 Kuala Lumpur
Wilayah Persekutuan Kuala Lumpur


カテゴリー: レストラン・グルメ, マレーシア | コメントする

職場がなんだか凄い事に! 神っているhalloweenデコレーション!

 マレーシアでも日本と同様に1年でいろんな行事があり、中国旧正月、ハリラヤ、ディパバリーなどあり現在勤務している会社がアメリカベースの会社なので特にアメリカでも一般的なハローウィン、クリスマスには盛大なデコレーションがされ、会社の各チームでこのデコレーションを競い優勝チームにはRM500(日本円では?)もらえるのようですが、そんな賞金目当てというよりもチームが優勝する名誉を競っているように見えます。

 これらのデコレーションは業者に依頼したものではなく一般社員が作成したものでデコレーションのアイデア、色紙やダンボールなどを加工する技術には非常に関心し、このブログを見た人からもぜひうちの会社にもこのデコレーションしてくださいなんていう依頼まで来るほどです。

 今日18日がコンテストの発表になり、せっかく作ったのに近いうちに撤去され今度はクリスマスデコレーションのコンテストに多くの社員が力を入れて作成しますのでまた公開したいと思います。

照る照る坊主?(このチームが優勝しそうな気がします。)
2016-11-17-13-07-19

なんだかすごい!
2016-11-17-13-05-32

首吊り自殺?
2016-11-17-13-15-36

玄関ができてました。
2016-11-17-13-16-06

かなり時間かけたと思う。
2016-11-17-13-16-50

ドラキュラ?
2016-11-17-13-17-10

本当にコウモリが飛んでいるみたい。
2016-11-17-13-17-17

森の中のよう。
2016-11-17-13-17-43

黒のカーテンの先は別のチームです。
2016-11-17-13-18-13

シンプルだけどこれでもすごいと思う。
2016-11-17-13-06-55


カテゴリー: 海外, マレーシア | 1件のコメント

三越伊勢丹HDとクールジャパン機構の共同無計画出資 - マレーシア

 日本でもおなじみのクールジャパンというNHKの無理やり外国人にクールと言わせる番組のクールジャパン機構と三越伊勢丹HDが共同出資でクアラルンプールの町の中心で外国人観光客もよく集まるブキビンタンに地下1階、4階まで使った日本の商品だけを置いたデパートがオープンしました。

 誰もが驚くところはまず価格設定がめちゃめちゃ!Tシャツ1枚がRM427(日本円にすると)、おけ一つがRM610(日本円にすると)など、他の商品もすべて物に対してマレーシアの市場の10倍ぐらいの価格設定でした。どちらも富裕層が見たとしてもそれなりに価値が理解できないと買う人はいないと思われまさにこのTシャツ1枚売るのであればProduaのMyvi(日本ではトヨタのパッソ)を売るほうが簡単だと思われます。

 もしも、自分のお金で事業始めるならまずこんなデパート作る人いないと思いますし、マレーシアの富裕層の心も掴めていると思われず、誰を対象に商売しているのかがまったく理解できませんでした。マレーシアで日本の事業は3年以内に7割は撤退すると言われているのですが、今回は国の税金まで使って無駄遣いをしているようにしか見えず、全く危機感のないビジネスだと思いました。

 まず、この事業を始めた人たちは海外の人の心理を分かっているのか。それぞれの国の人たちはそれぞれの国を一番だと思っているのです。逆に日本でマレーシアの商品を日本の市場価格の10倍程度で売っていたとすれば日本の富裕層がどれだけ買い物するか想像すればこのクールジャパンのビジネスが失敗していることが想像できるかと思います。

 もはや、日本語を勉強しても日本企業のマレーシアではブラック企業のような会社で働ける程度で仕事も少なく日本語を勉強する人も減っている中で日本の文化に関心を持つ人は減ってきていると考えられゼロから日本の文化を伝えるためにはどうすればいいかと考えた場合、あのデパートはなかったのではないでしょうか。

 最近、現地の女性からも日本人男性は家事をしない、日系企業では妊婦なのにお茶を運ばせる、駐在員来たと思えば20年前に外大卒業したらしいけど今は全く英語できないくせに数倍の給料を貰っているので会社に貢献するの馬鹿らしいなどの意見をいただき、残業は当たり前の日本文化を持ってくるとすぐ転職されます。

 韓国ではここ最近海外に韓国文化をドラマなどを通じて成功し、その裏にはどの国でもKBSを無料で見ることができ英語、現地字幕がついていたりします。なのでドラマに出てくる車が売れたり韓流スターを起用した宣伝が成功したりしています。また物流コストも抑えており韓国の価格の1.5倍程度で食料品などをマレーシアでは購入することができます。日本はすでにいろんな分野で遅れてきているところですので、まずは他国のまねから始めてみるべきだと思います。

クールジャパン機構のデパート
2016-11-13-19-09-01

このTシャツがRM427(日本円にすると)
RM42でも高いしデザインも意味不明。
2016-11-13-19-28-51

このオケがRM610日本円にすると
楽天でも同じ商品見つかりました。リンクはこちら
2016-11-13-19-31-47

クッキー1枚200円!日本円にすると
このクッキーがマレーシアで流通しているのと比べて
大幅に品質がいいと分かっている人だけ買うことができます。
2016-11-13-18-48-52

なんだかわからんもんにRM63.60も出す勇者いないだろ。
2016-11-13-18-46-38

パビリオン - もう大きなクリスマスツリーが飾られています。
2016-11-13-19-45-03

サンタクロース
2016-11-13-19-43-36

外は暑いけど雪が積もっていることになっています。
2016-11-13-19-44-04

左下の蟹料理だけでRM75日本円にするとです。これはクールジャパンとは関係のないローカル料理でFatty ClubというPetaling Jayaのレストランなんですが、この価格設定で行列ができております。個人的にはスープが強烈で蟹なんて一部分しか食べられずまた行きたいと思わないのは日本の食事に慣れているせいだと思っております。このレストランがなぜ人気なのか理解できたときに日本人がレストランの経営成功のヒントがあるんだと思います。現地の人は値段ではなくおいしいものが食べたいという傾向のようでこのレストランを見ていると日本食は値段を下げてもお客さんは増えないと思われます。
2016-11-12-21-53-04


カテゴリー: マレーシア | コメントする

ナノブロックに熱中! Petronas Twin Tower, Marina Bay Sands Hotel, Tokyo Tower 完成

 マレーシアに来てくれた人に何かお土産を?と考えたときにトイザラスに入りマレーシアバージョンのモノポリーでも買おうと思ったときに昔はあったのに最近どこにも在庫を置かなくなり、店員に何かマレーシアに関連するおもちゃはないのか?と相談していたところナノブロックのペトロナスツインタワーを見つけてくれたことをきっかけにナノブロックにはまりだしました。

 ナノブロックは名前の通り1つ辺りのブロックが小さく完成すると結構綺麗にでき、ブロックは小さいですがそれほど組み立てが難しいわけでもなく、いいアイデアの商品だと思います。また、万が一ブロックをなくしたときのことも考えられており、かなり多くの予備のブロックまで同封されております。

 一昔前まではスマホをルート化してメモリーを増やしたりファームウェアを焼いたりなどをしておりましたが、最近のスマホは進化しそれらのことをする必要がなくなり物事を考えて何かをするってとこがなくなっていたところ、このナノブロックは久しぶりに熱中できました。

 マレーシアでペトロナスツインタワーを購入したのですが、マレーシア限定バージョンではあるのですが、価格はRM100ほどで安くはなく、日本で東京タワー、マリーナベイサンズホテルを購入したのですが、それは1000円ぐらいと日本で買うほうが安かったりします。

 マレーシアのマクドナルドでもナノブロックのマクドナルドキャラクターを販売しており買ってしまいました。宣伝目的だからだと思いますが、1つRM7と安かったです。これから全部はさすがに作らないと思いますが、5000円以上のブロックひとつぐらい買って作ってみようと思います。

今週末だけでマリーナベイサンズ、東京タワーを作成しました。1つ1時間程度
2016-11-07-00-31-56

数ヶ月前に作成したものだけどペトロナスツインタワー
2016-05-28-16-06-04


カテゴリー: ショッピング | コメントする