家に帰ると木が倒れ車数台が破壊されてました。

 うちの近所でよくあることなのですが、木が倒れます。特に今日は大雨が降り会社を出るとかなり暗く、家に着くと木が倒れ道路が封鎖されておりました。

 マレーシアでは雨が降ると渋滞する傾向があり普段は日本よりもスピード出すドライバーが多いのですが雨が降ると日本以上にスピード落とす傾向があり事故も多いです。ちなみにマレーシアでは事故車の車のナンバーメモしてその番号の宝くじを買うと当たると信じている層がいるようです。事故車は他の車に当たっているので当たるという理屈のようです。

 まさに、木が倒れたところに車を停めたこと何度もあるようなところで車が潰れるだけならまだいいですが木の下敷きになればそれこそ死ぬかもしれないので、強風や雨の時はあまり木に近づくのはやめましょう。

 木に限らず、牛も出たことあるエリアなのですが、世界4位のショッピングモール(One Utama)まで車で10分、マレーシア唯一のIKEAまで車で5分と別に田舎というわけではないのですけど、下記の写真を公開すると説得力ないですよね。

結構大きな木が倒れておりました。車5台ぐらいが犠牲に・・
2015-07-23 19.24.27

同じ道路なのですが別の場所でも倒れてました。
2015-07-23 19.24.08

これまた同じ道路から出てきた牛
DSC09496-thumb-480x359-1314


カテゴリー: マレーシア, 海外 | コメントする

Xperia M4 Aqua Dualの使用感 – いまいち・・・

 マレーシアで売られているXperia M4 Aqua DualはLTE非対応でメモリーが8GBのモデルのE2312なのでExpansysで売られているLTE対応、メモリー16GBのE2363を購入しました。わかりやすく全部統一した方が良いと思います。

 まず、最初の不満はそこから始まりマレーシアに届いてから品質検査、税金6%で更に6500円ほどかかりやっと手に入れました。

 実際手に入れてからまだ2日目ですがこれまで使っていたRedmi Noteと比較して長所、短所をまとめていきますと

長所
・LTE対応
・防水対応
・MicroSDが128GBまでのが使える。Redmi Noteは32GBまで。
・バッテリーの持ちが良い Stamina Mode, Ultra Stamina Modeとあり、最大10日ぐらい電池持ちます。
・カメラのアプリケーションが豊富
・電話帳が日本語設定でひらがな順で検索できるようになった。
・日本語に標準対応(Redmi NoteではLocaleというアプリで日本語にはなりましたがメニューは英語)
・手ぶくろモード(使ってないがかなり興味あり:そもそもマレーシアで手袋売ってない)

短所
・値段高い(Redmi NoteがRM509だったのに対してRM1245にプラス税金RM187)
・一部のアプリケーションが使えない
・解像度が低いのでYahooなどのアプリケーションでニュースを読めない。
・バッテリーを取り外せない。
・ゲームなどの動作が遅い。(例 SIM CITY)
・カメラを使っていると熱を持って終了してしまう。
・SIM CARD, MicroSDは針など使わないと取れない。
・nano SIM(個人的には手に取りにくい小ささだと思う。)

期待外れ
・Dual Shockに非対応

 とこんな感じで、ソニーの方がやはりアプリケーションは充実しており、映画などのテーマに設定できたりもします。LTEとGSMの同時待ち受けは期待通りでカメラのアプリケーションは期待以上です。MicroSDは32GBでも地図のデータやゲームなどを入れると一杯になっていましたが、128GBであれば十分。Xiaomiであれば寝て起きると電池がわかるように減っていましたがM4ではほとんど減らずでStaminaモードを常に使ってます。カメラについてはこの記事の下にでも公開いたします。

 残念なのが、思ったよりも処理速度が遅く一部のゲームはカクカクでXiaomiが勝っておりました。解像度が低いのはわかって購入したのですが、一部のアプリが使いづらくなった程度で想定内。マレーシアが暑いからいけないのかカメラを15分ほど使っていたら熱で強制終了してしまいました。Xiaomiではありえなかったです。また各社そろってそうなんですがSIMカードの抜き差しが難しくXiaomi以上に難易度高くなりました。

 こんな感じなのですが、長所と短所を総合的に判断すれば長所の方が勝っており、特にカメラなどが気に入っているのですが、約3倍もの金額を出して買う価値があるかと言えばないと思います。

 ここ最近では、Xperia PlayがSigle SIMの端末最後になり、Xperia C→Xiaomi Redmi Note→Xperia M4 Aqua Dualと3機種続けてDual SIM対応の携帯を選んでます。Xiaomiはどこまでもアップルの真似をし始めMicroSDカードスロットをなくしてしまったことやPINがなければSIM取り出せなくなり魅力なしです。

 携帯電話にはもはや大きな進化はなく、そろそろ大金を使って買う価値のあるものではないと思います。次買う携帯電話はおそらくバッテリーが大幅に改善されているものでしょうか。

主なスペック

Network Technology
GSM / HSPA / LTE
Launch Announced 2015, March
Status Available. Released 2015, June
Body Dimensions 145.5 x 72.6 x 7.3 mm (5.73 x 2.86 x 0.29 in)
Weight 135 g (4.76 oz)
SIM Dual SIM (Nano-SIM, dual stand-by)
– IP68 certified – dust and water proof up to 1.5 meter and 30 minutes
Display Type IPS LCD capacitive touchscreen, 16M colors
Size 5.0 inches (~65.2% screen-to-body ratio)
Resolution 720 x 1280 pixels (~294 ppi pixel density)
Multitouch Yes, up to 4 fingers
Protection Scratch-resistant glass
Platform OS Android OS, v5.0 (Lollipop)
Chipset Qualcomm MSM8939 Snapdragon 615
CPU Quad-core 1.5 GHz Cortex-A53 & quad-core 1.0 GHz Cortex-A53
GPU Adreno 405
Memory Card slot microSD, up to 128 GB
Internal 8 GB, 2 GB RAM/ 16 GB (E2333, E2363)
Camera Primary 13 MP, 4128 x 3096 pixels, autofocus, LED flash
Features Geo-tagging, touch focus, face/smile detection, HDR, panorama
Video 1080p@30fps
Secondary 5 MP, 720p
Sound Alert types Vibration; MP3, WAV ringtones
Loudspeaker Yes
3.5mm jack Yes
Comms WLAN Wi-Fi 802.11 a/b/g/n, dual-band, Wi-Fi Direct, DLNA, hotspot
Bluetooth v4.1, A2DP
GPS Yes, with A-GPS, GLONASS
NFC Yes
Radio FM radio with RDS
USB microUSB v2.0
Features Sensors Accelerometer, proximity, compass
Messaging SMS (threaded view), MMS, Email, IM, Push Email
Browser HTML5
Java No
– ANT+ support
– Active noise cancellation with dedicated mic
– MP4/H.264 player
– MP3/eAAC+/WAV player
– Document viewer
– Photo/video editor
Battery Non-removable Li-Ion 2400 mAh battery
Stand-by Up to 493 h (2G) / Up to 488 h (3G)
Talk time Up to 12 h 40 min (2G) / Up to 13 h 20 min (3G)
Music play Up to 64 h 40 min
Misc Colors Black, White, Coral, Silver

スイングパノラマ機能で撮影
2015-07-17 08.35.28

2015-07-18 14.53.30

ARエフェクト - ダイビング
2015-07-17 17.03.55

ARエフェクト – Spider-Man
2015-07-18 13.22.03

クリエイティブエフェクト – オールドフィルム
2015-07-18 15.17.18

クリエイティブエフェクト – コミック
2015-07-18 15.23.10

これダメでしょ・・・カメラは15分程度しか使えません・・・
2015-07-18 06.55.56


カテゴリー: アンドロイド, 携帯端末, 未分類, 海外 | コメントする

想定外の高い買い物になってしまったXperia M4 Dual..

Item / Stock Qty Price Total
—— —————————————- — ——- ——–
275091 Xperia M4 Aqua Dual E2363 1 1194.99 1194.99
In Stock
—— —————————————- — ——- ——–
1194.99
Shipping Info 40.00
Tax 0.00
——–
Total 1234.99
——–

 元はと言えば、この価格で購入したスマホなんですが、追加で

SIRIMにRM106+半日休暇というダメージを受け更に

gstforxperia

GSTまで請求されRM1234.99に+RM106 + RM81.67 = RM1426.66の超すとになりました。

別にXiaomiのRed Mi Noteと大きな差はありませんし、むしろCPUのパフォーマンスはRedmi Noteの方が上。価格はRM500程度でした。

 しばらく携帯電話なんぞ買わん!!


カテゴリー: マレーシア, 海外 | コメントする

ExpansysでXperia M4(携帯電話)買ったら税関に止められました。 – SIRIM編

 最近、LTE対応のDual SIM、防水、128GBのmicroSDカード対応のXperia M4 Dualというのが発売されたのですが、なぜかマレーシアで売られているのはLTE非対応で内臓メモリー8GBの低いスペックのしか(E2312)販売されておらず、香港、シンガポールで売られているのはE2363というLTE,16GBの内蔵メモリーが搭載されているので、今回は香港を拠点にしているExpansysで購入いたしました。

 たまたま、そうせざるを得なかった理由としてパスポートをビザの更新のため預けてしまっておりシンガポールに買い物しに行くわけにもいかなかったという事情がありました。

 Expansysで購入手続きが終わると発送されるまでに時間がかかっておりよく見ると税関などに引っ掛かり追加料金が発生してもExpansysは一切責任を取らないことに同意た内容のメールを返信しないと発送されず、そのメールに返信すると数分後にクレジットカードからお金が引き落とされ発送の通知が来ました。めでたしめでたし・・・というのわけにはいかず、正念場はここからでした。

 Fedexで発送されその翌日の夕方に郵送完了の予定だったのですが(24時間で到着)、その到着予定時刻の前にFedexから電話がかかってきました。最初は電話の内容がよくわからなく、同僚のマレーシア人に電話代ってもらい輸入許可書が必要だということがわかりました。

 これまでは、日本から郵送したものが空港に止められ中の荷物の価格に対して税金払えというのがあったのですが、今回はマレーシアの法律に適した商品なのか問われたわけです。日本でいうなら技適マークの携帯電話しか使ってはいけないというのと同じ発想なんだと思われます。

 不動産を購入した時以来のメール、電話のやり取りを求められ次回のためにもまとめておきますと。

1、Fedexと連絡を取りfedex-kul-import@fedex.comから書類4枚を受け取る。
2、sirimepermit@sirim.myにFedexから受け取った書類を送信する。
3、指示された必要書類を用意する。私の場合は、Fedexから受け取った書類4枚(そのうちCustom one formはかなりしつこく言ってなんとか入手)、商品のスペックのコピー(サンプル:Xperia M4の場合)、パスポートのコピー(生年月日が書かれたページとビザのページ)、sirimepermit@sirim.myから送信されたメールのコピー(持って行けば職員が記入してくれました。)、現金かカードでRM106を支払う準備。
4、Shah AlamにあるSirim BHDに3で集めた書類を持って行く。建物が意外にも有名大学規模の大きさ。Block 25は入り口からはほぼ一番奥。

住所
SIRIM QAS INTERNATIONAL SDN. BHD.
No.1 , Persiaran Dato Menteri ,Seksyen 2, PO Box 7035,40700 Shah Alam , Selangor.
BLOCK 25 – Ground Floor

営業時間
Monday – Thursday : 08.30am – 01.00pm & 02.00pm – 04.30pm
Friday : 08.30am – 12.30pm & 02.45pm – 04.15pm

5、必要書類をその場で受け取ることはできず、メールで夕方ぐらいに受け取りました。この時点でまだ荷物はFedexのKLIA Cargoにあるのですが半日休暇だったため直接受け取りに行くことは不可能で、メールをFedexに送信。このメールにPermit Numberが記載されているのでその番号でFedexが許可されたのか確認できる仕組み。

 これで後は家に届くのを待つだけです。このオフィスは平日しか空いていないためわざわざ休みを取って行きました。またエージェントを通して依頼することもできたのですが、こういうマレーシアで面倒な作業はまずは自分でやってみるのが個人的なポリシーで次からはエージェントに頼むこともあるかもしれません。エージェントの手数料はRM100ぐらいのようです。ただ助かったところはこのやり取りについて全員英語が堪能な人ばかりだったことです。

sirimepermit@sirim.myからの案内メール —————————–

2015-07-10 15:29 GMT+08:00 abc :

Hi Sir / Madam,

According to your email, your product is required Import Permit and Special Approval (Personal).
Refer to the attachment for the application form.

Please walk in to SIRIM QAS INTERNATIONAL SDN BHD to submit your application & payment to get the permit.
Submit the application to SIRIM QAS INTERNATIONAL SDN BHD.

Our address as per below :-
SIRIM QAS INTERNATIONAL SDN. BHD.
No.1 , Persiaran Dato Menteri ,
Seksyen 2, PO Box 7035,
40700 Shah Alam , Selangor.
Attn : BLOCK 25 – Ground Floor

* direct to counter & press button C or button D

Kindly, please fill up the application form and bring together with supporting document upon submission such as :-

1) Application form
2) Technical specification (product brochure)
3) Copy of invoice (if relevant)
4) Copy I/C or passport for personal application
5) Payment
6) Supporting document from forwarding agent /Pos Laju / Fedex / etc.
7) This copy email for counter staff SIRIM reference

Note: 1 model, 1 application form.

Estimated fees (quotation) :-

Import Permit : RM 106.00 (1 Application)
Model : Xperia™ M4 Aqua Dual – Sony (QTY:1)

Your application will be accepted with 2 option either:

1. Walk into Sirim with application form and payment
2. By email with scan copy of application form and transaction of payment.
*Please email to our team at sirimepermit@sirim.my

FYI application will be process such as below time frame:
· 24 hours by walk-in customer
· 2-3 working days via email

(except by single transaction with amount RM106.00 each will be process within 24 hours)

Payment can be made by : cash / credit card / cheque
Payment payable to : SIRIM QAS INTERNATIONAL SDN. BHD.

Note:

Please be informed to submit the product for evaluation with importation/declaration document endorsed by KDRM/Pos Malaysia

within 14 (fourteen) working days from the date of importation/ declaration document or Notice of Special Approval Application date.

Below is our account no:

Company Information

Legal Name of Business *
SIRIM QAS INTERNATIONAL SDN. BHD
Mailing Address *
Building 25, SIRIM Complex,No. 1, Persiaran Dato’ Menteri, 40911 Shah Alam, Selangor, Malaysia.

Contact Name / Phone number *
Email Address *
(only for remittance advice)

Banking Information

Bank Name *
RHB BANK BERHAD
Bank Key # / Routing Number
Bank Account Number *
2-12451-4008608-7
Bank Street Address *
JALAN TENGKU AMPUAN ZABEDAH D9/D

City / State / Country *
SHAH ALAM
Branch Name *
RHB BANK BERHAD

Swift Code *
RHBBMYKL

*Kindly scan copy of payment and attach with application form

Operation hours :
Monday – Thursday : 08.30am – 01.00pm & 02.00pm – 04.30pm
Friday : 08.30am – 12.30pm & 02.45pm – 04.15pm

The processing hours for the import permit is within 24 hours after receive your application and payment.

Thanks & Regards,
Wahab
Communication & Multimedia Certification Section(CMCS)
Block 25,SIRIM Complex,
No. 1, Persiaran Dato’ Menteri,
Section 2, P.O. Box 7035,
40911 Shah Alam,
Selangor Darul Ehsan
Phone : 03-5544 6931
Fax : 03-5544 6912
www.sirim-qas.com.my

SIRIMの入り口
2015-07-13 10.26.14


カテゴリー: アンドロイド, マレーシア, 携帯端末, 海外 | コメントする

Umobile Malaysiaの月額RM28のプランに契約 3GB

 これまでマレーシアでは、iPhoneやスマートフォンを持っていても3G, LTEなどでデータ通信はできないという人が多かったようです。カフェや会社などでも大体Wifiにつながり、プリペイドのプランで契約している人が多数おりデータ通信をしたければ別料金を払わないといけないなどが大きな理由だったと思われます。

 個人的にはこれまではDual SIM対応の携帯電話を愛用するようになり、片方はデータ通信専用(月額RM68で5GB)、もう片方はGSM接続で通話専用のSIMを挿して使っておりました。通話もデータ通信もできるSIMはあるのですが、データ通信専用のSIMの方が月々の料金が安いことが大きな理由でした。

 ところが、最近Umobileがサービスを改善し、データ通信専用が同じ料金で5GBから7GBに増量して通話、データ通信ができるSIMも大きく値下げました。今回契約した月額RM28の(日本円にすると)プランは3GBの容量でそれを超えるとスピードは128kbpsほどに遅くなりますが追加料金なしで、毎月50分どの国内キャリアにも通話料無料、SMSメッセージもUmobileには100通、その他のキャリア宛てであれば200通無料でこの内容で1日辺りRM1切っておりプリペイドよりも得だと評価する人も増えていくのではないかと思われます。

 また、このRM28プランの場合LTEにつながらないと言われたのですが、デバイスには4Gと表示されました。ただし時間帯がいけないのか、5Mbps程度のスピードしか出ませんでした。

 これまではRM68の毎月の出費をいきなり半額以下に抑えられる見込みでかなりの契約数が見込めるのではないかと思われます。ただCelcom, Maxisと比較すればLTEが接続できるエリアはまだ限られており、私の場合は運が良く会社、家でもLTEにつながります。

 ただ、このSIMカードで国際ローミングサービスを追加したければさらにRM300のデポジットを預ける必要があり、巨額請求の元ですのでデポジット不要で国際ローミングができるプリペイドSIMも今迄通り使い続けたいと思います。またそのプリペイドSIMは日本への国際電話もUmobileより安かったりします。

今回契約したプランの詳細
U28

国際電話料金一覧(デポジット払わないとUmobileのプランからは利用きないようです。)
roamingrate

最初にUmobileのSIMカードから28118番にLTE ONというSMSを送信しないとLTEにはつながりません。
umobileltesms

Umobile Malaysiaのホームページ
LTEのカバーエリア


カテゴリー: アンドロイド, 携帯端末, 未分類, 海外 | コメントする

丼丼亭目的でMITSUI OUTLET PARKへ

 1ヶ月ほど前にオープンしたmitsui outlet parkに丼丼亭がオープンしたとFacebook経由で情報を仕入れたので行ってみることにしました。

 あるマレーシア人の話ですと日本ではてんやという天ぷらのどんぶりを提供しているお店が一番好きだったという話も聞いておりもしよければ紹介してあげようという理由もありました。

 前回、三井アウトレットパークに行ったときはほぼ満車だったのですが今回は18時ぐらいに到着で20%ぐらいの車しか駐車場に停まっておらず、建物からかなり近い場所に車を停めることが出来ました。ここからは空港へのシャトルバスが20分おきに無料で出ているのはいいのですが、飛行機のトランジットで時間が空いたという理由でここに来る人がどれほどいるのか、ホテルも一緒に作ればもうちょっと客が来るのでは?空港は町から離れているし似たようなモールいくらでもあるしわざわざ買い物目的でここまで来る人いるのか?など疑問に思うことは山ほど。

 空港の駐車場は高いのでここに車を停めて飛行機に乗るということも考えられるのですが、1時間RM2で一日RM48で空港の方がまだ安いです。帰りにKLIAの隣の駅のPutrajaya & Cyberjayaという駅に寄って駐車場と電車賃を確認しましたが、駐車場は1日RM5で空港までの電車賃はRM6程度でマレーシア航空のスチュワーデスも見たほどですので、実はこれが空港に行くための一番安い方法だということがわかりました。

 丼丼亭なのですが、個人的な感想としてはまずくはないけど量が少なくて高いです。ライスは日本米を使っていておいしかったのですが、天ぷらはすでにマレーシアでは普通の日本食でも食べれる質で味噌汁は味が濃くておいしかったです。これならすでにマレーシアに進出しているワタミの方がいいかなという感想です。

 最後にモールの1階、2階を一周ずつして帰ってきたのですが極端に並んでいるお店はなくなり列が出来ているのはなぜかNIKEショップのみ。店内に人が多くいるわけでもないのに何で並んでいるのか不明でした。

 日本ではイオン、ヤマダ電機などの業績もさえずオンラインショップが台頭している時代なのですがマレーシアは大きなショッピングモールがたくさんありすぎる状態でシャッター街が目立ち始めてきている状態です。マレーシアこそシンガポールのSIM Lim SQUAREみたいに悪徳商人が多いのでオンラインショップが適している国だとも思われ将来的にショッピングモール、小売業は難しい時代になるのかもしれません。

この位置に車停めれました。
2015-06-28 18.42.02

丼丼亭で注文した料理(約RM30)
2015-06-28 19.13.12


カテゴリー: マレーシア, レストラン・グルメ, 海外 | コメントする

マレーシアのXperia M4 Aqua DualはLTEに非対応。その他注目のDual SIMモデル。

 現状はデータ通信専用カード、通話用SIMをDual SIM対応のRedmi Noteに挿して使っております。理由はデータ通信専用の契約の方が容量が多いということと通話用SIMはプリペイドなのですが海外でローミングをするときに追加のデポジットを払う必要がない、また巨額の請求を防止できるという理由です。

 このような使い方ですので、Dual SIM対応の端末しか興味ないというところなのですが、最近オフィス、自宅でもLTE(4G)サービスが始まりRedmi NoteはLTE非対応なので携帯もLTE対応のが欲しいなと思っていた時にちょうどいいのが出てきたと注目したのがXperia Aqua Dualでした。

 一番の注目は価格が安くRM969(日本円で表示)LTE、防水に対応しており、Redmi Noteはバッテリーの消費激しいのですが、前に使っていたXperia Cがバッテリーの持ちが良かったのでこのAqua Dualもそれなりの長時間使えることも見込め、これであればRedmi NoteはRM500で購入したのですが、ほぼ倍の値段払って買ってもいいかと考えていたところでした。

 ところが、このXperia M4 Aqua Dual、ソニー香港でHK$2698、ソニーシンガポールでS$498とマレーシアと比べて1万円ほど高いのですが、3万円ほどのものが他では4万円ほどで売っているってなんだかおかしい・・・と考えていたところ理由がわかったのですが、同じXperia M4 Aqua Dualという商品でも

E2312
UMTS HSPA+ 900 (Band VIII),850 (Band V), 1700 (Band IV),
1900 (Band II), 2100 (Band I) MHz
GSM GPRS/EDGE 850, 900, 1800, 1900 MHz

E2333
UMTS HSPA+ 900 (Band VIII),850 (Band V), 1900 (Band II), 2100 (Band I) MHz
GSM GPRS/EDGE 850, 900, 1800, 1900 MHz
LTE Bands 1, 2, 3, 5, 7, 8, 20

E2363
UMTS HSPA+ 900 (Band VIII),850 (Band V), 1900 (Band II), 2100 (Band I) MHz
GSM GPRS/EDGE 850, 900, 1800, 1900 MHz
LTE Bands 1, 3, 5, 7, 8, 28, 40

 上記の3つのモデルがありマレーシアで売られる見込みのモデルはE2312である可能性が高いようですでにこのモデルが一部のマレーシアのオンラインショップで売られております。また内蔵メモリーもE2312は8GBに対して、E2363は16GBです。

 同じ名前の携帯であれば値段が変わるほどのスペックの変更はひどいとしか言いようがありません。もしこれが人気商品になったとすればSingaporeの悪徳商人ばかりのSim Lim Squareでマレーシアで買ってきたものを売るのが出てくると思われます。(シンガポール人は誰も行かないみたいですが・・)

 3万円ぐらいであれば買ってもいいかなと考えていたのですが4万はちょっと高いなという感じになり、それを買うならEXPANSYS

Sony Xperia Z3 Dual D6633   59,155円
ASUS ZenFone 2 – ZE551ML Dual SIM   32,305円
Snail W3D 4G FDD LTE 3D Game Mobile Phone MTK6592   約5万円
Sony Xperia M4 Aqua Dual E2363   41,780円

でも買った方がいいかなと考えているのですが、予算オーバーです。

ASUS ZenFone 2 – ZE551ML Dual SIMは今持っているRedmi Noteと比較すれば、RAM 4GB, LTE対応なのですが、買い替えるほどではと思います。ソニー製だとDual Shock(PS3のコントローラ)を設定できたり、防水なので水中を撮影できたりという魅力があり、Snail W3D 4Gは本体にコントローラがついており気軽にエミュレータで遊べるというゲーム機のような端末なのが魅力でいずれもLTE対応のDual SIMモデルです。

 Dual SIMでLTE対応モデルは最近出始めたものですので今後値段が下がることも予想できせっかく新しく携帯を買う気になったのですが今回は見送る方針です。ちなみに今注目されているXiaomi(小米)なのですが、どこまでもAppleのマネをし始めMicroSDカードが入らなくなったり、PINがなければSIMカードを取り出せなくなったり値段も高くなって買う価値なしです。おそらく今期は売上落ちると思います。

XperiaM4

主なスペック


カテゴリー: アンドロイド, 携帯端末 | コメントする

マレーシアのMITSUI OUTLET PARKに行って来ました。

 マレーシアでは、ショッピングモールとしてはイオンがかなりの規模を握っており伊勢丹、そごうもまだマレーシアでは健在しております。そんな中、日本でも話題になっているとは思いますが、三井アウトレットパークが2015年05月30日に空港の近くにオープンいたしました。

 空港は街の中心からも離れており、うちから渋滞のない道路でも40分ぐらいはかかる遠さです。彼女は全く興味なかったようですが、なんとか説得して一緒に行くことにしました。

 到着してみると車は満車に近かったのですが、駐車場も広いためすぐに空いている駐車場を見つけることが出来ました。それでいよいよ建物に入ってみました。

 かなりの人が入っていて驚きで、レストランにしても30分待ち程度の列でお店にも一部長蛇の列となっておりました。コンビニのようなお店に行こうとしても20人程度の列になっており多くの人がこのオープンに注目してたことが伺えました。また空調設備がいいのかかなり建物の中の空気がいいという印象を受けました。

 ただし、おなかすいてたのにどこも並んでおり気軽に食べ物や飲み物が手に入らずお店もまた5割程度が閉まっていたのですでに開店しているお店に集中しておりショッピングすら楽しめずに終わりました。

 また、いろんなブランド店が入っているのですが、マレーシアにはそういうモールはいくらでもあります。アウトレットの意味がよくわからないですが、ブランド直営店という意味であればそんなのいくらでもあり、製造ミスしたブランド品を安く売っているというのであれば斬新だとは思います。

 オープンしたばかりなので来る人も多かったのだと思いますが、夕方16時ぐらいで帰る人もたくさんおり、帰りの出口でかなりの渋滞でそのエリアから出ること自体に30分程度かかりました。今後リピート客がどれぐらい残るのかがキーポイントだとは思います。

 飛行機に乗る前に寄っていたら飛行機に乗り遅れていたかもしれませんし、友達を迎えに行ってこのモールにに寄るかと言えば大体疲れていると思うのであまり行こうと提案するべきではない気がします。(上司が部下にタバコ吸ってもいいかと聞くのと似たようなもの・・)

 個人的には失敗と思っているこの三井アウトレットパーク。ただしユニクロも失敗すると思っていたにも関わらずそうでもないみたいで、私のマレーシアの予想はよく外れるのですが、このアウトレットは今後どうなるか注目したいと思います。

三井アウトレットパーク
2015-05-31 15.49.06

場所


カテゴリー: ショッピング, マレーシア, 海外 | コメントする

日本のテレビ三昧の週末 – テレビ朝日

 土曜日、日曜日とテレビばっかり見て過ごしました。日本に住んでいた時はテレビはほとんど見ず、インターネットばかりしていたのですが、最近日本のテレビを見る方法を見つけよく見ております。

 その中でもテレビ朝日に面白い番組が目立っているような気がしました。見てたのはテレビ朝日の「しくじり先生 俺みたいになるな!! ~失敗人生!」、「SMAPがんばりますっ!特別編」、「池上彰のニュースそうだったのか!! 3時間スペシャル」で今は「世界フィギュアスケート国別対抗戦 名演技集」を見ながらブログ書いています。

 しくじり先生は、人生失敗した有名人がプレゼンテーションするような番組で、大事MANブラザーズの人が「歌で伝えたいことは何もない」とか 負けない事、投げ出さない事、逃げ出さない事、信じぬく事 どれも大事ではないなどいろいろ暴言を吐く番組で面白かったです。次はホリエモンが出てくるみたいでぜひ見たいです。田代まさし辺りが一番適した出場者で逮捕歴のある人が出場するような感じです。

 SMAPがんばりますっ!はキムタクがいろいろバイトする番組。特に笑える番組ではないですが24時間働いてたった13000円弱??って感じでした。

 池上彰のニュースは過去の事件から日本がこう変わったという内容でアメリカの規制でこうなったという話でした。アメリカの圧力がなければ女性はロクに就職もできない時代だったかもしれないというのが印象的でした。

 普段は韓国のテレビ番組もよく見ているのですが、人が怒っているシーンや暴力的な内容が多く決して面白いとは思わないのですが、日本のテレビは海外に出したら人気出るとは思います。ただ英訳しないから海外に出れなく韓国の場合はドラマなどは英訳しているので見ている人が多いのが現実で日本のテレビは大きなビジネスチャンスを逃しており、英訳して世界で見れるようにすればもっと日本に関心がもたれるのではないかと思います。日本車がこれだけ世界で売れている一つの要因は個人的には「頭文字D」ではないかと思います。

 これだけテレビを持ち上げた内容をここまでは書いたのですが、実はテレビを見ている時間は無駄でほとんどは個人のお金儲けにつながる話ではないのでゲームをしているのと変わらないというところだと思います。

歌で伝えたいことないらしい・・・・
upgcimgnetpost_img_web201501601fd701f279cdedcd9942ab452138ad_32896jpeg


カテゴリー: 日記 | コメントする

U23 Japan vs Malaysiaのサッカーの試合をShah Alam Studiumで見てきました。

 マレーシアで初めてスポーツ観戦してきました。場所は今までよく見ていたあのShah Alam Studiumで一度は行ってみたかったということでいろいろ友達を誘ってみたのですが、なんとか会社の同僚3人が一緒に行ってくれることになり見に行ってきました。

 20:45からで仕事は同僚が終わるのが18:30で余裕で開始時間までに到着すると思っていたのですが、結構な渋滞+道を間違えて結局30分遅れぐらいで到着しました。雨降っていたので試合するのかとやや不安でしたが、スタジアムには明かりがついていて歓声が聞こえてきました。

 到着してからまずはスタジアムの様子をいろいろ見ていたところいつのまにか日本がゴールを決めこれが結果的に決勝点となり一番肝心なところを見逃してしまいました。

 そして席に座り、観戦していたのですが、黄色のユニフォームと青のユニフォームのチームが対戦していて、黄色のユニフォームがほとんどボールをキープしていた試合で、マレーシア強いなと思っていたのですが、実は黄色のユニフォームが日本だったようで、家に帰ってYOUTUBEを見て気づきました。特に日本の応援団も青のユニフォーム着て応援していたので騙された人結構いたのではないでしょうか?

 過去にスポーツ観戦をしたのは、2006年ぐらいにロッテ対阪神を見て以来と思われ、久しぶりにこういう過ごし方もいいなと思いました。

チケットはRM20でした。(約640円)
IMG_0392

シャーラムスタジアム
IMG_0404

日本の応援団
IMG_0395

試合の雰囲気
IMG_0422

試合結果
IMG_0430


カテゴリー: スポーツ, マレーシア, 海外 | コメントする