Nissan Calsonic Impul GTR ’06 – GT5 – Minaki Super Driving Technique

1980年6月、星野一義とモトクロス時代のチームメイトで義弟(星野の妹の夫)でもある金子豊(故人 2015.5.3逝去)と共に設立。設立の目的は、星野がレースで必要とするパーツの開発・製造を行うと同時に、それらを一般に販売することでレース活動の資金を得ることであった。

主に日産車向けのエアロパーツやチューニングパーツの開発・販売を行っているほか、日産ディーラーを通じチューニング済みのコンプリートカー(完成車)の販売も行っており、星野と共に「IMPUL」ブランドの知名度向上にも貢献している。

また、星野が総監督を務めるレーシングチームで関連会社である有限会社ホシノレーシングの運営母体でもある(詳細は下記「ホシノレーシング」の節を参照)。

(Wikipediaを参照)


カテゴリー: 自動車 | コメントする

TOYOTA 7 RACE CAR ’70

トヨタ7(トヨタセブン)は、トヨタ自動車工業(現トヨタ自動車)のワークス・チームが使用したプロトタイプレーシングカー。「7」の名称は、当時の国際自動車連盟 (FIA) 車両規格グループ7(オープン2座席レーシングカー)に対応することによる。

1968年型(3リッターNA)、1969年型(5リッターNA)、1970年型(5リッターターボと5リッターNA)の3世代があり、いずれもヤマハ発動機やトヨタグループ企業との共同開発である。

(Wikipediaから引用)


カテゴリー: 自動車 | コメントする

HONDA CR-Z a ’10 – GT5 – Minaki Super Driving.

CR-Zは、環境負荷の軽減が優先されるハイブリッドカーでも運転する楽しさを感じられる、スポーツ性を融合させた乗用車である。2+2のライトウェイトスポーツというパッケージは、CR-Xや初代インサイトを彷彿させるものである。2008年以降発売される地球環境を意識した車両を、ホンダでは「Honda Green Machine」と称し、CR-Zは「グリーンマシーン3号」[2]である。ハイブリッドシステムは、1.5L i-VTECエンジンとHonda IMAシステムを装備する。

(Wikipediaから引用)


カテゴリー: 自動車 | コメントする

DAIHATSU COPEN ACTIVE TOP ’02 – GT5 – Minaki Super Driving.

ダイハツとしては1993年に生産中止となったリーザスパイダー以来の軽オープンカーであり、軽市販車では世界初となる電動油圧ポンプの開閉式ルーフのアクティブトップ仕様をもつ。

「コペン」の車名は、発売前のショーモデル時代は「コンパーノ」の名称の復活も検討されていたが、ダイハツ・新宮会長(当時)が新しい名称への移行を求めたために「軽オープン」から「KOPEN」と名付けられた。後に軽自動車のKをコンパクトカー(Compact car)のCに変え「Copen(Cのみ大文字)」に落ち着いた。 2代目もショーモデル時代は「KOPEN」であったが、発売時には「Community of Opencar life」から「COPEN」となった。車名ロゴは全て大文字となったが、2代目発売後も「Copen Club」「Copen Site」のように、初代の英表記「Copen」も使用されている。

アクティブトップ
独特のルーフシステムは、ドイツのベバスト(Webasto)社とイタリアのピニンファリーナ社が共同で設立したOASys(Open Air System)社の手によるものである。開閉所要時間は約20秒。開放時、ルーフは後部のトランク部分に収納される。サイドブレーキセンサーと車速センサーを用いた安全装置があり、走行中の開閉はできない。

(Wikipediaから引用)


カテゴリー: 自動車 | コメントする

TOYOTA CASTROL TOM’S SUPRA ’97 – GT5 – Minaki Super Driving.

Spec

総排気量:1998cc
最高出力:480ps(484ps)/—rpm(7000rpm)
最大トルク:—kgfm(63kgfm)/—rpm(4500rpm)
駆動形式:FR
全長:4520mm
全幅:1910mm
全高:1200mm
車両重量:1150kg(1150kg)
重量バランス:52対48


カテゴリー: 未分類 | コメントする

TOYOTA GT-ONE RACE CAR (TS020) ’99 – GT5 – Minaki Super Driving.

TS010までのマシンは日本国内で開発されていたが、GT-Oneはドイツのケルンに拠点を置くトヨタのレース子会社トヨタ・チーム・ヨーロッパ (TTE) で開発された。設計はプジョー・905などを設計したアンドレ・デ・コルタンツ。

ダラーラが製作に関わったモノコックは屋根まで剛性を持たせた完全一体型で、後方にエンジンをストレスメンバーとして剛結。ボディはグランド・エフェクトを最大限に利用した複雑なデザインで、GTとしては画期的だった。足回りは前後ともプッシュロッド型ダブルウィッシュボーンを採用し、フォーミュラカーの様な長いアームを持つ。横置きシーケンシャル6速の自社製トランスミッションを使用し、独メガライン社製空気圧作動式パドルシフトシステムを採用した。しかし徹底的に性能を追求した為に居住性や整備性は劣悪だったという。片山右京によると、フロントウインドウの左右に太いピラーがあることと、ホイールハウスの高い隆起があるため、前方左右の視界も良くないという。

エンジンはグループC用のR36Vを改良したR36V-Rを使用。R36V-Rには新たにフレッシュエアシステム(ミスファイアリングシステム)が採用されたが、1998年はそれが原因で燃費に苦しんだ。また、1999年型はリストリクターの取り付け方法変更が認められた他、GT1クラスの撤廃によってLM-GTPクラス[1]としてエントリーしたため、出力は600PSから700PSになった。

1998年はGT1規定でエントリーしたためにEU法規に合致させたロードバージョン(市販車)も1台製作されたが、その外見はレーシングカーそのものであり、とても公道を走るための市販車には見えない姿で話題を呼んだ。もちろん、このモデルが実際に市販されることはなかった。規定で定められているラゲッジスペース位置の解釈[2]、最低生産台数を定義していたロードカーの存在など、GT1規定の裏をかいたあくまでも「競技車輌ありきのGTマシン」であったため、登場時はかなりの物議を醸す事となった。

(Wikipediaから引用)


カテゴリー: 自動車 | コメントする

Shelby Cobra 427 ’66 – GT5 – Minaki Super Driving.

1950年代までACカーズは他の多くのイギリス中小自動車メーカーと同様、ブリストル自動車製の直列6気筒エンジンをAC Aceなどに、その小規模な生産の中で取り入れていた。これらは鉄製のフレームにイングリッシュ・ホイールで作成されたアルミニウムのボディをまとったハンドメイド、エンジンは第二次世界大戦前に設計されたBMW製のものであった。

1961年、ブリストル自動車はエンジンの生産を中止。そしてクライスラー製の313 in³(5.1 L)V8エンジンの採用を決めた。この事態を受けてAC自動車は経営難に陥った。その後、AC自動車はフォード・モーター製Zephyr(ゼファー)の2.6 L 直6エンジンを採用。同年9月、アメリカ人レーサーのキャロル・シェルビーはV8エンジンを搭載した車の製作を同社に提案。シェルビー自身がエンジンを調達することを条件として合意が成立した。シボレーは同社のコルベットの対抗車種に成り得るという懸念からエンジン提供を断ったが、フォードから最新のウィンザーエンジン(260 in³ HiPo (4.2 L)V8)の供給を受けられることになった。

1962年1月、AC自動車のメカニック テムズ・ディットンは221 in³フォードV8エンジンを搭載した試作車、シャシナンバーCSX0001を製作。同年2月2日、同試作車の走行テストを終えた後、エンジンとトランスミッションを取り外し、シャシのみをロサンゼルスのシェルビーの下に空輸。彼のチームは8時間足らずでエンジンを取り付け、さっそくロードテストを開始した。

ACカーズ自体もV8新型車を生産ラインに乗せることはフォード2.6 L ゼファーエンジン採用の経験と現行型ACエースのフロントエンドの拡張のみ、という点から比較的容易であった。それよりも重点的な改良が必要だったのは強大な出力に耐えうるリアデフで、旧式のENVユニットに代わり、ソールズベリー4HUユニットを選択、同時にインボードディスクブレーキを一体化し、バネ下重量の軽量化をも図った(ジャガー・Eタイプも同じ形式を採用している。ACエースのリアはドラムブレーキ。)。しかし、量産モデルではコスト削減の目的から、一般的なアウトボードタイプになっている。ACエース2.6から第一号コブラへのフロントエンドの改良は、幅の広いV8エンジンとの干渉を避けるために外側に移動されたステアリングギアボックスのみにとどまった。

(Wikipedia 引用)


カテゴリー: 自動車 | コメントする

Audi R10 TDI Race Car ’06 – GT5 – Minaki Super Driving.

2005年12月13日(中央ヨーロッパ時間)に発表され、2006年に初参戦した。

R10プロジェクトはアウディ・レーシングの中でももっとも高額なプロジェクトの1つであり、アウディはこのプロジェクトのために年間1500万ドルを費やした。

R8と同様、開発及びチーム運営にヨースト・レーシングが係わっている。また、車両製作にはダラーラが携わっている。

2006年のル・マン24時間レースにて、ディーゼルエンジン車初の総合優勝を果たした。

2008年のル・マンには燃料にシェルのバイオフューエルを用いた、R10 TDIプロトタイプにて参戦した。こちらは、リアが2段ウィングであることが特徴である。レギュレーションをすり抜けての投入だが、プジョー・908に対抗するにはもはや限界であり、後継モデルであるR15を開発するきっかけとなった。

2009年のル・マンとル・マン・シリーズより、後継のV10ディーゼルエンジンを搭載したアウディ・R15 TDIが投入され、アメリカン・ル・マン・シリーズ (ALMS) 開幕戦であるセブリング12時間レースにてデビューウィンを果たした。

(Wikipediaから引用)


カテゴリー: 自動車 | コメントする

U mobile MalaysiaのU28(月RM28)のプランでLTEにつながりました。

 マレーシアでは携帯電話のプランはかなり安くなり、RM28で通話が50分、3GBのデータ通信+3GBを超えても遅いスピードでつながるプランが出てそれに契約して使っております。

 LTE自体はCelcom, maxisと比べるとつながるエリアは限定されているのですが、私の住んでいる家、オフィスでは運よくLTEがつながりLTE対応のXperia M4 Dualを購入しLTEライフを楽しんでおります。

 UmobileのLTEを有効にするにはSMSで28118の番号にLTE ONというテキストを送信すると有効になります。契約した月はLTEと表示されているにもかかわらず3Gとたいして変わらないスピードだったのですが翌月になるとLTEのスピードほどになりました。マレーシアの会社でよくあるのですがプリペイドの場合でも1ヶ月以上のプランにしなければLTEにつながらない会社が多いのですが、最初の月は1か月未満だったからかもしれません。

 LTEになってからやはりこれまで以上の通信量を消費するようになり3GBでは足りない勢いで今月は消費しております。

これがLTEの実力(Xperia M4の録画機能から)


カテゴリー: アンドロイド, 携帯端末 | コメントする

カジノでかなり高確率に勝てる方法 – Genting Highland編

 誕生日の週末でどっか行きたいと思っていたのですが、どこもホテルはシンガポールの祭日と重なり満室で、メルボルンのCrown Casino以来ほぼ何十年ぶりにGenting Highlandというマレーシアのカジノでギャンブルをしてきました。

 これまでこのGenting Highlandでカジノにほぼ入ってこなかった理由なのですが、いつもサンダルで行動しているので靴でないと入れなかった、Genting Highlandは山の上で涼しいのでカジノではなく涼みに来ていた、カジノで得することはないのはわかっているというのが大きな理由です。

 ではなぜ高確率で勝てる方法がるのに積極的にカジノに行かなかったのか、まず高確率で勝てる方法から説明したいと思います。その方法は一言で言えば倍賭け作戦です。

賭けの対象になるスペックを言いますとルーレットです。
rulet

黒、赤、偶数、奇数、1から18、19から36どれも当たれば倍になります。
また、数字の一点賭けをして当たれば36倍になります。確率2分の1で当たるものは最低RM25から、36分の1で当たるものはRM5からかけることができます。

私がやるのはこの当たれば倍になる方に賭けます。倍になるものであればどれでもいいです。手順としては

1、倍になるものどれかにRM25を賭ける。
2、外れた場合、RM50を倍になるものどれかに賭ける
(勝てばRM50プラスされ過去に損したRM25を引けばRM25の儲け)

3、更に外れた場合、RM100を倍になるものどれかに賭ける
(勝てばRM100プラスされ過去に損したRM25+RM50を引けばRM25の儲け)

4、更に外れた場合、RM200を倍になるものどれかに賭ける
(勝てばRM200プラスされ過去に損したRM25+RM50+RM100を引けばRM25の儲け)

5、更に外れた場合、RM400を倍になるものどれかに賭ける
(勝てばRM400プラスされ過去に損したRM25+RM50+RM100+RM200を引けばRM25の儲け)

6、勝てばまた倍になるものどれかにRM25を賭ける。

とこう方法で負ければどんどん倍の金額を賭ける方法です。この方法であれば5回連続負けない限り無限に勝ち続けます。ただし5回連続負ければRM25+RM50+RM100+RM200+RM400 = RM775損します。6回連続はRM1575, 7回連続はRM3175

一見、7回連続外さない限り勝ち続けるのは得な気がするのですが、その倍になる賭けは実は5割の可能性で勝てるものではなくゼロがあるので37分の1でどちらに賭けても当たりません。

なので50%ではなく、37分の18で当たるわけですから48.64%の確率でしか当たりません。仮に36倍になる数字に全部にRM10づつ賭けたとすればゼロも含めRM370必要で確実にRM360返ってはきますがRM10損します。なので合計賭け額RM370に達成した時点でRM10損する計算になるのです。

ただしこの方法で私は運よくメルボルンでもプラスで終了し、昨日のGenting HighlandでもRM100勝って帰ってきました。また、お金を賭けれる機械には現金を入れて始めることができるのですが、引き出すときはカードを作ってもらい、そのカードに勝ったお金をその機械から入金してATMから引き出せる仕組みでメルボルンより簡単に現金化することができます。

必要なのは
1、靴
2、パスポート(カードを作ってもらうときに必要です。)
3、襟付きのシャツ(おそらくTシャツは入場拒否されます。)

昨日は、私は、ルーレットで運よく4回連続赤に賭けてすべて当たり勝ち逃げ、彼女はポーカーマシンでRM30負け、更にルーレットでRM50負け合計RM20のプラスで終了。ガソリン代と高速道路代でマイナスという結果に。

最後にそれぞれ連続で外れる確率を計算してみます。

回数  損する確率 損失額
1回  =51.36%   RM 25
2回連続=26.37%   RM 75
3回連続=13.54%   RM 175
4回連続= 6.95%   RM 375
5回連続= 3.57%   RM 775
6回連続= 1.83%   RM 1,575
7回連続= 0.94%   RM 3,175
8回連続= 0.48%   RM 6,375
9回連続= 0.24%   RM12,775
10回連続= 0.12%   RM25,575

お金を引き出すATM画面。(見た感じ銀行のATMと同じ)
2015-08-09 02.59.52

実はカジノで写真撮ったのですがカジノの中で写真を撮ってはいけないのは世界の常識らしくブログには公開いたしません。みなさんいくらどんな理論があってもカジノでは勝てるものではありませんのでほどほどに。


カテゴリー: マレーシア, 海外 | コメントする